在りし日

nano1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、思い出写真集です。


 先日、SNSで、JR東日本千葉地区の団体列車、「ニューなのはな」が引退したとの話を知りました。そこで、過去の写真を探っていると、偶然その写真を発見しました(写真)。カラーリングも485系「ニューなのはな」です。


 165系改造車の「なのはな」の後継車として、183・189系の台枠を使用して、交直両用の485系使用として落成した、「ニューなのはな」。以降の団臨車のスタイルを確立しました。


nano2.jpg


 その横には、同じく485系、6連の「宴」が停まります(写真)。これも、同思想の車両です。


 E657系のデビューで、E653系、E651系が転出、185系や485系の運用を押し出し、これらが183・189系を玉突きし、余剰となり押し出されました。部品は新造も、台枠は昭和50年代製、やはり古さは隠せなかったのか。でも、そうであれば、今後同様な経緯で製造された485系を名乗る団臨車の今後も、安心してはいられなくなります。要注意ということでしょう。


 それでは、次回をお楽しみに。

Falling Down#2

omiy16b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、大宮のイベント後半戦です。


 試乗会を終えた私は、JR東日本の区域に戻ります。


 そう、最初はEV-E301系です(写真、EV-E300-1)。通称”ACCUM”、蓄電池電車、烏山線で使用される車両です。そのために、烏山には給電施設が設けられました。


omiy16b2.jpg


 建屋の中では、宇都宮線用205系、クハ205-612で、車掌体験が行われていました(写真)。


omiy16b3.jpg


 奥の検修工場では、E257系、E259系、E231系が整備中でした(写真)。


omiy16b4.jpg


 台車工場では、台車組立を行っていました(写真)。時間が掛かることから、組立と被せを分割し、2部構成となっていました。展示用実演だから、失敗しても良い、ということにはなりませんし。


omiy16b5.jpg


 続いて、保線車両展示では、先ず「電気レスキュー車」が展示されます(写真)。電気トラブル時に駆けつける、軌陸車です。


omiy16b6.jpg


 続いて、架線保守用の軌陸車、「マジックボーイ」です(写真)。ヘルメットをかぶりハーネスを付けた子供を、荷台で高く上昇させる体験を行っていました。


omiy16b7.jpg


 キハ391の前頭部(写真)。ガスタービン車、減速機が課題、と言っているうちに、オイルショックで原油が高騰、そのまま開発中止になってしまいました。


omiy16b8.jpg


 EF58 154の動輪(写真)。スポーク動輪です。今の一体型車輪とは異なります。


omiy16b9.jpg


 EF60 47の、前頭部カットモデルです(写真)。結局同機は、貨物機となりました。


omiy16b10.jpg


 EF63 13のカットモデルです(写真)。碓氷峠のシェルパ、その最期の姿です。


omiy16b11.jpg


 双頭連結器(写真)。客車、貨車、気動車及び機関車用の自動連結器と、電車用の密着連結器の両用の連結器、EF63の主要装備の一つです。


omiy16b12.jpg


 ジャンパ栓(写真)。これがあるから、機関車列車とも、電車とも協調制御が出来ました。これも主要装備の一つです。


 そして、食堂でカレーを食べ、退場しました。


omiy16b13.jpg


 エントランス南側歩道沿いの、D51 187です(写真)。同センターの前身、鉄道省大宮工場の製造です。


omiy16b14.jpg


 エントランス北側歩道沿いには、カットモデルが並びます。


 一つは、EF15 168です(写真)。デッキが無く、イメージが沸きませんが、デッキは先台車に乗っており、車体ではありません。


omiy16b15.jpg


 もう一つは、EF58 154です(写真)。いわゆる「青大将」塗色、東海道全線電化時の主力旅客機関車、デッキ部に車体を延長し、湘南顔の車体に載せ替えられました。余ったボディはEF13に使用され、同機は凸型から箱形となりました。


 この方向は、「鉄道博物館プロムナード」となっており、数百メートル歩くと、同館があります。当然、行きましたが、更に長くなるので、再び水入りとします。


 それでは、次回をお楽しみに。

Falling Down#1

omiy16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、28日に開催された「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」をお届けします。


 例によって金曜晩に自宅発。未明に関東入りし、早朝に予定地に車を停めます。


 そして、ゲートをくぐり(写真)、内部の待機場所で開場を待ちます。9時半開場が、更に15分早まりました。早起きは、三文の得です。


 先ずは整理券配布場所に向かい、整理券を貰ってから撮影を開始します。


omiy16a2.jpg


 撮影を始めようとしたところに、東武「スペーシア」が通ります(写真、106-1)。ゴールドの、JR乗り入れ対応車です。


omiy16a3.jpg


 車両展示には、D51 498が並びます(写真)。無動で牽引され、入場したと思われます。


omiy16a4.jpg


 その後は、EF65 1115「田」が「富士」、EF65 2139「新」が「さくら」、EF81 81「田」が「カシオペア」のヘッドマークを装備し、並びます(写真)。一定時間後にはこれらは交換されるとのことでしたが、それまでは辛抱出来ませんでした。


omiy16a5.jpg


 その反対側、EF65 1115は、「瀬戸」を掲出します(写真)。


omiy16a6.jpg


 同じく、EF65 2139は、「がまだせ熊本」を掲出します(写真)。同機は、省令改正に伴う改造前は1139号機、つまり1000番代PF形全139両のラストナンバーでした。


omiy16a7.jpg


 EF81 81は、「はくつる」を掲出します(写真)。


omiy16a8.jpg


 その北方は、JR貨物大宮車両所です。貨物に関する展示が中心です。


 最初は、EF64 1000番代の動台車(写真)。F級には3組あります。


omiy16a9.jpg


 続いて、EH200-18「髙」(写真)。上越線、中央東線の貨物を一手に引き受ける、2車体の直流電機です。EF64重連相当の力があります。


omiy16a10.jpg


 EF64 1010「愛」(写真)。足回りが無く、ジャッキに乗っています。これが、リフティング用の車両です。



 時間的にはずっと後ですが、同機のリフティング、前半です。ジャッキから吊り上げ、台車に載せる手前までです。



 そしてリフティング後半、戻り、車体をジャッキに載せ、吊り金具を収納するまでです。


omiy16a11.jpg


 EH500-9です(写真)。こちらも2車体形、ED75重連相当で、東北本線から五稜郭まで運用されましたが、北海道新幹線開業で、青森以遠の運用はEH800形に譲りました。一方関東圏での運用は増えています。


omiy16a12.jpg


 同機の区名札は「仙貨」、運用札は「がまだせ熊本」でした(写真)。


omiy16a13.jpg


 入換用ハイブリッドディーゼル機関車、HD300-9「新」です(写真)。


omiy16a14.jpg


 その先には、JR貨物更新色のEF65 2117が置かれます(写真)。運転台見学用になっていました。


omiy16a15.jpg


 建屋の向こう側には、DE11 2003がありました(写真)。DE10に死重を積み重入換用とした機関車で、低騒音試作車1900番代に続く、低騒音量産型2000番代の1両です。


omiy16a19.jpg


 そして、整理券を貰ったのは、試乗会に参加するためです。「スペーシア」の1号車に乗りました(写真)。


omiy16a16.jpg


 試運転線、全2キロを走る車窓からは、工場の中が見えます。


 最初は、訓練車となったクハ209 7です(写真)。その使用も終わり、解体を待っている様子です。


omiy16a17.jpg


 帯色がピンクの、恐らく京葉線205系の車両(写真)。様子から、元山手線の車両の改造車と思われます。


omiy16a18.jpg


 ED62 17です(写真)。新性能直流機の初期形D級電機、1軸中間台車を追加して飯田線用としましたが、同線での貨物取扱終了に伴い、全機引退しました。同機は、解体を免れています。


omiy16a20.jpg


 そして、横を185系で仕立てた「修学旅行」列車が通ります(写真)。


 この後、JR東日本の展示が見たいですが、既に長く、水入りとします。今後も、請うご期待。


 それでは、次回をお楽しみに。

冬らしい日(前半戦)

nagn15a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、信州方面を取材しました。


 当然今は「青春18きっぷ」のシーズンで、そういった乗り鉄になるのですが、そういえば大糸線、とりわけ北線は乗ってないなあ、と思い、時刻表とにらめっこ。朝5時半に家を出れば、回ってこれるということが分かり、早速今日も5時起床。JRまではアドバンテージがありましたが、結局中央西線中津川で予定と同じになりました。


nagn15a2.jpg


 中津川からは、313系ワンマン車、以前は固定セミクロスの3000番代でしたが、今は転換クロスの1300番代になっています(写真、海シンB508編成、塩尻で撮影)。


 塩尻では特急を待つバカ停でしたが、その後に影響が無かったので、結局乗り続けました。


nagn15a3.jpg


 南松本貨物駅には、ハイブリッドディーゼル機関車、HD300-7が、停まっています(写真)。電気式のハイブリッドディーゼルです。


nagn15a4.jpg


 その向こうには、上越線及び中央東線の現在の主力、EH200形、2号機が停まります(写真)。


nagn15a5.jpg


 そして、松本に到着。目的の大糸線の、起点です。


 松本駅7番線には、(アルピコ交通)松本電鉄、3000系3003始め2連が出発を待っています(写真)。見ての通り京王井の頭線1000系、同線引退後改造を経て、2連4本8両がやって来ました。


nagn15a6.jpg


 大糸線でも利用者が多い時間だったのでしょう、211系長ナノN315編成3連が、6番線に到着(写真)。211系は、長野県の、普通に見られる景色になっています。


 そして、ホーム上の立ち食い蕎麦で、蕎麦を食べました。信州に来てまで、うどんを食べるのでしょうか。蕎麦に食べ飽きたなら、分かりますが。基本、東の方は蕎麦ですよ。


nagn15a7.jpg


 しかし同編成は入庫、次の南小谷行きは、E127系100番代、長モトA9編成になっています(写真)。乗車しました。


nagn15a8.jpg


 途中、臨時駅の「ヤナバスキー場前」に停まります(写真)。スキー場までは、ちょっとです。


 沿線には、「白馬さのさかスキー場」も見えましたが、スノーマシンの努力にもかかわらずまだ雪が完全には覆っておらず、まだリフトは動いていませんでした。


nagn15a9.jpg


 そして、電車と電化区間の終点、南小谷に到着(写真)。JR東日本のテリトリーの終わりでもあります。電車は、折り返しまで、暫く時間があります。


nagn15a10.jpg


 30分程してから、特急「あずさ」E257系長モトM-113編成が、回送されてきました(写真)。大糸線最長の9両編成、こちら側は11号車です。


nagn15a11.jpg


 3号車側から(写真)。新宿~松本間で増結されるときには11連ですが、増結車が1、2号車で、通常は9連、3号車から数えます。


nagn15a12.jpg


 それに接続して、JR西日本のキハ120、329及び341が到着します。外人が多いのは驚きました。


 そして特急は発車、キハ120が残ります(写真)。これに乗車、更に時間をおいてから発車します。本当に、私も気が長い。


nagn15a13.jpg


 途中、根知でキハ120 354と行き違い。基本、大糸線は3両が常駐で、これはキハ52の時代から変わりません。


nagn15a14.jpg


 そして、大糸線の終点、糸魚川へ。糸魚川からは北陸新幹線と、「えちごトキめき鉄道」が接続します。どちらも青春18なら有料なので、新幹線にも傾きそうでしたが、結局在来線へ。


 「えちごトキめき鉄道」、「ひすいライン」は、路線途中の梶屋敷で電源の交直切り替えがあるため、交直両用電車を新造するのでは無く、JR西日本キハ122系同形の気動車を新造しました。そのET122-1(写真、直江津で撮影)。新潟トランシス2014年製です。


nagn15a15.jpg


 直江津からは、同じ「えちごトキめき鉄道」ですが、「はねうまライン」で、こちらはJR東日本のお下がり、E127系0番代を、ET127系にしています(写真、ET127-5)。この転属には、色々な非難があります。


nagn15a16.jpg


 代替車E129系の新造が遅れ、同車はJR東日本から移籍するまで殆ど時間が無かったことから、一部に新潟近郊で使用されていた時代そのままで使用されます(写真、ドアのステッカー)。その辺の経緯についての陰口を、ネットで見たことがあります。


nagn15a17.jpg


 そして、妙高高原からは「しなの鉄道北しなの線」です。車両は115系、長野色そのままで使用されていました(写真、S12編成、長野で撮影)。私が経営者なら、軽井沢から妙高高原まで通しで列車を走らせるでしょうが、恐らく輸送量の関係で、そのような列車は無いようです。やはりこちらもドタバタか、塗色変更が間に合っていないようです。


 恐らく、インドネシアなどの国では、まだ「抵抗制御」の電車が欲しい、と言うでしょうが、もう日本では大半は引退し、ODAでもチョッパ制御車を輸出する程です。115系なら、「エアコン1等車」になりますよ。増して、485系なら、と思いますが、もう残っていません。あんな、日本人にはボロに見える電車も、彼の国では「エアコンのある、夢の電車」なのです。日本って、本当に、豊かな国なんですね。


 明日は、今日の続きです。


 それでは、次回をお楽しみに。

秋深し#2

tak15b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、土曜日の高崎駅後半戦です。


 今回は、イベント全体を撮ることに精力を注いだので、何十分も単純に待つだけ、という行為を2回しました。結果、第2会場の、最初の筈が最後の整理券をゲットし、時間に会場に向かいます。


 ゲートには、案内看板が(写真)。新幹線保線基地の、入口スロープ前に立っています。


tak15b2.jpg


 スロープを上り、会場へ。ここでしか見られない車両たちが、ここにあります。


 最初は、MCR、則ちモーターカーロータリーです(写真)。冬期はロータリー車になる保線機械、ロータリー部分は回転し、動画も出せるでしょうか。



 その、回転部の動画です。回りっぱなしだったので、切っています。


tak15b3.jpg


 反対側は、ラッセルです(写真)。しかし、雰囲気は、ジョルダンのような感じです。


 なお、冬期以外はこれらのヘッドを外し、普通のモーターカーとして運用可能なのだそうです。


tak15b4.jpg


 続いては、軌陸車です(写真)。いすゞ製SUV、おそらく「Mu」を改造した軌陸車、新幹線軌道も、公道も走れる8ナンバーの特殊車両です。


tak15b5.jpg


 続いては、MMW(マルチ・メンテナンス・ワゴン)、多機能保全車です(写真)。軌道上で各種の作業が出来る、多目的の車両です。


tak15b6.jpg


 同じくMMW(写真)、少々形が異なります。


tak15b7.jpg


 その奥には、クレーン車がありました(写真)。アームが自在に動く車両です。


tak15b8.jpg


 確認車です(写真)。作業後の点検を行う車両です。


tak15b9.jpg


 同じく、確認車(写真)。形態は同じですが、塗装が異なります。


tak15b10.jpg


 同じく、確認車(写真)。小学生以下は、運転台見学が可能でした。


 そして、大方撮影を終えたので、会場を出ました。


 終了時間間際の本会場では、D51 498が、発車していました。


tak15b11.jpg


 そして、会場を後にして、次の目的地へ。


 夏に、天候不順で閉園していた、栃木県の遊園地に行きました。保存車両、C58 5です(写真)。移動に時間がかかり、日没、及び閉園間際で、撮影後退場しようとすると、既に門を閉めているところを、謝って開けて貰いました。高崎から、宇都宮は、遠い!


 やはり高崎だから見られる車両もあり、行けたのは良かったと思います。また、予定が合えば次回も参加したいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR