偏西風#3

hen15c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、九州遠征3日目、5月3日の様子をお届けします。


 5月2日の投稿を終え、安眠すると、3日は、起床時から雨。曇以上なら続行の予定でしたが、予定を変え、熊本県南部を目指しました。


hen15c2.jpg


 最初は、人吉市。マンガ喫茶として使用されていた、オハ46です(写真)。残念ながら閉店となり、入居者を募集中でした。


hen15c3.jpg


 続いて、肥薩線山線を目指します。駅を順番に追いたいですが、道路の配置から、先ずはサミットの矢岳を目指します。


 かつて「いさぶろう・しんぺい」で訪問した時は、周辺に人家があるイメージは無かったのですが、道路で行くと、人家や田畑の多いこと!矢岳近くには小学校もあり、鉄道敷設目的の駅ではないのだと、改めて感じました。


 そして、矢岳駅前には、「人吉市SL展示館」があります(表題の写真)。かつては元「SLあそBOY」、現在の「SL人吉」に使用される58654も収蔵されていましたが、現在はD51 170のみが保存されます(写真)。人気機であった890でも、1058でもありません。


hen15c4.jpg


 矢岳駅(写真)。木造の、歴史ある駅舎です。


hen15c5.jpg


 続いて、肥薩線としては1駅人吉寄りの、大畑(おこば)へ(写真)。こちらも、良い感じの木造駅舎です。


hen15c6.jpg


 ホームにファンがいるので、聞くと、間もなく列車が来る、とのこと。見ると、矢岳側のループ線上に、赤い「いさぶろう・しんぺい」が停まっています(写真)。ちょうど、案内の解説中らしく、ループ線上で停止していました。


hen15c7.jpg


 「いさぶろう・しんぺい」は、ループ線を一周し、駅手前のスイッチバック線に、入線します(写真)。


hen15c8.jpg


 そしてスイッチバックを折り返し、大畑駅ホームに入線(写真)。観光タイムです。


hen15c9.jpg


 観光後、列車は発車します。


 駅横には、SL時代からの石造りの水槽と、木造の建築物があります(写真)。


 肥薩線は、出水経由の現在の鹿児島本線が開通するまでは、鹿児島本線の一部でした。これは、線路を宮崎に近く、との宮崎県の意向があった、とのことです。人吉からは困難な山岳ルートとなり、粘着式の通常の鉄道方式で、当時の未熟な土木技術で建設されたことから、同駅はスイッチバックとループの双方を併せた線形となり、非常に運転が困難な線区でした。それが元で、マイクロソフト製「トレインシミュレーター」でも、運転を楽しめる路線となっています。


hen15c10.jpg


 そして、道路配線の都合で、肥薩線山線終点の、吉松へ。駅前には、C55 52が保存されます(写真)。


hen15c11.jpg


 その横には、石倉があります(写真)。SL期のもののようです。


hen15c12.jpg


 その隣、駅横には、「鉄道記念館」があります(写真)。肥薩線の歴史、鉄道文物の展示があります。


hen15c13.jpg


 続いて、矢岳と吉松の中間駅、真幸(まさき)へ(写真)。こちらも、歴史ある木造駅舎です。


hen15c14.jpg


 同駅ホームには、鐘があります(写真)。幸せの鐘らしく、2回まで鳴らして良いそうです。


真幸の鐘の音


 その鐘の音です。3度目に、成果を得ました。


hen15c15.jpg


 間もなく、人吉を折り返した「いさぶろう・しんぺい」が、矢岳方面からやって来ます(写真)。こちらも、観光後去って行きました。


 なお、同駅もスイッチバックの駅です。北方は行き止まり、一旦南方で折り返し、サミットの矢岳を目指します。


hen15c16.jpg


 続いて、伊佐市大口へ。山野線、宮之城線(ともに廃止)の分岐駅でもあった薩摩大口駅の跡に、ヨ8752が保存されます(写真)。やや北側の「ふれあいセンター」4階に、資料館がある、とのことです。


hen15c17.jpg


 続いて、宮之城へ。宮之城駅跡、バスターミナル横に、C57 124のカットモデルが保存されます(写真)。


hen15c18.jpg


 続いて、永野へ。永野鉄道記念館も旧駅舎を利用し美しいですが、同駅前には車両が3両。先ずは、ヨ8958です(写真)。かつてのスイッチバック駅の、上下のシーザスクロッシングも残っています。


hen15c19.jpg


 ホーム跡には、モーターカーが2両(写真)。左が原付軌道自転車、右が保線モーターカーです。


hen15c20.jpg


 そして大口まで戻り、熊本県水俣市久木野には、ヨ8955が保存されます(写真)。


 同日は、予定より早く終わってしまい、近辺のネタを、記憶を元に辿り、何とか到達できました。次回は、もっと綿密に調べ、有効に時間を利用したいと思います。


 雨の3日を終え、4日も行動しましたが、こちらも長くなるので、ここで水入りとしたいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR