遅ればせながら#2

omiy17b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も土曜、鉄道博物館からお届けします。


 大宮のイベントを後にして、向かったのは鉄道博物館。今日もD51 426のカットモデルが、記念撮影用に設置されます。交通博物館以来の展示です。


omiy17b2.jpg


 そして、大宮のイベントのチラシに付いている割引券を提示して、入場します。


 「きかんしゃやえもん」の元、1号機関車(A1)です(写真)。


omiy17b3.jpg


 続いて、マイテ39 11が公開されていたので、行列します。そう、初の特急列車は1,2等と3等で列車が分かれ、1,2等特急が「富士」(1等の白と2等の青)、3等特急が「櫻」(3等の赤)と愛称がつけられ、その「富士」の末尾を飾る、1等展望車でした。元はスイテでしたが、戦後冷房が搭載され、約5t重い、マイテになりました。


omiy17b4.jpg


 先ずは、天井に下がる照明から(写真)。阪急嵐山でも見かけたような意匠の照明、雅な雰囲気です。当然蛍光灯は無く、白熱電球です。


omiy17b5.jpg


 その、垂れ下がっている天井(写真)。解説のJR社員によると、車両工場に専属の宮大工がおり、その人が造っていた、とのことです。しかし、これだけの細工は、寺院か神社か、あるいは霊柩車でしか見かけないもので、一般には「桃山風」とされるところ、「霊柩車風」という陰口もありました。しかし、今ではこれだけのものは、製造は困難と思われます。


omiy17b6.jpg


 客室側(写真)。隅の照明も、留め具も、金具の一つ一つまで装飾が施され、技術の粋を集めたものです。


omiy17b7.jpg


 振り返り、展望側(写真)。展望室からの眺めは、どのようなものであったのでしょうか。


omiy17b8.jpg


 その装飾の一つ、「牡丹」(写真)。これだけのものを、今造れるのでしょうか。


 戦中戦後の荒廃期を経て、復活時には装飾が破損し、戦後初の特急「へいわ」運転時には、ニコイチしなけらばならないほどで、同車のみが当時の様子を伝えます。それもあり、引退後青梅鉄道公園にて展示されていましたが、鉄道博物館創設時に、ここにやって来ました。


omiy17b9.jpg


 続いては、昨年の失念、ナハネフ22 1です(写真)。丸顔の流麗な緩急車、初代「ブルートレイン」20系客車の末尾を飾った、新製の寝台車です。座席車改造ではありません。


omiy17b10.jpg


 寝台は立入禁止でしたが、緩急室には入れました(写真)。半室は展望室、半室はブレーキ操作する車掌の業務用室でした。次回は、何時でしょうか。


omiy17b11.jpg


 「ムーミン」「カバ」EF55 1も、引退後同館の静態保存機となり、永くなります(写真)。水上の、EL用の転車台に、二度と乗ることがありません。


omiy17b12.jpg


 そして、10周年に合わせリニューアル中の同館、一足先に終わったキッズスペースでは、京浜東北線のATC高運クハ103が、塗り替えられていました(写真)。キッズルームなので仕方ありませんが、あまり見たい姿ではありません。


 国産初のディーゼル機関車、DD13 1も展示が開始されましたが、根性が無く、断念してしまいました。


 そして、銭湯に行き、翌日に備えましたが、徹夜運転が祟り、滞在先でそのまま寝てしまいました。


 そして日曜があるわけで、予想はつくと思いますが、そのとおりです。次回は、そうなります。


 それでは、次回をお楽しみに。


雨の内覧会

leg17a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名古屋市内で4月1日開業する、「レゴランド」の内覧会関係です。


 デンマークの一木工所から始まった「レゴ」は、現在は世界最大の玩具メーカーとのこと。その一つとして「レゴランド」があり、日本で最初の「レゴランド」が、この4月名古屋市にオープンします。その、内覧会に行ってきました。


leg17a2.jpg


 先ずは、招待状から(写真)。昨日の回もあったようですが、今日が当たりでした。


leg17a3.jpg


 朝イチで行くつもりが、寝坊し、バスに乗り、「あおなみ線」へ。駅から行列し、「ポートメッセ」の駐車場からの長い列と合わさり、かなり待たされる、と思いきや、30分程度で入場出来ました。エントランス(表題の写真)。正面は、「レゴランドホテル」と、「レゴランド・アクアリアム」の工事が始まり、2年後完成とのことです。


 入場は、TDLとほぼ同じ、飲食物持ち込み禁止で、他三脚等の持ち込み禁止物品があります。


 入場直前から雨が強くなってきたので、先ずは中心で展望出来る、「オブザーべーション・タワー」に行きました(写真)。


leg17a4.jpg


 「オブザーべーション・タワー」は、展望室が上下する、回転式の展望台。常に反時計回りに回ります。その駆動部(写真)。モーターと歯車、展望室を支持するいくつもの車輪が見えています。


leg17a5.jpg


 上昇中の展望室から、ジェットコースターが見えます(写真)。「ザ・ドラゴン」です。


leg17a6.jpg


 展望室を降り、園地を巡ります。「ザ・ドラゴン」を、地上から(写真)。横には「ドラゴン・アプレンティス」もあり、集客の分散が考えられています。


leg17a7.jpg


 5つのエリアを回りましたが、遊園地のブログでは無いので、割愛します。


 中心部には、「ミニランド」があり、レゴで造った建造物等が展示されます。


 最初は、「潜水艦」です(写真)。潜水時にはエアも吐き、ブクブクと沈んでいきます。



 その、浮上の動画です。潜水も撮っておくべきでした。


leg17a8.jpg


 続いては、名古屋港に静態保存される、南極観測船「ふじ」です(写真)。西側軍艦標準表示、影文字の「5001」や、後方のヘリ甲板まで完璧です。


leg17a9.jpg


 東京「歌舞伎座」(写真)。後には「レゴランド」スポンサーの一つ、「Canon」の看板も入っています。後は、銀座「鳩居堂」になっています。


leg17a10.jpg


 お台場駅(写真)。球形の部屋は、「名古屋市科学館」と共に、注目されます(フジテレビ)。


leg17a11.jpg


 駅としても外せない、日本一の高層ビルでもある、「あべのハルカス」です(写真)。近鉄の総本山、国内でこれより高いビルは、未だ現れません。


leg17a12.jpg


 山は、富士山、裏は羊蹄山になり、「北海道開拓の村」、エントランスの二代目札幌駅駅舎があります(写真)。


leg17a13.jpg


 大阪の、凱旋門に、高速が突き抜ける「丸ビル」で、真ん中に「大阪駅」(梅田)のようですが、建設中のようです(写真)。


leg17a14.jpg


 地下鉄か、堀割か、手押しトロッコが走ります(写真)。レゴもHOゲージを採用しているのでしょうか。


leg17a15.jpg


 N700Aが行き交う中、目の前に保線機械が止まり、本線工事中です(写真)。サイズはHOゲージか、Oゲージか、微妙です。


leg17a16.jpg


 そして、東京駅です(写真)。「アムステルダム中央駅を模した」などと言われる仮復旧時の姿では無く、辰野金吾設計に復元後の姿です。


 就活時、JR東に行った先輩に「東京駅を復元したい」と言ったら、遠回しに「勝手にしろ」と言われましたが、実際復元され、あの学閥は自社のやるべきことも分からず、冷や飯を食っているでしょう。JR東日本は、「優良企業」である以前に、「鉄道会社」です。その意味でも、私は「ネコ」なのでしょう。


leg17a17.jpg


 宮島のJRフェリーです(写真)。潮が満ち干する厳島神社と併せ、ロープウェイもあり、完璧に復元され、将来的には広電フェリーと交互に、宮島に接岸する予定のようです。


leg17a18.jpg


 「601?」そう、「渋谷109」の反対です(写真)。今や日本一の横断歩道、復元は完璧です。ただ、個人的には、裏道も知っている池袋の方が、汚いですが好きです。


 北海道から、中国地方まで、ジオラマ以外は全部レゴで造られています。四国、九州が無いのは、あちらに2つ目の「レゴランド」ができるのか?興味あります。


leg17a19.jpg


 そして、雨が強くなってきたので、勿体なかったですが、退場しました。門前には、フードコートも出来るようなので、再入場用のスタンプを押して貰い、持参お弁当や、前の店で食事も可能なようです。


 そして、駆け足で駅階段を登るも、寸手でアウト。1101始め4連が、走り去っていきます(写真)。


leg17a20.jpg


 列車接近を告げるので、見ると、あおなみ線08編成が「レゴランド」ラッピングになっています(写真、発車後)。内装も、レゴランドのキャラクターが入っているようです。なお、「レゴ」でも人間は、人間型パーツになっています。列車は、団体、プレスのみの乗車でした。


 そして、この列車について、乗車させるようボケた鉄ちゃんが交渉していましたが、明日以降一般車と混用され、走るようですので、下らないことは止めましょう。


 そして、帰宅しました。


 「なるべく公共交通機関を利用して下さい。」と書かれていましたが、その位書かないと、多分ほとんどの人は車で行くでしょう。そう、「ポートメッセなごや」のための、巨大立体駐車場を、皆知っているからです。今日も、約半数の人が利用していました。まあ、フィルムで撮るほどでは無いと思っていたので、一人で車に乗せるほど機材は必要なく、また三脚禁止で邪魔でもあり、安上がりに電車でも、十分です。別に、駅から遠いわけでも無いので、この位、良いでしょ!


 そして、このチケットには、一般入場券も入っており、正式オープン後に改めて訪問、ということです。アトラクションは軒並み2~3時間待ち、そんなに待って行かなくても、また、次回の楽しみにしたいと思います。


 また、従業員の応対も完璧で、あんなに感じよく接遇出来るのは、TDLか、そのレベルです。大変楽しいイベントでした。


 それでは、次回をお楽しみに。

The Bullet#3

bul16c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、九州最終日です。


 先回は筑後川可動橋で終わっていますが、翌日、則ち昨日が稼働日では無く、結果断念。鬼門です。


 そして、昨日は、九州鉄道記念館に行きました(写真)。


bul16c2.jpg


 先ずは、車両から。クハ481-246です(写真)。元は貫通型の先頭車でした。


bul16c3.jpg


 キャブ後方から(写真)。貫通路が設定出来るよう、かつ運転台に侵入出来ないよう、上手に工作がしてあるのが分かります。


bul16c4.jpg


 続いて、キハ07 41です(写真)。初期の気動車、単行用の車両です。当時は、こんな感じでした。


bul16c5.jpg


 同車の運転台(写真)。機械式でエアブレーキは無いらしく、左に回転式ハンドブレーキ、切り替えのレバーが見えます。


bul16c6.jpg


 車内(写真)。木材が多用され、現在は靴を脱ぎスリッパを履き見学します。現在の気動車の「始祖鳥」のような祖先であり、貴重な産業遺産です。


bul16c7.jpg


 続いて、クハ481-603、元はクロ481-5でした(写真)。特急「あいづ」から、長崎本線佐世保行き特急「みどり」、格下げされ特急「にちりん」を表示します。座席は回転クロスシート、二時代前の特急普通席です。


bul16c8.jpg


 続いて、クハネ581-8、後に近郊化改造されクハ715-1を名乗り、現在の姿になります(写真)。塗色は、復元されました。


bul16c9.jpg


 運転台下の、貫通路(写真)。これがクハ481 200番代の元設計、クハネ583に続きます。


bul16c10.jpg


 室内の、寝台を畳んだ様子(写真)。近郊化改造後、寝台は使用されません。


bul16c11.jpg


 側面方向幕(写真)。寝台特急「月光」は、山陽本線当時の昼行特急「みどり」の折り返し運用、「真夜中は別の顔」です。


bul16c12.jpg


 続いて、14系寝台客車、スハネフ14 11です(写真)。寝台特急「富士」のテールサインを出します。


bul16c13.jpg


 寝台(写真)。モケットは、JR九州のものに張り替えられています。


bul16c14.jpg


 「九州鉄道記念館」本館(表題の写真)は、民間鉄道「九州鉄道」元本社屋、後に「門司鉄道管理局」となり、更に門司港近辺のビルに移転、JR九州の本社となるも、現在は博多になります。同館は、「登録有形文化財」の登録がされています(写真)。明治期のレンガビル、当然と言えば当然です。


bul16c15.jpg


 そして、再び保存車、C59 1です(写真)。熊本以北限定のためよく「みずほ」牽引機となり、記憶に残ります。「汽車会社(現在は川崎重工に合併)」製造2000号です。


bul16c16.jpg


 同館エントランスの、9600形59674です(写真)。いつも、黒光りしています。


bul16c17.jpg


 同館そばにある、九州鉄道0哩起点のモニュメント(写真)。中国人親子が、レールを跨いでいました。


bul16c18.jpg


 九州最後の写真は、EF30 1です(写真)。板バネの客車、オハフ33 488を従えます。


 レンズは、「究極の低倍率ズーム」ですが、完全逆光でゴーストはやむを得ません。この程度で済むのも、現代のレンズ加工技術です。


bul16c19.jpg


 そして、今ツアーの最後を、西岩国にしようと思いました(写真)。元は「岩国駅」として開業も、山陽本線のルート変更で現在の姿になります。


bul16c20.jpg


 しかし、岡山県で日没、入口になる、笠岡駅前の「井笠鉄道」(廃止)ホジ9が撮れました(写真)。


 図に乗って、下津井の保存車も、とは思いましたが、お土産を買うだけで、残念でした。


 そして、今日未明に帰宅しました。


 本当に、時間的にも、金銭的にも、余裕のある状態で組みたいのですが、特に時間が無く、残念でした。遺漏は、また次回です。


 それでは、次回をお楽しみに。


特別公開

linq16f1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、再び「リニア・鉄道館」を取材しました。


 特別公開があると聞き、行きたくなったところ、ちょうど今日が空いていたことから、行きました。


 写真は、旧名古屋駅駅舎の時計を、移設したものです(写真)。


linq16f2.jpg


 特別公開まで時間があったので、ジオラマを見ています。写真はマルタイでは無く、レール削正車です(写真)。


linq16f3.jpg


 続いては、架線作業車です(写真)。


linq16f4.jpg


 そして、点検車が走り、作業は終了、また朝を迎えます。


 模型はHOゲージ、16.5ミリで、恐らくDCCで車両ごとに操作しています。


 数年前の年末に、大損害をもたらした沿線火災をギャグにして、消防車もバスコレと同じシステムで動かすユーモアもあります。


linq16f5.jpg


 続いて、第一種手動踏切であった、神宮前の「御田踏切」の、施設が移設されています(写真)。いわゆる「開かずの踏切」で、歩行者だけ半分開け通すこともありましたが、東海道本線と名鉄名古屋本線、常滑線の3複線で、ほぼ車は通れませんでした。


linq16f6.jpg


 今日は、0系先頭車、21-86の運転台が公開されていました(写真)。記念撮影もありましたが、心苦しかったです。写真を仕事とすることは、本当に大変です。


linq16f7.jpg


 そして、今日は「オハ35 206」から、公開されました(写真)。「佐久間レールパーク」閉園前イベント以来です。


linq16f8.jpg


 車内の様子(写真)。中央に白熱電球の照明、シングルルーフです。


linq16f9.jpg


 シート(写真)。クッション入りの布張りです。通路には真鍮で作られた穴があり、結核対策のタンツボだったそうです。


linq16f10.jpg


 台車(写真)。枕バネが板バネの、クラシカルな台車です。


linq16f11.jpg


 続いて、オロネ10 27の公開です(写真)。青帯ですが、一等寝台、冷房もあるそうです。


linq16f12.jpg


 シートの、昼の姿(写真)。ボックスシートになっています。


linq16f13.jpg


 セッティングの姿(写真)。屋根から上段寝台を降ろし、座席を伸ばし下段寝台にします。これが、581系・583系電車の元ですが、これはA寝台、電車はB寝台です。


linq16f14.jpg


 夜の姿(写真)。寝台が広がり、奥はカーテンが掛かり、寝台になっています。


linq16f15.jpg


 下段のベッドメークした姿(写真)。2段なので、楽です。


linq16f16.jpg


 寝台は禁煙なので、喫煙室がありました(写真)。


linq16f17.jpg


 その対面は、更衣室でした(写真)。カーテンがあります。


linq16f18.jpg


 その隣は車掌室です(写真)。専務車両が乗務できるようになっています。この向かいは、寝具倉庫です。


 両端には、洗面台とトイレがあります。14系以降の設計とは異なります。


linq16f19.jpg


 冷房用の、ディーゼル発電機(DG)です(写真)。燃料タンクもあります。個別電源であったため、10系ながらオ級になりました。


linq16f20.jpg


 車軸発電機(写真)。通常の、照明等の電源です。


 時期的には、「走るホテル」「初代ブルートレイン」20系と同じ、しかしあちらは編成で電源車があったので、約5t軽いナ級、同じ軽量客車でも他系列客車と併結がある10系では、個別冷房電源が必要なため、こうなっていました。ただ、車両構造は共通点も多いです。ナロネ21と、車内構造は同じです。


 引退後は工事用の宿泊に使用され、原型から変更があったため、復元したとのこと。大体こんな車両でした。


 そして、他の車両の記録をして、帰途に就きました。


 やはり、限定公開の時に行かないと、見る機会が無く、チャンスは逃せません。行ったことは、良かったと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

上洛(後半戦)

kyott16d1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回も、先回に引き続き「京都鉄道博物館」からです。


 館内放送が、入ります。「ただ今、入場制限を行っています。」とのこと。4月の開館時も1日で1万人でしたが、それに匹敵する入場があったのか。大入り満員です。


 展望テラスからは、東寺と、N700系が見えています(写真)。


kyott16d2.jpg


 この日の「SLスチーム号」は、大正生まれの8630(8620形)でした(写真)。SLの、ハチロクです。


kyott16d3.jpg


 北海道開拓使1、後の7101「義経」です(写真)。元は交通科学博物館の展示、同館閉館前に移動しました。明治期に、軸配置がモーガル、長距離形です。ポーター製、アメリカ西部の雰囲気です。


kyott16d4.jpg


 元はテンダ機だったものの、古くなり、入換用タンク機に改造された1080(1070形)です(写真)。形式入りのナンバーです。


kyott16d5.jpg


 梅小路の扇形庫は、歴史あるコンクリート建築、そのため重要文化財に指定されました(写真)。小さいのなら津山や米子にもありますが、この規模のものは他は豊後森のみ、あちらは現役の建物ではありません。


kyott16d6.jpg


 連絡通路から、扇形庫の全景を眺めます(写真)。17ミリの限界、もう一段の広角は、「超」がつきます。


kyott16d7.jpg


 そして、ジオラマに戻ります。EF510、「レッドサンダー」です(写真)。機関車もそうですが、LED3灯式の信号もリアルです。「出発、停止。」


kyott16d8.jpg


 阪急8000系、及び京阪8000系が並びます(写真)。阪急は、1300でも、9300でも、8300でも無く8000です。「京都線じゃないの?」とツッコミを入れてしまいそうです。


kyott16d9.jpg


 その横は、近鉄50000系「しまかぜ」です(写真)。ハイグレード特急、全席特急料金以外に追加料金が必要です。


 昔、ビスタカーⅢ世が30000系で、大きな番号だと思いましたが、バブル期に南海「ラピート」が50000系、今は小田急MSE60000系、東武70000系まであります。


kyott16d10.jpg


 287系、キハ81、103系ATC高運転台車、EF81牽引「カシオペア」が並びます。反対側には、581系もありました。


kyott16d11.jpg


 新幹線の高架には、おそらくW7系と、700系が並びます(写真)。JR西日本ですし。


kyott16d12.jpg


 E5系と、300系が並びます(写真)。F編成でしょうか。


kyott16d13.jpg


 中程度の規模の扇形庫です(写真)。イメージは梅小路と似ていますが、規模は遙かに小さいです。HOゲージでも、Nゲージでも、市販品の転車台と扇形庫もあります。


kyott16d14.jpg


 そして、貨車の展示へ。


 最初は、Oゲージの模型か、穀物用ホッパ車、ホキ2200形です(写真)。クリーム色で、他のホッパ車と区別されます。


kyott16d15.jpg


 車運車の名車、ク5000形、前は大型の石油タンク車タキ50000形です(写真)。


kyott16d16.jpg


 初期の国鉄コンテナ車、鉄板輸送用の蛇腹屋根付き無蓋車トキ1000形、大物車シキ600形です(写真)。


 貨車は本物を置けないので、本物はJRFコンテナだけです。


kyott16d17.jpg


 本線を、EF510-16が走行します(写真)。ジオラマと、ほぼ同じです。


kyott16d18.jpg


 続いて、関空行き「はるか」281系が通過します(写真)。


kyott16d19.jpg


 そして、出口は、旧二条駅舎(写真)。山陰本線の前身、京都鉄道の本社もあった建物です。


 改札を出てからミュージアムショップに入るのですが、入るだけで行列であったため、この日は断念しました。


 そして市電広場に寄り、お迎えのバスに乗りました。


 体調は、撮った写真にモロに出ます。精神状態が反映してしまい、後から後悔のショットとなってしまうので、止めました。増して、天候も駄目で、風邪を拗らせては仕方ありません。ということで、お許し下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR