Hi-Speed

omiy18a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日開催された「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」を取材しました。


 例によって金曜夜に出発。土曜早朝に到着、仮眠します。


 寝過ごしか、並ぶときには大宮駅まで戻りましたが、試乗会の整理券は1回目に。651系「スワローあかぎ」の車輌です(写真、後で撮影)。


omiy18a2.jpg


 そのまま乗車の列に並び、着席します(写真)。3号車、多目的室のある車両です。右の個室がそうです。


omiy18a3.jpg


 列車は定時に発車、試運転線を走ります。


 左手には、ED62 17が見えてきます(写真)。ED62現存唯一の機体、活用が望まれます。


omiy18a4.jpg


 続いて、鉄道博物館が見えてきます。


 リニューアルで開館する新館には、分かりにくいですが400系新幹線が収まります(写真)。7月が待ち遠しいです。


omiy18a5.jpg


 183系休憩施設の横には、E1系2階建て新幹線が新たな展示となっています(写真)。内部公開も、期待されます。


omiy18a6.jpg


 そして下車し、撮影会へ(写真)。左から、DD51 842、EF64 37、EF64 1023です。


omiy18a7.jpg


 そして、JR貨物の区域に入ります。


 EF65 1074改め2074が、リフティングのため用意されます。動画の失敗は酷く、出すかどうか考えておきます。



 その、動画です。車体を吊り上げる門形ワイヤ(1,150kg)を、持ち上げるところです。



 そして、その門形を、車体に固定する動画です。車体上角のワイヤが当たる部分の、車体保護のための部品も注目です。



 続いて主要な映像、車体上げです。横方向にも移動します。



 途中省略し、前後移動、横移動、そしてジャッキに戻すまでです。


 なお、最終回には台車載せがあり、ケーブル接続も行うとのことでしたが、そこまではいませんでした。


omiy18a8.jpg


 EF65 1070改め2070の、整備中の姿(写真)。今後、国鉄形は引退間近となったことから、全機復刻塗装をするとのことです。


omiy18a9.jpg


 EH500-12です(写真)。


omiy18a10.jpg


 EH500-14です(写真)。東北本線の主軸、まだまだ代わりは現れません。


omiy18a11.jpg


 EF65 1101改め2101、現在外板塗装を水研ぎし、塗り直しの準備中です。


omiy18a12.jpg


 EH500-16です(写真)。運転台公開をしていました。


omiy18a13.jpg


 1時間あまり行列し、見学します(写真)。ハンドルは横軸式、編成ブレーキと単弁も分かれています。JR貨物最新の運転台です。


omiy18a14.jpg


 そして、JR東日本の車輌工場へ。台車がネジ式ジャッキに載せられ、部品取り付けを行っていました(写真)。目の高さが、一番作業しやすいでしょう。


omiy18a15.jpg


 小田急4000系、4065です(写真)。常磐緩行線入線のための、ATS改造と思われますが、原形がE233系で、整備も依頼しているのか。


omiy18a16.jpg


 総武緩行線、クハE231-18です(写真)。


omiy18a17.jpg


 255系Be-05編成、クハ255-5と思われます(写真)。


omiy18a18.jpg


 小田急の後には、E259系「成田エクスプレス」が入っています(写真)。


omiy18a19.jpg


 車掌体験は、仮台車に載っているクハ115-1008で行われます。幕の回転をすると通行出来なくなるので、「回しません」との注意書きもありました。


omiy18a20.jpg


 トラバーサの向こうには、209系C615編成、クハ209 2115がありました(写真)。


 まだまだ内容は盛りだくさんでしたが、この辺で止めておきます。


 フィルムカメラのシャッタースピードが、デジカメと同じISOなのに異常に早く、嬉々としていましたが、確認するとISO自動設定(DXシステム)が1600になっており、故障しており、慌てて手動設定にしました。フィルムほぼ1本が無駄となり、残念です。早速フィルムカメラは予備機に交換することとし、お別れの時が来ました。


 それでは、次回をお楽しみに。


三国越え#3

doai18a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、連載最終回、土合をお届けします。


 湯桧曽から、冬期規制区間に入り、暫くすると、山小屋風の駅舎が現れます(写真)。これが、土合駅です(写真)。


 中に、入ります。


doai18a2.jpg


 先ずは、入口右手、出札口跡です(写真)。左の一段低い窓口は、鉄道小荷物の受け入れ口跡です。


doai18a3.jpg


 反対側は、待合室、キヨスクも残っています(写真)。多分宿泊した人がいたのでしょう、現在は閉鎖されています。


doai18a4.jpg


 そして、正面が改札口です(写真)。入ります。


doai18a5.jpg


 改札正面に、案内があります(写真)。これを間違えると、致命傷です。


doai18a6.jpg


 先ずは、地上の、上りホームから(写真)。架線柱は不自然に間隔があります。これは、単線当時は行き違い、新清水トンネルが出来てからは通過待ちの出来る施設がありましたが、何れも廃止となり、1線に1面のホームのみが残ります。


doai18a7.jpg


 土樽方面を望む(写真)。保線機械の車庫があり、以外は残っていません。


doai18a8.jpg


 駅改札脇には、司令室状になっている場所があり、ここから地上駅部分全体が見渡せます(写真)。


doai18a9.jpg


 そして、改札左側の、通路を行くと、扉があり、方面に関する注意書きが再度出てきます(写真)。


doai18a10.jpg


 扉の向こうは幅広の通路となり、円形の屋根があります(写真)。そのまま、進みます。


doai18a11.jpg


 すると、トンネルになり、下り階段が続きます(写真)。奈落の底のようです。


 なお駅から見て左側は水路となっており、右側の余地は何も無く砂利のままです。恐らくこの階段は、新清水トンネルの土砂排出に使用する目的で建設されたトンネルで、完成後は駅に使用する目的でこの位置になったのでしょう。


doai18a12.jpg


 階段には、「462」と書かれます(写真)。462段あるようです。


doai18a13.jpg


 そして、下りて、下りて、階段の終わりに到達(写真)。よく、下りたものです。


doai18a14.jpg


 そして、階段の先に、平らな場所があり、そこから横向きのトンネルが見えます(写真)。


doai18a15.jpg


 そこは、ホームになっています(写真)。トンネル内のホームで、旧ホームの先に、新ホームが設置され、間に柵と空間があります。方向は、湯桧曽側です。


doai18a16.jpg


 反対の土樽側も、同じ構造になっており、手前の旧ホームには、プレハブの待合室があります(写真)。


 これは、かつてはトンネル内に通過待ち設備があったのですが、上越新幹線開業で列車数が減り、不要となり待避線を廃止、その上に新ホームを設けたものです。そのため、新ホーム下には枕木固定の跡が残っています。


doai18a17.jpg


 ホームには写真のような看板があり、462段あるとのこと(写真)。帰り道は大変で、30代の頃は一気に登れましたが、今回は途中でダウン、休み休み登らざるを得ませんでした。本当に、しんどかったです。


doai18a18.jpg


 幅広の通路を上りきり、渡り廊下にも小階段があります。のべ486段、お疲れ様でした。


 当駅を列車で利用するのは、恐らく谷川岳登山の方が大半でしょうから、これは登山の予行演習なのでしょう。


doai18a19.jpg


 そして、駅を出ると、今通った通路が見えます(写真)。川を渡り、対岸にトンネルの駅があったのでした。発生土の運搬用であるのも納得です。


 そして、帰途に就きました。土曜晩は雪が降り、夏タイヤだったので心配でしたが、一応「オールシーズン」であったようで、外側がスタッドレスパターンで、何とか事なきを得ました。


 葉桜と思えば、雪も降り、何という天気か。まあ、雪は勘弁です。


 それでは、次回をお楽しみに。

三国越え#2

yubis18a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、先回の続き、湯桧曽からです。


 水上を発った私は、引き続き、次の駅、湯桧曽へ。湯桧曽は、元は北湯桧曽信号場の場所が駅でしたが、新清水トンネルの開通で現在の位置に移転、現在に至ります。


 湯桧曽の旧駅跡(写真)。階段の上に駅舎があったようですが、現在はありません。


yubis18a2.jpg


 現在の入口(写真)。トイレだけの無人駅になりました。


yubis18a3.jpg


 早速階段を上がり、ホームへ(写真)。以前は下り線からの渡り線がありましたが、現在は撤去されています。


yubis18a4.jpg


 そして、端に行くと、下り線のトンネルの入口が見えます(写真)。


yubis18a5.jpg


 トンネルの扁額は、右から「新清水隧道」とかかれ、これが新清水トンネルの入口であることが分かります。


yubis18a6.jpg


 北湯桧曽信号場方向(写真)。上り列車は、ここからループ線を下ってきます。


yubis18a7.jpg


 その、下ってきた列車が、湯桧曽駅に停車(写真)。E129系4連、新ニイB16編成、普通水上行きです。


yubis18a8.jpg


 再び階段を下りると、方面表示が見えます(写真)。今度は、下り方を見ます。


yubis18a9.jpg


 すると、その方向はトンネルになっています(写真)。中に、入ります。


yubis18a10.jpg


 線路の下を過ぎると、丸い屋根、横から掘ったトンネルになります(写真)。


yubis18a11.jpg


 その先が、下り線ホームです(写真)。先の明るい場所は、新清水トンネルの入口で、ここは新清水トンネルの一部です。


yubis18a12.jpg


 そして、反対側もホームが続き、ホームが終わると単線鉄道トンネルになっています(写真)。


 そして、車に戻り、次を目指しましたが、長くなるので次回とします。


 旧湯桧曽駅、則ち北湯桧曽信号場にも行きたかったのですが、昔行った時には、シェッドのある階段にかんぬきが掛けられ、立入禁止となっていたので、行きませんでした。開ければ、侵入になる可能性が高いと思いますので、止めましょう。


 湯桧曽駅の下り線渡り線が無くなったのは、少し驚きましたが、保線機械も通る必要が無いのでしょう、実態に合った変更でしょう。だんだん昔の痕跡は消えていきます。


 それでは、次回をお楽しみに。

サクラチル

are1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日の「ありがとうE351系 松本~新宿ラストランの旅」を中心にお届けします。


 今年のダイヤ改正で、「スーパーあずさ」から撤退した、E351系。全車引退となりますが、4月7日に臨時列車で最後となるとのことで、行きました。


 金曜晩に発ち、土曜に信州入り。朝、撮影ポイントに到着しました。


are2.jpg


 最初は、後継のE353系「スーパーあずさ4号」から(写真)。こちらは、順調に数を増やしています。



 その、動画です。今後は珍しくもなくなるのでしょう。


are3.jpg


 続いて、E257系11連「あずさ6号」です(写真)。今後の動向が、気になります。



 その、動画です。これが貴重になることは、まだ考えられないのですが。


are4.jpg


 JR東海313系、1700番代の、下り松本行きです(写真)。



 その、動画です。なんといっても3編成限り、2運用で、出会う機会が限られます。


are5.jpg


 次は、E257系9連、「あずさ8号」です(写真)。付属編成がありません。



 その、動画です。現在の中央東線の、主軸でもあります。


are6.jpg


 そして、本番、E351系12連がやって来ます(写真)。正にラストラン、最後の営業運転で、後は長野車両センターで解体を待つのみです。LED愛称表示は、点いていないようです。



 その、動画です。もう、撮ることはできません。


are7.jpg


 地元は先週が満開で、今日は葉桜ですが、信州はちょうど見頃を迎えています(写真)。あの、枯木のような木が、桜とは気付きませんでした。


are8.jpg


 そこへ、211系6連がやって来ました(写真)。


 地元の人によると、桜の花と一緒に写せる場所が、すぐ近くにあったとのことですが、気付かず撮っていました。当分は行く可能性が低く、まあ来年のために覚えておきます。


 そして、まだ時間があったので、思い立って行きましたが、長くなるので次回とします。


 それでは、次回をお楽しみに。

お別れ会#3

shik18c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、再び中央東線を取材しました。


 先回の取材で、間もなく引退するE351系の車体傾斜を、撮りたい。そこで、再度今回も同じ場所へ行きました。


 昨晩は雪で、積雪し、タイヤを夏タイヤに交換せず、良かったと思いました。まあ、4月からでしょうか。


shik18c2.jpg


 今朝は寝坊し、現地に着くと、間もなく「あずさ2号」が通過。遅刻しました。


 続いて、撮影位置を決定し、三脚を組み、カメラの向きを合わせていると、そこへE353系「スーパーあずさ4号」がやって来ました(写真)。セッティング中の動画カメラをそのままスイッチ、メインの動画カメラでは撮れませんでした。


shik18c3.jpg


 そして、通過(写真)。車体傾斜はイマイチです。



 その、動画です。慌てているのが分かります。


shik18c4.jpg


 続いて、E351系「スーパーあずさ6号」がやって来ます(写真)。車体傾斜はバッチリです。


shik18c5.jpg


 そして、直線で立ち上がります(写真)。LED幕が、クッキリ写っています。



 その、動画です。来週では、撮れません。


shik18c6.jpg


 続いて、E257系「あずさ8号」です(写真)。車体傾斜の無い車輌、傾きも通常のものです。


shik18c7.jpg


 そして、編成全体で(写真)。付属2連のある、11連です。



 その、動画です。これは、普通です。


shik18c8.jpg


 次は、「あずさ10号」です(写真)。E257系基本9連です。


shik18c9.jpg


 その、編成全体です(写真)。通常の、車体傾斜の無い車輌です。



 その、動画です。これも、普通です。


shik18c10.jpg


 次もE257系9連、「あずさ12号」です(写真)。これも、傾いていません。


shik18c11.jpg


 編成全体で(写真)。120ミリでは足りないので、135ミリでした。



 その、動画です。これも、無くなってしまうのでしょうか。


shik18c12.jpg


 今日の2080レは、EH200-1牽引でした。試作車901号機に続く、量産初号車です。


shik18c13.jpg


 貨物は、石油タンク車の返空回送です。編成が、少し短い気がします。石油需要期は、終わりに近いです。



 その、動画です。先回はウヤ、先々回は不意打ちで失敗、今回は満足のいくものです。


shik18c14.jpg


 そして、E351系「スーパーあずさ14号」が、やって来ました。先回より望遠が効いているので、心もち上向きで、橋梁のカーブに合わせています。そのため、カーブでの車体傾斜が、思った向きに入っています。


shik18c15.jpg


 そして、編成全体で。1000分の1秒でも、LED愛称表示はきちんと写っていました。



 そして、その動画です。振り子電車の、車体傾斜の様子が、分かります。


 この後でもう一度E353系を撮りたい気もしましたが、間もなく正面に光線が来なくなるのが分かっており、2時間後であり、ここで打ち止め、帰途に就きました。


 多分明日も晴れだとは思いますが、事情により帰宅。明日は撮影には行かないので、多分これでE351系とはお別れになりそうです。しかし、特急「あずさ」を、全部E353系で統一してしまうのでしょうか。速達性は向上し、それ自体は喜ばしいことですが、余剰となるE257系は、どうなるのか。「はまかいじ」等にも投入し、全体の増発になるのでしょうか。それなら良いですが、まさか他線転用は、無いでしょうね?するには、編成が長すぎる気がします。


 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR