Closer(延長戦)

tomq16b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。


 通常ならば、今日も懲りずに取材の旅に出るところでしたが、愛車の冬装備、及び点検の関係で、こんなに天気は良いのに、今日は一日潰れてしまいました。


 そこで、今回は、先週の「東武ファンフェスタ」の遺漏をお届けしたいと思います。


 あのイベントでの一番の呼び物は、JR北海道のC11を使用した、「SL大樹」でしたが、イベントの参加自体危ぶまれたことから、増して応募など出来ず、結果限定撮影会には参加出来ませんでした。来年は、考えてくれますよねえ!東武さん!


tomq16b2.jpg


 先ずは、500系「リバティー」導入で後が無くなった、300系と350系。353-1です(写真)。


tomq16b3.jpg


 愛称表示は、「急行ゆのさと」です(写真)。


 あの日も「スノーパル」の案内をしていましたが、「尾瀬夜行」等の夜行の運用で、今後も一部でも残るのでしょうか。ならば両数の一致は、何なのでしょうか。同系は、非常に複雑な立場にあるということが、分かると思います。


tomq16b4.jpg


 それと同期か古いのか、1800系最終1819も、複雑な立場です(写真)。同編成の動向も、注目されます。


tomq16b5.jpg


 100系「スペーシア」、103-1始め6連です(写真)。バブル期の車両で、個室もありますが、今後どうなっていくのか。ただ当分は、東武の看板として走り続けるでしょう。


tomq16b6.jpg


 200系「りょうもう」、205-1始め6連です(写真)。確かに、台湾に輸出された「プユマ号」と、前面も似ている感じもします。


tomq16b7.jpg


 251系、先代「成田エクスプレス」の残党、OM-N02編成です(写真)。春の大宮のイベントと、バーターです。


tomq16b8.jpg


 東武の最右翼、私鉄の単独系列としては最多製造両数を誇った8000系、8111他6連です(写真)。東武は、やはりこの色、セイジクリームのイメージが強いです。更新車は、小田急風の塗装に更新される際に電動方向幕に交換されましたが、オリジナルのままの同車、全部手動回転式で、東上線では手間が嫌われ、系統板で列車種別を出すほどでした。


 しかし、何故東武があんなに都会的洗練されたのか、理由をご存じですか?その理由となった方が、同イベントに来ていました。


tomq16b9.jpg


 6050系、6167始め2連です(写真)。野岩鉄道、会津鉄道まで乗り入れる同車、野岩鉄道も2編成(60100番代)、会津鉄道も1編成(60200番代)同系を所有します。浅草から会津高原まで追加料金無しで直通しますが、時間と距離を原因として、特急に乗りたくなる衝動は、多くの人が感じると思います。


 そして、撮影会は終わりです。「大樹」を撮れなければ、これだけになってしまいます。


 やはりこういうイベントを見てしまうと、東京に住まなければと思うのですが、そうすれば愛しいスカーレットともお別れになってしまい、それもちょっと。やはり、地元あってですよ。地元があって、その上にあるわけですから、それを捨ててしまっては、ただの根無し草になってしまいます。地に足を据えて、写真を撮っていきたいと思います。


 「スノーパル」で思い出しましたが、夜行列車の切手が、通販で売られていました。第1集の申込期限が来週早々で、決して安くない金額ですが、今撮るのは不可能な写真ばかり、第2集まで振り込みました。興味ある方は、探されては如何でしょうか。


 それでは、次回をお楽しみに。

雨が降っても

seim16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日開催された「西武・電車フェスタ2016in武蔵丘車両検修場」をお届けします。


 金曜日、どうしても調子が悪く、予定も無かったので土曜日は休養、も考えましたが、出発。土曜日は結局電車の写真は撮らず、東京郊外の公園で建物の写真ばかり撮っていました。多分あの人は、あの写真館で、最初の写真を撮っていたのでしょう。


 そして、滞在先へ。日曜日も、出発しました。


seim16a2.jpg


 先ずは、要整理券の整理券をゲットし、中を巡ります。2000系2462始め2連(写真)。ボディ全体が水研ぎされ、塗装が部分的に白くなっています。この上に下地を塗ってから、本塗装を行います。


seim16a3.jpg


 「電車屋根上見学」で、手前10503、奥38607、いずれもパンタグラフ装備車の屋根上を見ます(写真)。いずれもシングルアームパンタ、避雷針とヒューズが並び、重電の装備を見ることが出来ました。


seim16a4.jpg


 「ニューレッドアロー」10000系10103(写真)。「小さな旅」を掲出します。


seim16a5.jpg


 運転台見学は、2分の1の確率で、10703になりました。運転台(写真)。在来制御としては最終系列でしょう。


seim16a6.jpg


 マルタイ(写真)。保線機械は、あまり準備されていませんでした。実演はほぼ不可能ですし。


seim16a7.jpg


 数少ない機械、保線用モーターカー(写真)。これの乗車可能時間は短く、整理券で区切られていました。


seim16a8.jpg


 軌陸車の、タワー車(写真)。展示されています。


seim16a9.jpg


 モーターカー乗車の時間が来たので、乗車します。奥がエンジンのある本体、乗車したのは輸送用の車両です。運転台から遠隔操作可能で、エアコンも装備されています。


seim16a10.jpg


 車窓から、横の留置線には、9001「KPPトレイン」がありました(写真)。見てのとおり、「きゃりーぱみゅぱみゅ」ラッピング車です。


seim16a11.jpg


 その向こうには、9008「Lionsトレイン」、6006、4000系(車番不明)が停まります(写真)。


seim16a12.jpg


 乗降台のある着発線には、6000系6113他が入線しています(写真)。横浜中華街発、東横線、副都心線経由の直通列車でしょうか。


seim16a13.jpg


 主制御器(写真)。在来制御の最後の方の形、電動カム軸が回転し接点が接触し、抵抗値を制御する方式です。



 別の場所でしたが、操作が体験出来ました。その動画です。メカニカルな動きが分かります。


seim16a14.jpg


 リフティングは、38807で行われました。仮台車から4か所のリフターで持ち上げ、台車入れを行います(写真)。



 リフティングの動画、仮台車から車体上げ、上昇して仮台車から本台車に入れ替え、撮影タイムまでです。ジャッキは油圧式と思われます。



 そして車体下ろし、本台車への台車入れまでです。この後仮台車まで戻すのですが、省略しました。


seim16a15.jpg


 車軸の組立、車軸への圧入は、リフティングと同じ時間、主な作業を見ることはできませんでした。組み立てた後の輪軸を置き、次の車軸を持ち上げる作業(写真)。天井クレーンの正確な操作が必要です。「きちんと水平(レベル)を出すこと」は、写真でも重要です。



 車軸回転試験の動画です。同時にギヤボックスの洗浄も行います。



 台車ブレーキ実演の動画です。シリンダーとテコ、シューの動きが分かります。


seim16a16.jpg


 車輪旋盤(写真)。左右の車輪のバランスを整える、大切な作業です。


seim16a17.jpg


 トラバーサ(写真)。手前1線に乗車体験が出来、奥の1線は入換用の動車が3両並びます。



 その、運転の動画です。乗車体験も出来ました。


seim16a18.jpg


 「12時から撮影会」と書かれ、早めにいったつもりが、大行列で、終了間際になってしまいました。左から、9001「KPP」、9008「Lions」、モーターカーです(写真)。帰りのダイヤの時程維持のためには、12時半に転線の必要があり、1回2分でやっていましたが、とてもさばききれる人数では無く、最後はどうなったのでしょうか。


seim16a19.jpg


 9103他です(写真)。軌間は違いますが、京急のイメージの塗装です。


 そして、半日かけ帰宅、今日仕事後に投稿しました。


 武蔵丘の強みは、やはり何といっても全体が一つの建屋で、雨天もほとんど影響しない全天候型の施設であり、雨が多いこの時期にイベントが出来る施設であることです。これを建てた西武は、先見の明がったというべきでしょう。まあ、晴れるに越したことはありませんが。


 それでは、次回をお楽しみに。

Falling Down#4

keik16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、29日に開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」をお届けします。


 日曜日も、滞在先を発ち、会場へ。歩いて踏切に来ると、丁度閉まっており、1713他快特久里浜行きが、通過します(写真)。


 そして、ゲートをくぐり、開場時間を待ちます。


keik16a2.jpg


 やはり、気になるのは、古い電車。元京浜電鉄デ51、半鋼製の電車です(写真)。


keik16a3.jpg


 その隣は、元湘南電鉄デ1、こちらも半鋼製の電車です。同時代の電車が、つい10年前まで琴電で走っていたのは、驚きです。


keik16a4.jpg


 そして、撮影会へ。左から、2031快特品川、2451特急浦賀、1801快特久里浜です。1801は、昨年導入された新1000系の新番代、貫通幌設定車両で、1800番台の列車同士では貫通幌が使用可能です。


keik16a5.jpg


 その左には、デト17、18形デト15、16が並びます(写真)。電動貨車ですが、現在は救援車となっています。


keik16a6.jpg


 右半分へ移動。2133快特品川(ブルースカイトレイン)、1057快速西馬込(KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN)、1025空港急行印西牧の原(直通運転25th)です(写真)。


keik16a7.jpg


 その右は、817-1羽田空港~京急蒲田です(写真)。


keik16a8.jpg


 奥の電留線には、ステンレスの新1000系1081他が並びます(写真)。


keik16a9.jpg


 その手前は、607-1他です(写真)。


keik16a10.jpg


 北側の建屋には、1485が、車掌体験のため停まります(写真)。


keik16a11.jpg


 その奥には、初期の電車の輪軸を使用した、ヴィンテージ仮台車がありました(写真)。スポーク車輪で、歴史を感じます。


keik16a12.jpg


 正面表示器実演は、1465でした(写真)。「特急 神奈川新町」を表示します。その他表示が変わったようですが、良い位置を占めることが出来ず、残念でした。


keik16a13.jpg


 主工場にある、車両移動用の牽引車(写真)。周辺には車体用ジャッキもあり、これらでリフティングを行うようでした。


keik16a14.jpg


 整備中の1500系1533(写真)。LED方向幕に交換でしょうか。余ったフィルム幕は、翌年の鉄道部品として売られるでしょう。


keik16a15.jpg


 特修工場の、2124と思われる、整備中の車体(写真)。改造の可能な同工場、独シーメンスの「ドレミファインバーター」も交換してしまうのでしょうか?


keik16a16.jpg


 隣には、都営5320-8が入っています(写真)。都営5300系は、最終編成のみが120キロ走行対応で、他の編成は、フルスピードでガンガン飛ばす京急では、鈍行でしか使えません。京急の特修工場入りは、対応改造でしょうか?


keik16a17.jpg


 そして、保線のエリアでは、バラストフィニッシャー(マルタイで突き固めたバラストを整理する機械)を実演していました(写真)。この実演の動画撮影が、撮影会より何より、最初に見なければならないものであると分かり、後悔しました。



 その、動画です。前列の肩越しで、イマイチです。


keik16a18.jpg


 その後には、この前に実演した、マルタイが停まります(写真)。これも国内でも標準的となっている、オーストリア製の機械です。


keik16a19.jpg


 軌陸車のタワー車です(写真)。高所作業用の車両、道路も走れます。


keik16a20.jpg


 クレーン付きの、延線車です(写真)。これも、軌陸車です。


keik16a21.jpg


 パンタグラフ付きの、検電車です(写真)。これも軌陸車です。


keik16a22.jpg


 同じくタワー車が、子供を載せ体験乗車しています(写真)。ヘルメット、ハーネス装備で行っています。


keik16a23.jpg


 大型の保線機械ですが、マルタイとも異なり、分かりません(写真)。外観から想像すると、レール歪みを修正する機械のようにも、砥石での削正車にも見えます。


keik16a24.jpg


 主工場横の、ホームのある線路では、事前応募制の運転台撮影会(小学生以下限定)のための車両、1473始め4両が停まります(写真)。


 リフティングは残していましたが、後のこともあり、ここで帰途に就きました。


 長い週末でした。帰宅後の後始末も大変で、やっと今日終わりました。それまで本調子でも無く、仕事も大変でした。休日の疲れを、平日に残すのは非常に恥ずかしいことです。それも見込んで行動しなければなりません。注意します。


 それでは、次回をお楽しみに。


(続)稼ぎ時

chim16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、先回の続き、秩父鉄道三峰口の「鉄道車両公園」をお届けします。


 秩父鉄道のイベント会場、広瀬川原を発ち、一路、終点、三峰口へ。駐車場に車を停め、同公園を目指します。


chim16a2.jpg


 駅南西側の側線には、6000系(元西武101系)、6202始め3連が停まります(写真)。運用待ちの様子です。


chim16a3.jpg


 三峰口1番線には、7000系7504始め3連が停まります(写真)。見てのとおり、元東急の軽量ステンレス車です。


chim16a4.jpg


 3番線北側の側線には、左から6000系6201始め3連、西武4000系(車番不明)4連、5000系(元都営6000系)5201始め3連が停まります(写真)。5201は3番線、間もなく羽生に向け発車しました。


chim16a5.jpg


 6201始め3連の編成写真(写真)。西武当時と同じなのに、違います。中間ドアが廃され、座席になっていますし。秩父鉄道では、主として急行「秩父路」用車両です。


chim16a6.jpg


 鉄道車両公園に入ります。最初はボギー車の有蓋車、ワキ824です(写真)。側面及び塗色を除けば、近代的な有蓋車スタイルです。袋詰めセメントを輸送しました。


chim16a7.jpg


 同じボギー車の有蓋車ですが、テキ117です(写真)。背は低く、側面も異なりますが、これも袋詰めセメント用の貨車です。


chim16a8.jpg


 二軸の有蓋車、スム4023です(写真)。これも同じく主に袋詰めセメント用ですが、他の用途にも使われ、多数在籍したそうです。


chim16a9.jpg


 ボギー車の無蓋車、トキ502です(写真)。石灰石輸送用の車両とのことです。


chim16a10.jpg


 ヨ15です(写真)。秩父鉄道の主力貨車、ヲキ改造の緩急車です。ボギー車の車掌車なのが珍しいとのことです。


chim16a11.jpg


 そして、この先にはクハニ29始め2両の旧式電車、電機2両、そしてワフがありますが、ハチが原因で立入禁止のロープが張られます(写真)。車両に巣が出来たのか、それとも近辺の樹木か。危険ですので、ここで断念しました。


chim16a12.jpg


 そして、その横には、「パレオエクスプレス」用の転車台があります(写真)。超広角が使いたくなる被写体です。


 広瀬川原は埼玉の中央、三峰口は埼玉県の西の端、そしてもう一度撮り直したい被写体は埼玉県の東の端にありましたが、到着前に日没となり、同じような写真を撮っても仕方が無いので、断念しました。そして、翌日曜午後に帰宅しました。


 やや遅れ気味なのですが、そういう事情ですので、お許し下さい。仕事を放棄するわけにもいきませんし。


 それでは、次回をお楽しみに。


稼ぎ時

chih16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日開催された秩父鉄道「わくわく鉄道フェスタ」を取材しました。


 例によって金曜発。土曜朝に、会場着。既に、踏切からは今日の展示車両たちが見えていました(写真)。


chih16a2.jpg


 そして、10時に汽笛が鳴り、開場。エントランスは、エア式のアーチでした(写真)。


chih16a3.jpg


 先ずは、車両展示から。最初は、「パレオエクスプレス」牽引機、C58 363です(写真)。露出補正が当たっています。


 行列すればキャブの見学も可能でしたが、長かったので断念しました。


chih16a4.jpg


 隣にはEL、左201(茶色)、中502(黄色)、右108(青)が停まります(写真)。201は「パレオエクスプレス」補助用の機関車で、塗色が客車に合わせてあります。502は、旧秩鉄カラーとのことです。


chih16a5.jpg


 反対側(写真)。午前中は、こちらが順光です。


chih16a6.jpg


 横には、「パレオエクスプレス」用の12系客車が、休憩車両として開放されています(写真)。狭く、これが可能な撮影でした。


chih16a7.jpg


 建屋の横には、DL乗車体験の車両があります(写真)。スイッチャーです。



 その運転の動画です。僅かな距離ながら、往復しています。


chih16a8.jpg


 マルタイ(写真)。後方に分離した機械のあるタイプです。


chih16a9.jpg


 秩父鉄道の現在の貨物態勢の初号機、101が引退後、朽ちつつ残ります(写真)。後には12系客車がありました。


chih16a10.jpg


 一番北側の線には、昨年引退した107が停まります(写真)。


chih16a11.jpg


 その後には、コルゲートステンレスの車体、8830、更に8745が置かれます(写真)。恐らく東急8000系、部品取り用と思われます。


chih16a12.jpg


 その後はスム4044、救援車代用です(写真)。使われないのが一番ですが。



 それでは、実演コーナーから。パンタグラフ操作体験です。



 続いては、6000系(元西武101系)台車での、ブレーキ体験です。


chih16a13.jpg


 奥の、トラバーサ(写真)。動画も、そのうちに。



 その動画です。こういう使い方があります。


chih16a14.jpg


 車両工場ではヲキ170とヲキフ124が並びます(写真)。石灰石の積み卸しのための、空気圧による底部ドアの開閉の動作の実演が行われましたが、動画はノイズが入り、ボツでした。



 止めようか迷いましたが、一応登載しておきます。


chih16a15.jpg


 5202が、停まります。5000系、元都営6000系、数は少なくなっています。


 一番奥の食堂では、「秩父蕎麦(もりそば)」、「特製ちまき」、「記念弁当」が売られていました。


chih16a16.jpg


 12系客車の横に、6203始め3連、急行編成が、休憩用車両として入線し、並びます(写真)。秩父鉄道リバイバル塗色、元西武新101系です。


chih16a17.jpg


 そして、長く待った、12時からの撮影会です。左から7505(秩父三社トレイン)、8606(東上線8000系)、7502(秩父ジオパークトレイン)が並びます(写真)。


 そして順光となった機関車を撮り直し、会場を後にしました。


 例年4月の記憶があり、ちょっと暑いイベントとなりましたが、行って良かったと思います。また出来れば、次回も参加したいですね。


 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR