故きを温ねて(Story2)#2

Kioq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、紀州方面を中心に巡ってきました。



 昨日から連休は始まったわけですが、それに合わせ一昨日夜に出発。最初は田辺市と決めており、天理経由で行けば距離的に近かったのですが、わざわざ紀伊半島を一周し、田辺市に到着。同市の会津児童公園には、C57 7が保存されます(写真)。今回のツアー第1枚目です。



Kioq2  続いて、御坊市に移動。紀州鉄道廃線区間、日高川駅跡へ(写真)。中央の2組の線路の外側にはホームの残骸があり、右の家はホーム上に建ち、左側にもホーム跡が残ります。現在同鉄道は貨物を扱っておらず、日本一のミニ私鉄として旅客を運送しています。



Kioq3  続いて湯浅町「なぎ公園」には、D51 737が保存されます(写真)。しかし塗装は傷み、正面と右側のプレートは紛失し、かなり悲惨な状態です。



Kioq4  続いて藤並駅に行き、有田鉄道(廃止)線路上に以前あったD51の写真を撮ろうと思いましたが、同駅からは撤去されました。残念に思いましたが、諦めて移動。同鉄道終点のあった金屋口を目指しました。



 金屋口には現在「有田川鉄道公園」があり、そこには藤並にあったD51、1085号機が移転保存されています(写真)。これでホッとしました。



Kioq5  同公園、D51の少し後から、廃線跡を利用し200メートル程線路が敷かれます。その中間には「有田川鉄道交流館」があり、交流館の後には保存車が並びます。最初はキハ605です(写真)。昭和34年東京汽車会社製です。出自は書かれていませんでしたが、元有田鉄道の営業車輌と思われます。



Kioq6  その後はDL(スイッチャー)、無蓋車ト1,有蓋車ワ12(蒲原鉄道の社紋が入っています)が並びます(写真)。



Kioq7  その後には有田鉄道の金屋口駅跡が残り、その横には検修車庫があります。そこに富士急行から有田鉄道に入線した、キハ58003と、樽見鉄道から入線したハイモ180-101が入っていましたが、先ずキハ58003が自走して出庫しました(写真)。営業時間前でしたが、中に入ることが出来ました。



Kioq8  車内の様子(写真)。基本的には国鉄キハ58をベースに造られていますが、富士急行に3輌在籍した同車、003は両運転台になっています。そのため001、002より長生きし、有田鉄道に残りました。シートはABCDではなく、全席数字でした。



「1-kiha58003idoling.wma」をダウンロード



 それでは、エグゾーストノートを。先ずは外から、アイドリングの音をどうぞ。



「2-kiha58003naka.wma」をダウンロード



 続いて、車内での音です。DMF17H機関、点検蓋が無く、静かです。なお有田鉄道で、2基あった機関のうち、1基を下ろしています。



「3-kiha58kikan-dmf17h.wma」をダウンロード



 機関の真横では、こんな音でした。





 続いて、動画を。出庫の様子をどうぞ。





 側面の露出部分からは、機関の駆動の様子を見ることが可能でした。



Kioq9  つづいてハイモ180-101が庫外に出てきました(写真)。自走か、他機の牽引かは不明です。その後には、保線用モーターカーが入っており、これは自走し出てきました。



 なお、11時まで待てばキハ58003の運転に乗車可能でしたが、この後の予定があり、泣く泣く断念しました。



 動態保存車がある同記念館はお薦めです。藤並駅からは遠いですがバスもあり、是非行かれては如何でしょうか。



Kioq10  続いて大型車通行止めの国道を通り、紀美野町へ。野上電鉄(廃止)の旧車群を撮りました。



 1枚目は、個人所有のモハ27です(写真)。構えていると、所有車らしい人が出てきて、喜んでいました。



Kioq11  そこからも程近い「くすのき公園」には、同モハ31があります(写真)。同電鉄は「大十バス」が引き継いだらしく、駅等は同社が使用している、と書かれていましたが、同社のバス車庫に建つ木造の建物が「登山口」駅舎かどうかは、判定できませんでした。



Kioq12  続いて、紀勢本線黒江駅にも程近い、室山団地児童公園に残る、南海和歌山軌道モ322です(写真)。保存はまあまあですが、配置が悪く撮影は困難で、超広角ズームで事無きを得ましたが、形式記録という点では原形を崩し歪んでおり、イマイチか。



Kioq13  続いて和歌山交通公園に残る、阪堺電軌モ217です(写真)。免許試験場も兼ねた交通センター内にあり、そのため「和歌山電鐵」交通センター前駅にも近い場所です。和歌山電鐵も、また乗りたいですねえ!



Kioq14  続いて和歌山市街中心部お城前の「岡公園」には、2輌の保存車があります。最初は、C57 119です(写真)。



Kioq15  もう1輌は、南海和歌山軌道モ321です(写真)。2輌とも金網に囲われています。こういう時は口径の小さなレンズのカメラは、金網の間に入れることが出来、メリットがあります。



 同公園、車輌の真横に駐車場がありましたが、2時間でも同じ料金で、ちょっと高かったです。



Kioq16  次は、岩出市根来SL公園に保存される、D51 930です(写真)。この機関車には保存会があり、丁寧に管理され、保存状態は非常に素晴らしい!私は足下に目が行かず、ライトアップ用のライトに足を引っかけ、痛かった!



Kioq17  次は、橋本運動公園体育館横に残る、C57 110です(写真)。金網に囲われていますが、塗装は少し古くなっています。



Kioq18  そして紀見峠を越え、大阪府に入ります。富田林市の幼稚園に残る、大阪市3012です(写真)。「あべの」という方向幕もそのままです。



Kioq19  場所を前後し、水間鉄道水間観音駅に残る、ク553です(写真)。以前は塗装も荒れるままだったような記憶がありますが、現在は塗り直され、美しい姿を見せています。しかしこれも正面左右の電柱が邪魔し、結局超広角のお世話になりました。



Kioq20  次は、浜寺公園に行きました。同公園南方の交通遊園には、2輌の保存車が残ります。最初は阪堺電軌モ130です(写真)。



Kioq21  もう1輌は、D51 469です(写真)。鉄道省大宮工場製です。これも、良い感じです。



 しかし同公園は広く、カメラを持っての移動は大変でした。まあ、ダイエットと思えば、良いか!



 なお、同公園には「こども汽車」があり、タンクSL風のDL牽引の列車が運転され、撮影もしましたが、逆光で、中途半端なシルエット写真になってしまいました。動画まで撮っていると、日没になりそうだったので、今回は残念でした。



Kioq22  続いて、訪問予定をかなり飛ばし、東淡路南公園に残る、EH10 61を撮りました(写真)。ある程度は予想できましたが、金網万全防備で、プレート等も複製になっており、かなり悲惨でした。目も細かく、間にレンズを差し込んでも写真になりそうになかったので、結果この写真を掲載しました。



Kioq23  そして最後は、菅原天満宮に残る、DF50 4です(写真)が、金網の向こうにガラス張りの建物があり、ガラスの手入れが良ければ良いのですが、長い間公開していないようで、あまり良い感じではありませんでした。一部は割られており、悪戯対策は大変だと思いました。



 そして間もなく日没、帰途に就きました。



 保存車は、良い状態のものもあれば悪いのもあり、今後を心配させるものもありました。少しでも永く残って欲しいものです。



 しかし、紀伊半島一周は遠回りでした。そのため帰宅間際には競走のしすぎでガス欠になり、帰れるかどうか際どいところでした。無駄な競走は、やめましょう。



 それでは、次回をお楽しみに。

雨天の翌日

Kisq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日及び本日の2日間、近鉄塩浜検修車庫にて開催された、「塩浜鉄道ふれ愛感謝デー」を取材しました。



 2日間開催という場合には、通常なら土曜に行きますが、今週の土曜(昨日)は強い雨であり、昨日は訪問を断念。連休シリーズの準備に充てました。



 そして快晴の今日、満を持して塩浜へ。駅から車庫へ直行し、撮影を。左からモト94(後にモト95)、元は機関車、現在は牽引車のデ32、そして団体列車「楽」20000系、20151始め4連です(写真)。今日は上本町発の、近鉄企画の団体ツアーも来ていたのでしょうか?



Kisq2  前後しますが、その横にある塩浜駅中川方面ホームには、団体専用車「あおぞらⅡ」15102始め4連が入線します(写真)。こちらは一般団体のようです。



Kisq3  その北側には、「はかるくん」クワ25始め2連が(写真)。クワ25は、台車を履き替え狭軌線にも入線可能、南大阪線のみならず元近鉄だった伊賀鉄道、養老鉄道にも入線します。その際の動力は、他の電車による牽引です。



Kisq4  相方、モワ24です(写真)。こちらは動力台車があり、狭軌線入線時は切り離され、標準軌区間で待機します。



Kisq5  その北側には保線機械、モーターカーとダンプトロリーが並びます(写真)。



Kisq6  一番北側には、マルタイが(写真)。プラッサー&トイラー社製(確かスイスの会社)、国内でも多数見かける車輌(機械か?)です。車体表記はスイスの公用語ドイツ語です。この3輌には解説のチラシが準備されていました。



Kisq7  動作部が公開されていました(写真)。通常は騒音防止のため、外側にカバーが掛かっています(作業は夜間に行うため)。





 前後しますが、一日に2回しか行わないマルタイの動作実演が行われていたので、早速録画しました。大体動作は同じですが、やはり精密な機械です。ただ実演できる線路の長さが短く、ちょっと残念か。



Kisq8  戻ると、子供達が電車と綱引きをしていました(写真)。車輌は2105を使用していました。



Kisq9  後には、綱引きの後車輌を元に戻すための牽引車がありました(写真)。軌陸車で、解説には「陸軌牽引車」と書かれていました。牽引時以外にはフォークリフトとしても使用できる機械です。



Kisq10  検修場には、一両一両をトラバーサに載せ替えるアントがあります(写真)。アントは、富士重製の機関を搭載しています。奥の車輌は2010です。



 この前、トラバーサの線路上では、三重のB級グルメの模擬店が並び、多くのお客を集めていました。



Kisq11  その反対、トラバーサの南側に当たる場所には、1361始め2連が入線し(写真)、子供の制服運転士体験が可能でした。



Kisq12  そして「楽」の隣まで戻ると、2534始め3連が入線し(写真)、車掌体験が可能でした。





 検修場に戻り、最初はマスコン操作体験を眺めます。手動のマスコンを制御すると、電車床下の主幹制御器のカム軸が回転し、ノッチを刻みました。カム軸の回転を動画で録ったのが、分かるでしょうか。





 続いて、パンタグラフの動作です。鍵を外すとバネの力で上に上がり、エアで下げる、という仕組みが分かるでしょうか。



Kisq13  最後に模型の運転を見ました。最初に見たのは、プラレール、”ビスタカーⅢ世”と、そのリニューアル版”ビスタEX”が連結し走っている姿です(写真)。奥はNゲージです。



Kisq14  待機する車輌には、”ビスタカーⅡ世”10100系、”エース”10400系から、最新の新”ACE”22600系まで並びます(写真)。反対側には”アーバンライナー・ネクスト”21020系や、今年リニューアルした”さくらライナー”26000系の新旧塗色が並びました(新塗色は社員の手作りのようです)。



 これで大体見たと思ったので、会場を後にしました。



Kisq15  まだ時間が早かったので、近鉄富田で降りて三岐鉄道に行こうか、桑名で降りて養老鉄道に行こうか、とも思い、富田には三岐鉄道101系が停まり、桑名には「ラビットカー」リバイバル塗装の車両が入線し、心が動きましたが、いずれも断念してしまいました。三岐鉄道に乗れば1日乗車券は北勢線まで有効であり(1,000円はお得だと思います)、片方では勿体なく、養老鉄道も1日乗車券は揖斐まで有効であり(これも1,000円で非常にお得)、これも完乗でなければ勿体なく、また次回以降に。



 そのまま乗り続けると、桑名の少し先で、窓から関西本線貨物が見えました(写真、DD51 899ほか)。四日市跳上橋は2回取材していますが、またそのうちに。



Kisq16  そして黄金からは、右手にJR東海名古屋車両所・名古屋工場が見えます。最初は、転車台です(写真)。SL時代からのものと思われますが、現在はキハ85の方転用に使われます。



Kisq17  そしてもっと撮りたくなり普通で戻ります。丁度先程のDD51 899が、貨車を切り離し単機で回送されます(写真)。



Kisq18  最後は、313系電車のようですが、残念、キハ25 102及び2、P2編成です(写真)。



 ここから米野で降りて、車両所を跨ぐ歩道橋から構えようとも思いましたが、止めました。



 最も残念だったのは、キヤ95を撮り損ねたこと。今朝も名古屋車両所で顔を出しており、2編成のうちの1編成が確認できたのですが、帰る頃にはありませんでした。実車は「ムーンライトながら」を待つ時に一度出くわしただけで、記録が無く、残念に思っています。



 今日のメインイベント、塩浜では今年も色々見ることが出来、良かったと思います。そりゃ、五位堂のように広くはありませんから、展示も限界がありますが、また来年に向け新たな展示を考えてくれるでしょうから、そちらも期待したいです。



 それでは、次回をお楽しみに。

博物館に入る前。

Toq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、豊橋鉄道市内線モ3702の、思い出写真からです。



 先日豊橋市の施設「こども未来館」の展示室に入るモ3702を、外からお届けしました。いつ引退したのだろうと思い、過去の写真を見ていると、平成19年3月25日に引退イベントを行っていました。その当日、最後の営業運転を迎えた姿(写真)。どこかの団体が借り切り、豊橋駅前電停から運転されました。



Toq2  同所にて、位置を変えた一枚(写真)。大体こんな配置です。



 この後、車庫のある赤岩口電停まで運転されたようです。



Toq3  そして赤岩口車庫で行われた、撮影会からの一枚(写真)。前と同じ向きのようですが、入庫線でスイッチバックした後、丁度正反対の位置です。方向幕は黒い「駅前」の表示です。



Toq4  そして今では絶対に撮れない、モ3102とのツーショット(写真)。モ3702は元名古屋市電1200形、モ3102は元名古屋市電1400形、塗装は変われど元は同じ名古屋市電同士です。



 モ3702の、現役最後の姿が残っていました。カメラはD200で、画像はRAWではなくJpegで、後からするとしまったなあ、とは思うのですが、まあ修正の要る写真ではなかったので、今回は影響ありませんでした。でも、今後モ3102も、どうなるのでしょうか。心配ではありますが。新車の投入時は、注意が必要ですね。



 それでは、次回をお楽しみに。

故きを温ねて(Story2)#1

Sitq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、東海地方各地の保存車輌を取材しました。



 例によって昨晩自宅を発ち、未明に静岡入り。今日の最初は、国鉄清水港線(廃止)三保駅跡に保存される、DB152と、タキ8453です(写真)。DB152は15トン級ディーゼル機関車(入換用スイッチャー)、昭和45年日車製です。タキ8453(タキ8450形)は昭和40年日車製のアルミナ用タンク車、清水港線廃止まで使用されました。



Sitq2  反対側には、三保駅のホーム跡と思われる遺構が(写真)。桜は、葉桜になりつつあります。



Sitq3  続いては、清水市(現「静岡市清水区」)中心街に近い、フェルケール博物館へ。中には、船の模型に混じり、静岡鉄道65のOゲージ模型がありました(写真)。



Sitq4  隣には、清水港線の現役当時の写真パネルが展示されます(写真)。



 実は、同博物館には実車の保存がある、と書かれていたので行ったのですが、信号機以外の保存はなく、残念でした。



Sitq5  続いては、静岡市葵区の、城北公園へ。同公園にはD51 146が保存されます(写真)。ヘッドライトの球は残りますが、保存状態は、まあこんな程度か。キャブは金網で覆われていました。



Sitq6  続いては、焼津市の小石川公園へ。C50 96が保存されます(写真)。まあ、普通か。キャブはそのままでした。



Sitq7  続いては、島田市の中央小公園へ。D51 101が保存されます(写真)。保存状態は良い感じですが、側面のネズミ返しのような工作が、イマイチです。イタズラ対策は、難しいですねえ。



Sitq8  続いては、掛川市の中央公園へ。C58 48が保存されます(写真)。ヘッドライトの球も割れ、塗装もイマイチ、今後が心配です。



Sitq9  続いては、浜松フラワーパークへ。同園には、鉄道省濱松工場(現「JR東海浜松工場」)製のD51初号機(昭和12年製)、D51 86号機が保存されます(写真)。花を中心としたテーマパークの、遊園地の隅に保存されます。保存状態は良好ですが、入場料800円がネックか。



Sitq10  続いては、豊橋市地下資源館に保存される、元紀州鉱山のバッテリーロコ205と、客車44です(写真)。狭い坑内用の車輌です。



Sitq11  同館には、バケット付きの車輌も保存されます(写真)。バケットで鉱物をすくい、後のトロに入れます。



Sitq12  同館からも近い、豊橋動植物公園内に保存される、D51 89です(写真)。閉園間際で嫌がられましたが、入場料600円を払ったので、通してもらえました。しかし慌てていたために、出自等の看板や、製造プレートを写し忘れてしまいました。保存状態は良好です。



Sitq13  そこから田原市内に移動、サンテパルク田原へ。同園には、豊橋鉄道デキ211が保存されます(写真)。凸部には横向きの運転台があり、巨大な電車形マスコンが鎮座し、”GENERAL ELECTRIC”という刻印がありました。



Sitq14  同所にはもう一両、デワ11があります(写真)。電動貨車、中は木製の床であり、マスコンは「東洋電機」でした。



 これらの2輌は、豊橋鉄道渥美線で使用されていたものと思われますが、同線の1,500V昇圧により使用不能となり、昇圧対応改造も行われず引退したものと思われます。



Sitq15  最後は、豊橋市こども未来館の有料展示室内にある、豊橋鉄道市内線モ3702です(写真)。既に同館の閉館時間を過ぎていたので、ガラスの外からの撮影となりました。名古屋市電1200形だった当時そうだったのか、前後の集電用ポールも復元されています。しかし、最近まで現役だった同車が保存車になるとは、残念。また、開館時間中に来たいですね。



 今回は、新しい鉄道地図を購入したため、新たに判明した場所を取材しました。しかし、全国レベルでの調査をする財力があるのでしょうか。また、同地図にも東北地方は載りますが、先の地震でどう変わってしまったのか。そこまで考えたくありません。



 #2は、構想はありますが、実施時期は未定です。また、そのうちに。



 それでは、次回をお楽しみに。

今なお現役

Kaoq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日行われた片上鉄道保存会による実演運転を中心にお届けします。



Kaoq2  昨日は未明に大阪入り。そして朝のツアー集合場所に行き、ツアーバスに乗車。そして岡山県に入り、吉ヶ原へ(写真)。同所には片上鉄道の保存車輌があり、動態保存車も多数です。



Kaoq3  既に展示運転用のキハ702(元国鉄キハ07)が、準備完了しています(写真)。同車も、動態復元された保存車です。早速乗車しました。



Kaoq4  運転台の様子(写真)。オープン式の運転台、古い制御機器がよく見えます。左端には、回転式のハンドブレーキが見えます。



Kaoq5  車内の様子(写真)。九州鉄道記念館に残るキハ07と同様ですが、向こうがニスなのに対し、同車はペンキで塗装されています。シートはモケットで、ビニールクロスのキハ17系より立派です。間もなく発車です。



「1-kiha702.wma」をダウンロード



 同車の添乗音です。わざわざ機関の上、点検蓋に注意して見つけた場所で録音したものです。





 同車の運転の動画です。今なお現役、よく走ります。



Kaoq6  1番線、線路の端、2番線、線路の端と往復し、1番線に戻り1回が終了です。降りた私は、保存車を記録します。



 最初は、キハ312です(写真)。昭和32年宇都宮車輌(後の富士重工、現在は閉鎖)製の自社発注車でした。これも動態保存車です。



Kaoq7  続いて、キハ303です(写真)。同様にこれも動態保存車です。



Kaoq8  そして、最大の呼び物、DD13 551(国鉄DD13をベースに製造された車輌)の運転です。なかなか整備が難しいらしく、動いているところを見るのは難しいらしいですが、強運に恵まれ、見ることが出来ました。





 運転の動画です。DD13が煙を吐いて、動く様子が分かります。



Kaoq9  そしてホハフ2004を牽き、入換、先ほどのキハ702と連結しました(写真)。この状態で、お客を乗せ運転しました。



Kaoq10  ホハフ2004の車内(写真)。先ほどと同様ですが、背ズリにクッションがありません。オープンデッキの客車で、運転中はデッキに出ないよう注意されました。



「2-DD13-551.wma」をダウンロード



 DD13 551に近い位置での録音です。DMF31のサウンドを、初めて聞きました。



 そしてこの乗車を終え、後半戦に向け出発しました。



Kaoq11  後半戦は、岡山電気軌道です。清輝橋電停まで移動し、そこから乗車。丁度お迎えの3005(元東武日光軌道線110、軌道線当時の塗色を復元)がやって来ました(写真)。





 入線の様子です。ブレーキ音以外、ほとんど音がしないのが残念。



「3-3005.wma」をダウンロード



 清輝橋から、岡山駅前までの添乗音です。吊り掛けモーターの音が、素晴らしい!



「4-3005bell.wma」をダウンロード



 貸切電車だったため、停車のベルを鳴らす必要はなかったのですが、録音したかったので、特別に鳴らしてもらいました。



 そして車庫もある東山電停まで移動、そのまま中に入ってしまいました。



Kaoq12  電停には、岡山電軌系列となった「和歌山電鐵」の、「たま駅長」のラッピング車がやって来ました(写真)。



Kaoq13  3005の方向幕には、日光軌道線当時のものか、復元か不明ですが、古い幕が入っていました(写真)。「日光駅」と表示されます。



Kaoq14  同じ出自の3007”KURO”と並びます(写真)。3005の、「東照宮前」の方向幕も注目。



Kaoq15  電停には、最新の低床車、”MOMO”がやって来ました(写真)。車庫の道の反対側が整備工場で、一般公開は行っていないそうです。



「5-3007.wma」をダウンロード



 そして時間が来たので”KURO”に乗車。岡山駅前までの添乗音です。同じといえば同じ、違うといえば違います。



Kaoq16  そして岡山駅前で下車(写真)。ここで帰りのバスが待ち合わせ、帰途に就きました。



 なお、3005及び3007は、非冷房のため5月いっぱいで夏休みになるそうです。ご注意を。まあ、録り鉄には冷房音は邪魔ですが。



 帰り道、バスの座席で高速を走る最中に、投稿を試みました。現在高速道路では、ハンズフリーを前提にトンネル内でも携帯が使えるよう整備されています。電波はXiではなくHSDPAで整備されているようで、音声のアップロードは無理でも軽い写真なら送れました。そこで最後のテキスト送信を行おうと思ったところ、渋滞が原因で直前に道路が変わり本四道になってしまい、トンネルで通信不可になり、全部パーになってしまいました。携帯使用料と併せ、天を仰ぎました。しかしそのお陰で、音声も送れる環境下で投稿を行っているのでした。動画も、請うご期待。



 やはり、古いものが残っていることは、良いことです。保存は非常に手間が掛かりますが、それが「動く」ということは、何物にも代え難いのです。このまま、出来るだけ永く残って欲しいものです。



 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR