紀州路(後半戦)

Kkoq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日午後分、紀州鉱山トロッコを取材しました。



Kkoq2  新宮を発った私は、三重県に戻り、熊野市旧紀和町を目指します。紀和町中心街に、「熊野市紀和鉱山資料館」があります(写真)。



Kkoq3  資料館前には、各種車輌が静態保存されます(写真)。前からバッテリーロコ610、木造客車、鉱石用の貨車で、貨車の上にはバケットが吊されています。横は、内燃機関か。



Kkoq4  隣には小型のバッテリーロコ230、軌道自転車があります(写真)。移動用の転車台が見えます。線路は全部繋がっており、館内に続いています。



Kkoq5  そして、中に入ります。入館料は500円です。紀州鉱山の歴史、及び鉱石が2階に展示され、エレベーターで坑道に下りる、という構造ですが、先日の台風による浸水で故障中だそうです。1階に戻り、坑道を模した展示があります。写真はバッテリーロコNo.415、後には坑内用客車が続きます(写真)。



Kkoq6  反対側、外から続く線路には、バッテリーロコ229、鉱石用貨車が続きます(写真)。



Kkoq7  その後には、バケット付きの車輌があります(写真)。これで鉱石をすくい上げ、貨車に載せます。



 職員の方の話によると、先日の台風12号の際には、同館は膝まで浸かるほどの浸水をしており、各種設備は故障、ほかパンフレットもほとんど駄目になってしまったそうです。数少ない生き残りを戴き、この後の行き先の手がかりにしました。



Kkoq8  それは、紀州鉱山トロッコの動態保存が見たかったからです。同館から車で10分ほど、熊野川沿いにある「瀞流荘」という公営の宿から乗車できるとのこと。現地へ行くと、今日はイベントがあるらしく、手前のグランドの臨時駐車場に車を停めました。そこから歩くと、「瀞流荘」の前に、写真のような看板がありました(写真)。期待できます。



Kkoq9  トロッコ駐車場では、イベントが行われていました。会場脇には木造の建物があり、トロッコの乗車券(片道200円、往復400円、別に記念乗車券100円)を売っていました。トロッコは、ここから湯の口温泉まで、1日に5往復程度走っているようです。あと30分で次の列車が出る、と出ていました。



 駅舎を出ると、その向こうには、上屋付きのホームがありました(写真)。トロッコ小口谷駅です。



Kkoq10  駅には、小型のバッテリーロコと、新造の客車2両が停まります(写真)。客車は、2軸単車ながら営業用の車輌でした。



Kkoq11  間もなく、湯の口温泉を出た列車が、到着しました(写真)。バッテリーロコは明延でも見たようなものですが、客車は木造で、鉱山営業当時から使っていたような雰囲気の車輌でした。





 そして折り返しのため機回しをします。連結器はリンク式でした。チェーンとバンパーの、ヨーロッパでよく見る方式です。



Kkoq12  そして出発準備をします(写真)。お客が乗り込みます。





 そして定刻になり、発車します。本当は乗車したかったのですが、戻ってくるのは1時間半後で、温泉に入るには丁度の時間ですが、帰宅が遅くなると思い断念しました。



Kkoq13  そして列車はトンネルに吸い込まれていきます(写真)。



 紀州鉱山操業時はトンネルも多数あり、複線で運転するほどだったようですが、現在は、トロッコ列車が走る区間以外は封鎖されているそうです。そういえば駅の反対側のトンネルも、少し先で止まっていました。



 そして、帰宅しました。



 紀州鉱山トロッコは、またそのうちに、機会があったら是非乗車したいですね。やはり、生きた鉄道ですから。



 それでは、次回をお楽しみに。

紀州路(前半戦)

Kikq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、紀勢線方面を取材しました。



 前々回(先週)もここへ来たのですが、雨でカメラを出さず、結果ガソリンの無駄遣いをしました。そこで今週は取材自体止めにしようとも思いましたが、「晴れる」とのことで、前夜発。ポイント近くで夜を明かしました。



Kikq2  朝を迎え、船津~相賀間の予定ポイントで構えます。間もなく、DD51牽引貨物が接近します(写真)。



Kikq3  短いながらも編成全体が見えます(写真)。



Kikq4  そして行き過ぎます(写真)。今日は、DD51 1805号機、DD51最終号機でした。



 しかし時期が悪いのか、草が伸びて足回りがイマイチです。周りの草など、時々しか刈らないでしょうから。





 動画です。DD51 1805は、エンジン音も高らかに行き過ぎました。



 そして直ちに機材を片付け、次の目的地に向かいます。



Kikq5  次の目的地は、紀勢貨物の終点、鵜殿です。鵜殿に荷主の紀州製紙の工場があり、ここの製品が荷物として運ばれます。



 しかし、既に列車は到着しDD51を切り離しており、カメラには入換中のDD51しか写せませんでした(写真)。既にファンが数人、この場所で撮影していました。



Kikq6  DD51が停止すると、他のファンは皆帰ってしまいました。線路上では、紀州製紙への入換用スイッチャー、No.9が待機します(写真)。専用線への牽引機です。



Kikq7  間もなく発車、貨車に接近します(写真)。



Kikq8  そして連結、出発を待ちます(写真)。



Kikq9  側方から見ると、写真のとおりです(写真)。No.9は、製造年不明ながら日立製です。





 そして、専用線に向け出発しました。



Kikq10  仕事を終えたDD51 1805は、帰りを待つ間、同駅に停泊します(写真)。午後の帰りまで、当分時間があります。



Kikq11  時間があったので、次の駅、新宮へ行きました。新宮駅北の停泊施設には、先日はあったキハ48も、キハ85も、381系「くろしお」も無く、JR東海キハ11の編成が2つ、そしてJR西日本105系電車2本のみが残ります(写真)。最後の381系も、この前の晩に移動したのか。



Kikq12  そして新宮駅2番線には、キハ48 6805及び5802の普通多気行きが、出発時間を待ちます(写真)。ご覧の通り、クモヤ145もありません。



 鵜殿にいたファンが、DD51切り離し後すぐに帰ってしまったのは、多分前の晩に381系の甲種輸送を撮ったからで、小型機など興味も湧かなかったのでしょう。私は、小さいのも好きなので、必ず撮りますが。確かに先週も、尾鷲を午前2時半前後に通過する汽笛を聞いたので、他の列車の走らない時間、そんな時間に通るのか、とも思いましたが。正確なデータは既に抹消され、確認のしようもありません。残念でした。



 そしてこの後がある訳ですが、長くなるので次回とします。



 それでは、次回をお楽しみに。

東武警察(PartⅡ)

Tosq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日開催された「東武東上線森林公園ファミリーイベント2011」を取材しました。



 通常、東上線森林公園でのイベントは春に行われるのですが、今年は震災と節電で春は中止となってしまい、他の多くのイベント同様秋まで延期されました。やっと首都圏も落ち着いてきた、ということでしょうか。



 前日晩に自宅を発ち、未明に埼玉県に到着。ロックのない自己申告制の駐車場に停め、時間を待ちます。しかし、昼寝をし過ぎ、最初に入るはずが行列が長くなってから並んでしまい、最初の一番美味しいところを逃してしまいました。



 そしてエントランスには、写真のような「ようこそ森林公園検修区へ!」の看板がありました(写真)。



Tosq2  真っ先に行くのは、撮影会場。メインステージには車輌が並びます(写真)。左から、8111始め6連(8000系)、9105始め10連(9000系、ヘッドマークは「和光市~志木複々線化 62.8.25」)、11006始め10連(10000系、「越生観梅号」)、31611始め6連(30000系(本線からの移籍)、「ファミリーイベント」)、51091(50090系”TJライナー”用、「FLYING東上線」)10連です。東上線主要系列を網羅しています。



Tosq3  隣には、50090系51095始め10連が、編成を見せています(写真)。いわゆる”L/Cカー”である50090系、夕刻以降”TJライナー”の運用に就きます。50000系、50070系とは青帯で区別がつきます。典型的な日立製”A-Train”です。



Tosq4  並ぶのは51095始め10連、51073始め10連(50070系(地下鉄有楽町線・副都心線乗り入れ用車輌))、51074始め10連、51005始め10連(50000系)、11638始め6連(10000系)です(写真)。



Tosq5  奥では、50000系量産車初号、50002始め10連が、出発を待っています(写真、50002)。50000系初号編成51001Fは正面非貫通で、運転台正面にドアがありません。それは同編成のみの特徴ですが、数年前の同イベントでの展示車だったのでしょう。今年はありませんでした。



Tosq6  8000系モデルチェンジ前の8111F、8111の、ヘッドマーク(写真)。”Thanks8111”となっています。かつて8000系がセイジクリームだった時代、正面は同デザインだったにもかかわらず、行先表示は貫通路の系統板で行っていました。そこをかなりキビシく突っ込んだ関係で、現在のように車輌の方向幕で行うようになったのでした。丁度現在の塗色に変更する頃でした。



Tosq7  8111始め6連の編成写真(写真)。8111Fは、かつて東上線の9割を占め、同一系列としては私鉄最多車両数を誇った8000系の、正面更新前の姿を残す最後の車輌、この春引退しました。多分来年はこの姿を撮れないでしょうから、今回来た甲斐がありました。



Tosq8  8111Fの左隣では1線空けて、51072始め10連が、「東武博物館」館長トークイベントに使われるべく準備しています(写真)。地下鉄トンネル内で事故があった場合は、写真のとおり貫通路から梯子を下ろし、車外に脱出します。



Tosq9  更に左隣では左51007始め10連、右51006始め10連が並び、子供制服記念撮影のために並びます(写真)。51006には「ファミリーイベント」のステッカーが貼られ、この前で撮影します。



Tosq10  間には、8000系正面更新車、左8183F、右81100F各4連が並びます(写真)。「車輌編成表」によると、越生線および東上線小川町以遠のワンマン用車輌です。



Tosq11  もう一つの子供制服撮影会会場は、8138始め4連と、8177始め8連の前でした(写真)。8138Fは、フィルム式方向幕のままです(他はLED式)。丁度バブルの頃から、正面更新工事が始まりました。



Tosq12  一番左端の線路では、8559始め2連が、運転台体験車輌として、公開されていました(写真)。



 8000系は、当初4+2連が基本だったようですが、後に貫通6連が登場、最終的には編成番号を2つ使い8連貫通編成が出来、今の姿になりました。



Tosq13  撮影用の車輌を撮り、大体終わりと思った頃に、出発を待つ9002始め10連を捉えました(写真、9002)。10000系が出た時は、「何故9000系は1編成しか無いのに、番号を飛ばしたのか?」と思っていましたが、有楽町線直通が開始され9002以降が登場、納得しました。



 そして帰宅しました。



 東上線社員に「沿線史上最高の美女は?」と聞くと、多分間違いなく「T駅」と答えるでしょうが、そんな美女と恋に落ちる、ということ自体現実的ではない話です。それを信じた愚か者は、未だ買い手がつきません。そんな、高校の入学式にオートクチュールのドレスを着てきた女性に!もっと社会を知らねばなりません。



 そういえば、再来週は東武の南栗橋でのイベントがありました。いくら燃費の良い我が愛車でも、往復すると大体タンクが空になります。そんな頻繁に行って良いのか、とは思うのですが。”PartⅢ”が実現するか、検討したいと思います。



 それでは、次回をお楽しみに。

噂の真相(想い出はいつの日も雨)

Sitq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、紀勢本線関連です。



 今年の台風12号で、紀伊半島は大きな被害を受けました。紀勢本線も各地で寸断され、現在も不通区間が残ります。そのため、JR西日本とJR東海の分岐駅である新宮に列車の停泊施設があるのですが、そこに多数の車輌が残されたまま何所にも行けず、長期残留となってしまいました。



 しかし、先日JR東海側が仮復旧したことに伴い、先週の金曜日長期残留していた283系「オーシャンアロー」基本編成が、名古屋経由で京都総合車両所に帰庫したとの由。撮影によるトラブルが予想されたため、一部のマスコミ以外には運転日時は極秘となっていましたが、某鉄道雑誌Web版に載ってしまい、そこで各地で記録した人がいるようです。本当は新宮発の動画を新聞社だけが投稿、の筈が、YouTubeには他の地点での動画も多数投稿されていました。そのため関連JR各社が抗議、私が閲覧した時には、そのページから既に削除されていました。しかしYouTubeの記事には、「来週の金曜日、営業終了後に「甲種輸送」が行われる。」とも書かれ、真偽を確かめるために、仕事を早退し新宮に向かいました。



 新宮は和歌山県の一番端、三重県に接します。高速で行くにも道路が無く、結果一般道を飛ばしましたが、出発が遅かったために、到着は残念ながら日付が変わる直前でした。新宮駅前の踏切で停まると、鳴動して閉じます。「いや!これは?!」と思うと、今日の名古屋発最終「南紀7号」が運用を終え、停泊施設に入線するところでした。JR東海側も営業が終わり、JR西日本側は営業しておらず、結果今日の列車は終わり。駅前の居酒屋とタクシーを残して、駅は営業を終了、照明も落ちています。



 仕方がないので、車を停め、踏査へ。踏切の北側の路地を入ると、構内の全景が見渡せるのが分かり、車を移動させます。新宮駅の駅裏から眺めた全景(写真)。一部の照明を残し、お休みモードに入っています。Nikon1のRAWも、良い感じです。



Sitq2  停泊施設のアップ(写真)。左から、JR東海キハ48、JR西日本381系(特急「くろしお」、パノラマグリーン車が先頭)、JR東海キハ85(特急「南紀」、長期残留していたと思われる)、JR西日本105系(普通電車)です。



Sitq3  その隣の洗浄線が空いており、その隣に105系が(写真)。これらが救出されるのは、当分先の話です。



Sitq4  そして一番北側の線路には、先ほど入庫したキハ85「南紀7号」が今日の運用を終え、明日の一番列車「南紀2号」の運用に備えます(写真)。構内の信号施設は稼働中でした。



Sitq5  これで終わり、「今日は駄目だ」、と思った瞬間、ホームに怪しい影が(写真)。ナンバーをアップで撮っても、車番が読めません。仕方なく駅前に戻り、近づくと、「クモヤ145-1051」と書かれていました。「牽引車」と呼ばれる車輌で、荷物電車等の現在の姿です。



 先日の「オーシャンアロー」甲種回送のYouTube動画は、多くの人が閲覧していると思いますが、機関車DD51と「オーシャンアロー」の間に、同車が連結されているのが分かるはずです。あまり詳しくない方が「何故中間にあの車輌が連結されているのですか?」とコメントを書かれていますが、知っている人には当然のことで、回答は無いようです。敢えて言うなら、DD51と電車はブレーキのシステムが違い、読み替えが必要なため、読替装置として中間に連結されているということです。緊急時の一時移動なら中間連結器だけで直接繋ぎますが、最終的には京都まで相当のスピードで牽引するため、連結されている、ということです。疑問は解消できたでしょうか。



 しかし、架線には「き電」されていない筈です。ということは、クモヤ145は、パンタを上げても動けない、ということです。しかも2編成残留していた筈の381系も1編成のみで、牽引機DD51もありません。つまり、今後のためにクモヤ145を2両輸送し、うち1両を使用し381系「くろしお」を甲種輸送した後だ、というのが分かりました。時、既に遅し。鉄道中心に生きていくことが出来れば幸せですが、それでは仕事も出来ず、生活が不可能になってしまいます。まあ、これが限界か。



 そして、翌朝気を取り直し、紀勢貨物、と行きたかったのですが、今日は雨が激しく、(自宅から遠い山口・島根を走る)岡見貨物なら強行して撮ったでしょうが、まあ次回もあるから、とカメラの浸水を避け、眺めるだけにしました。しかし、今日も国鉄色だったよなあ!



 そして帰宅しました。



 「噂の真相」は、確認できませんでした。まあこれ以上のことは、鉄道で生活している人に任せ、私は個人で可能なレベルでの撮影を続けていきたい、と思います。



 それでは、次回をお楽しみに。

寒暖激しい日に。

Gonq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日と本日開催された、”きんてつ鉄道まつり2011”をお届けします。



 例によって金曜の晩に自宅発。そして車中泊、未明に五位堂に。そして朝早くに行列に入りましたが、部品目当ての人々は多数、行列は長いものでした。



 そして30分ほど前に門の中で行列を。部品の行列、記念品販売の行列と分かれて、一般の行列に入ります。部品目立ての人々は「金のない奴!」と笑っていましたが、仮に金があっても部品を管理することが出来ず、結果宝の持ち腐れになってしまうのです。



 そのお陰で開場最初に撮影会場になだれ込むことが出来、良い写真が撮れました。最初はクワ25(モワ24)、「はかるくん」です(写真)。保線職員はお許し下さい。



Gonq2  続いてその右には20000系団体車「楽」、隣は21000系「アーバンライナー・プラス」です(写真)。「楽」は1編成のみの存在で、特定は可能ですが、21000系は12編成あり、同車のナンバーは21109に見えます。



Gonq3  一列ずれて21000系の隣は、22600系”Ace”です(写真)。22600系は22601と見え、4連初号編成と思われます。一般型最新の系列、12200系「スナックカー」の置き換え用です。



Gonq4  その横は23000系「伊勢志摩ライナー」、その左はサイリスタチョッパ制御の3500系、3501始め4連です(写真)。23000系は23106他6連、最終編成です。3501は制御装置及び車体の都合から同編成のみの単独運用であり、いわゆる「珍車」の部類に入ります。



Gonq5  段を上がり、その隣には、602始め3連が(写真)。養老鉄道の編成ですが、同工場で整備されます。



Gonq6  最後は「ビスタカーⅢ世」30000系、30207始め4連です(写真)。ビスタEXにリニューアルしてから既に10年あまり経ち、再度リニューアルが施されます。



Gonq7  昨年は中に入れたデハ1、今年は外観だけになりました。木造車輌の公開は、なかなか難しい。



Gonq8  奥では、5800系5813始め6連、”L/Cカー”が、ローレル賞受賞ヘッドマークと、「祝 上本町-五位堂」の方向幕を掲げています(写真)。”L/Cカー”は、時間によってクロスシートとロングシートを切り替え可能な車輌、近鉄が最初で、現在は東上線などにも同様の装備の車輌があります。



Gonq9  一番奥では、運転士体験・車掌体験のため、左奥1363始め2連、右手前9126始め2連が用意されます。



Gonq10  今年のリフティングは、”シリーズ21”、9024でした(写真)。空中で撮影タイムです。





 リフティングから台車入れまでの動画です。奥でのジャッキ載せは移っていませんが、お許しを。



Gonq11  リフティングの合間の、修繕中の車輌たち(写真)。手前に5805が見えます。今年は特急車は入っていませんでした。近鉄の一般形の系列は膨大で、市販の編成表無しには、説明できません。



Gonq12  間もなく「マルタイの実演がある」と放送が入り、移動します。「はかるくん」の東に、マルタイが待機します(写真)。





 動作実演の様子です。継ぎ目を避けたり、色々芸の細かいことが出来る機械です。



Gonq13  その反対には、保線用軌陸車が2台並びます(写真)。どちらも架線関連の車輌です。車は前が一方ですので、向きを変える時、および道路に出る時に、中央のジャッキで車体を持ち上げ、線路に載せたり、道路に出たり出来ます。この状態なら、人力で軽々回せます。



Gonq14  工場に戻り、狭軌車輌の牽引及び台車運搬をする電動貨車、モト97・98です(写真)。狭軌車輌は仮台車に履き替え標準軌線区に入り、同車に牽引されます。床下ピット探検に展示されました。



Gonq15  続いて、部品展示を。最初はCP・MGの展示で、MG(電動発電機)は正確に正弦波の三相交流を発生していることが、横のカラーオシロスコープで分かりました。





 CP(コンプレッサー)の動作の動画です。ブレーキ系、及びドア開閉の動力として、重要な装置です。





 続いて、ブレーキの動作の動画です。以前はエアの音と動作が一致していない感じでしたが、関係者の努力の結果、一致するようになりました。



 そんな感じで撮るべきは撮ったと思ったので、会場を後にしました。



Gonq16  続いて行ったのは、信貴山下駅にも近い、三郷小学校に保存される、C57 160です(写真)。一応学校の中ですので、宿直の先生の許可を得て撮りました。



Gonq17  続いて王寺駅からも近い公園に保存される、D51 695です(写真)。悪戯がしにくい場所ですが、電球が割れてから相当になります。



Gonq18  続いて、京都府へ。加茂駅からも近い、木津川市加茂小学校脇に保存される、C57 56です(写真)。周辺の道が狭く、しかも学校行事の下校と重なり、細い路地には肝を冷やしました。



Gonq19  続いて、精華町川西小学校に保存される、D51 66です(写真)。貴重な「ナメクジ」ですが、事故があったのか整備状態が悪く、今後が心配です。やはり「保存会」がない車輌は、維持が難しい。



Gonq20  続いて宇治市内、府立山城総合運動公園に保存される、C11 180です(写真)。退場時に、硬貨が400円必要です。



Gonq21  最後は、長岡京駅前に保存される、元ヨ8000形から改造されたのか、シ630401が保存されます(写真)。ベンチに国鉄OBらしき人が座っていて、「フラッシュ焚かないの?」と聞かれ、「今は手ブレ防止がある」と言うと、感心していました。なお、手ブレ防止は、僅かでもそれなりの光量がある時のみ有効です。



 そして日没、手ブレ防止でも写せない時間となったので、帰宅しました。



 今にしてみると、特に車輌展示は営業中の車輌が使われており、そう考えると、今日は違ったのかなあ、と思うのですが、帰宅してしまったので、分かりません。今日訪問した方に、聞くしかありません。どうだったのでしょうか。



 あと、保存車輌は、状態が悪くなると解体ということもあり、心配です。再整備を期待したいですね。



 それにしても、もう11月なのに、暖かい。朝晩はそれなりに冷えますが、どういう気候になってしまったのか。



 それでは、次回をお楽しみに。

雨模様の日に#3

Suoq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、吹田から加悦への、移動の途中の記録です。



 最初は、吹田工場の名物、モハ52001からです(写真)。発色は良いでしょうか。同車輌は車内も公開していました。



Suoq2  運転台の様子(写真)。高速電車にもかかわらず、装備は極めてシンプルです。戦前の電車は、大体こんな感じでした。



Suoq3  車内の様子(写真)。照明は、当然電球です。固定ながらセミクロスシート、デッキ無し2ドアで、中距離形の電車です。



Suoq4  連結面付近の様子(写真)。この部分はロングシートになっています。



 そして、イベント会場を後にしました。



Suoq5  続いて行ったのは、摂津市、鳥飼車両基地にも近い、「新幹線公園」です。大阪貨物ターミナルと川の間、堤防上に桜並木が続き、その中に公園があるようです。入口には写真のような看板が(写真)。日によっては車内公開もやっているようです。



Suoq6  数百メートル歩くと、見えてきました、車輌が。0系、21-73、K16編成1号車のようです(写真)。



Suoq7  もう1両、EF15 120が保存されます(写真)。製造銘板の撮影を失念しました。



 正直、地元の人以外には、なかなか行きにくく、交通機関も周辺には大阪モノレールだけで、駅から、どうでしょうか。駐車場があれば、もっと多くの人が訪れそうですが、集客が目的の施設ではありません。残っていることは貴重であるので、皆さんも、頑張って、どうぞ。



Suoq8  続いて、茨木市南地区公民館に保存される、D51 158です(写真)。主要道路も細く、カーナビがないと迷いそうです。路駐できるほど周辺の道は広くありませんが、場内にはコイン駐車場があり、30分以内は無料、有効に活用しました。



Suoq9  同じく茨木市内「真龍寺」には、D51 882が保存されます。準戦時形ながら、人気機の訳は?



Suoq10  それはデフに描かれた「月と鹿」の模様にあります。如何にも奈良機関区所属機らしい絵柄です。長野工場での検車の標記が残っていました。



 予定して地図を持っていたのはこれだけで、少々日没には早かったです。そのため、資料をひっくり返し、カーナビをセット、有効活用を図ろうと試みました。



Suoq11  そこで行ったのは、京都市北部の「大宮交通公園」でした。翌日の加悦にも近いと思い、行きました。



 最初は京都市1860です(写真)。これは、近代的な路面電車のスタイルです。



Suoq12  続いて、京都市1、とされますが、標記は”N06”と書かれた旧式路面電車です(写真)。半鋼製、木材を多用した車輌です。”N”の標記の入る車輌は、北野線用の車輌、他線用と軌間が異なる車輌でした。



Suoq13  隣には、加悦鉄道C-15形C-160です(写真)。軸配置0C0の旧式SLです。「森ブタ」への改造を免れた車輌でしょう。



Suoq14  同機はヨ6720を従えます(写真)。



 そして、さあ、車内を撮ろう、と思うと、無情にも「閉館です」の放送が。移動に時間がかかり過ぎ、そんな時間になってしまったようです。



 更にその後に、西京区内のSLレプリカまで行こうと思ったものの、日没で捜索が困難となり、タイムアウト。断念し、滞在先に向かいました。



 最後は、中途半端になってしまいました。再度の取材機会を待ちたいと思います。



 それでは、次回をお楽しみに。

雨模様の日に#2

Kasq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「加悦SL広場周年祭」を中心に取材しました。



Kasq2  昨日は吹田、午後の話はまた別の機会として、滞在先で投稿、そして夜が明け出発しました。



 今日の最初は、福知山。福知山駅南口には、C11 40(昭和8年川車)が転車台のモニュメントと共に保存されます(写真)。



Kasq3  続いて福知山駅北口から少しの場所、北丹鉄道(廃止)福知山西駅跡に保存される、北丹鉄道2号のレプリカ(写真)。「汽車会社」の製造銘板付きです。しかし引っ掻く落書きが多数、保存のため金網が設置されました。今後が心配です。



Kasq4  続いて福知山中心街にある、「ポッポランド」へ(写真)。駅改札を模した入口を入ると、ジオラマや鉄道関連部品の展示が見られます。



Kasq5  少し離れた2号館には、C58 56が保存されます(写真)。昭和14年川車の製造です。



Kasq6  そして、メインイベント、加悦SL広場へ。駐車場ではイベントが行われ、宮津海陸運輸の駐車場でも足らず、道の駅の駐車場まで使っていました。入場券を購入し、入場します。



 保存車輌の説明は、先日訪問したばかりなので、略します。午前は「森ブタ」DB201、午後はキハ101が運転されるとのことで、双方を動画記録することが主眼でした。先ずはDB201が、フハ2を牽引・推進し、運転します(写真)。





 DB201の発車の様子です。ロッドを動かし走る姿が見られます。”SL改造DL”なのが、「森ブタ」最大の特徴ですから。





 コンプレッサー駆動部が剥き出しで、ベルト駆動が見えています。これは記録しようと、直ちに思いました。





 マフラーは、東側にありました。丁度発車の動画では見えない側です。これが「ブタ」たる所以です。



Kasq7  フハ2に乗車します。車内は写真のとおり(写真)、車内はほぼ木造です。板の僅かな隙間から、地面の砂利が見えました。



「fuha2.wma」をダウンロード



 添乗音です。客車なので、あまり機関の音は入っていません。



「DB201.wma」をダウンロード



 DB201の、アイドリングの音です。力行時の音は、動画で紹介したいと思います。



Kasq8 機関士が、連絡をしています(写真)。これが昔の携帯電話、接続場所で接続させ有線で通話します。起動は、手回し式ベルでした。



Kasq9 踏切に、写真のような部品があります(写真)。これは踏切の警鐘で、独特の音を出します。



「fumikiri.wma」をダウンロード



 その音を、録音しました。現在普通に聞く踏切の音とも異なります。



Kasq10 続いて、午後の運転のキハ101が入換、据え付けられました(写真)。これに乗車します。





 先ずはツアー客向けの臨時運転を、外から撮りました。最初は、運転前のアイドリングの様子です。





 臨時運転を、外から撮ります。確かに、生きています。



Kasq11 キハ101の運転台(写真)。左の大きな円形がハンドブレーキ、中央3本がマスコン、右手にブレーキ、その横にシフトレバー受けがあります。右足下にはクラッチペダルがあります。完全な機械式気動車です。



Kasq12 車内の様子(写真)。こちらも車内はほぼ木造、床下中央の盛り上がりが機関のある場所です。



「kiha101.wma」をダウンロード



 キハ101の添乗音です。こちらは、エグゾーストノートもしっかり入っています。





 運転操作の様子です。機械式気動車、動作は複雑です。



 そして、会場を後にしました。



Kasq13 続いて向かったのは、旧加悦駅舎です(写真)。こちらの中の展示物も紹介したいのですが、膨大となるので、またそのうちに。



Kasq14 続いて、野田川駅へ。同駅は旧称「丹後山田」、加悦鉄道と国鉄の接続駅でした。



Kasq15 貨物を扱っていた頃の名残、貨物駅跡です(写真)。現在は、保線の基地となっています。



Kasq16 同駅には鉄道資料室があります(写真)。丹後山田駅の駅名額等保存されますが、こちらもまた別の機会に。



Kasq17 その北側で加悦鉄道は国鉄を乗り越し、港に繋がっていました。その乗り越した築堤の跡です(写真)。反対側は崩され、遊歩道となっています。



Kasq18 そして止せばいいのに、またしても並河へ。並河旧駅跡に保存される、22-1003の前頭部、及びDD51 1040(昭和46年日立)です(写真)。



 そして帰宅しました。



 加悦SL広場では、ツアー客と一緒になりました。「上本町では見かけなかったけど、」と言われ、再会を喜びました。また次回、お願いします。



 長い遠征でした。動画はまだですが、早急に送り、皆さんに観ていただきたい、と思っています。もう少々お待ちを。



 それでは、次回をお楽しみに。

雨模様の日に#1

Suiq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「JR西日本吹田工場一般公開」を取材しました。



 例によって昨晩自宅を発ち、未明に大阪入り。駐車場で仮眠し、朝、吹田に到着。そして車を停め会場へ向かったものの、少々開場には早く、約1時間入口で待ちました。



 そして開場。部品購入も事前予約が必要だったことから、多くの人が一番奥の車庫線を目指します。今日の目玉、287系、左クモロハ286-8始め6連、右クモハ286-8始め3連です(写真)。左は「くろしお」用基本編成で青帯、右は「こうのとり」等用の付属編成で赤帯です。同系の「くろしお」デビューは来年の予定、プレス公開よりは後ですが、営業前に捉えました。



Suiq2  続いて牽引車、クモヤ145 1009です(写真)。荷物電車等の車輌を流用しています。



Suiq3  続いて、試験電車”U@Tech”、右手前からクヤ212 1、サヤ213 1、クモヤ223 9001です(写真)。クモヤ223は、川崎重工での223系試作車で、他の車両は先代「マリンライナー」の廃車予定車両からの流用です。



Suiq4  今日の日のため活躍したであろうスイッチャーが、ご褒美に展示されます(写真)。



Suiq5  その向こうには、205系、クハ205 35ほかの編成です(写真)。東海道緩行線用、207系に始まる塗色変更は、この系列にまで及びました。



Suiq6  その南には、103系中間車、281系「はるか」クハ280 5他、クモヤ145 1001及び1003が並びます(写真)。



Suiq7  クハ201(車番不明)が、車掌体験用に運転台を開放しています(写真)が、入れるのは事前予約した親子連れのみです。しかしオレンジバーミリオンの塗色は、気分は中央線、あるいは青梅線か。もちろん大阪環状線用、行先は「ユニバーサルシティ」になっています。



Suiq8  隣には、283系”オーシャンアロー”、パノラマグリーン車クロ280 1が、運転台体験のため公開されます(写真)が、これも事前予約が必要でした。しかし前面での記念撮影は、並ぶ必要があったものの自由、多くの親子連れが職員にカメラを渡し写して貰っていました。恐らく付属パノラマグリーン編成でしょう(283系は基本編成2本、付属編成がグリーン車付き編成とグリーン車無し編成が各1本、基本編成が検査入場等する場合は、付属編成同士を連結し、逆向きの編成になります)。



Suiq9  これは嬉しい489系、クハ489 503です(写真)。協調側の運転台です。



Suiq10  連結器(写真)。EF63連結用に、カバーが装備されていません。解放てこ、協調用ジャンパ栓もあります。



Suiq11  その後は、某RM誌にも載った、「どっこい生きてる」クハ103 1です(写真)。しかし、遂に解体か、それとも展示保存用に残るか、今後は不明です。



Suiq12  奥では、マルタイが実演していました(写真)。動画は、そのうちに。しかし、継ぎ目を避けたりという細かい動作も出来る、本当に精巧な機械ですねえ!





 マルタイ動作部分の動画です。何気ないようで、実は精巧な機械です。



Suiq13  工場名物はリフティング、クハ481改造のクハ183、福フチA46編成の先頭車なのは分かるのですが、車番は不明です。大阪は、宮原総合車両所を通ると方転が可能なので、どちら向きかは分かりません(福知山方、クロ183 2706でした。非貫通なのが最大の証拠です)。動画も、そのうちに。





 リフティングの動画です。約9分まで短縮しましたが、どうでしょうか。



Suiq14  マルタイの向こうには、103系高運転台車が停まります(写真)。高運転台=ATC車ではありませんが、山手線ATC車はすべて高運転台で、窓下の銀色の帯もありました。しかし、色はオレンジバーミリオンであり、雰囲気は武蔵野線か。勿論、大阪環状線用です。





 保線関連では、軌道自転車「レールスター」が、親子連れを乗せ運転していました。



Suiq15  出口に近いところで、ミニSLが運転していました(写真)。しかし発進時にはドレンも切り、本物顔負けの迫力です。





 ミニSLの動画です。本物そっくりに走ります。



Suiq16  出口前には、準鉄道記念物、モハ52001が保存されます(写真)。戦前の京阪神地区での「急行」、今の「新快速」の始まりです。名古屋にもありますが、初号車は吹田に保存されます。



 そして会場を後にしました。



 実は、新前橋とどちらに行くか迷いましたが、昨年も行っておらず、また明日の予定もあったことから、こちらにしました。このイベントは、例の事故以来6年ほど中断していましたが、昨年から再開しました。やっと、少し落ち着いてきたのか。今後とも、安全に気をつけて欲しいですね。



 そして時間があったので、この後色々と撮影しましたが、長くなるので次回以降とします。



 それでは、次回をお楽しみに。

早起きは三文の、

Katq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)を取材しました。



 先日の犬山での一件があり、名鉄小牧線では名古屋市交通局7000系は午前中に帰庫してしまう、ということに気付き、今日は出勤日と同時刻に起きました。そして普通に地下鉄に乗り、平安通に到着すると、何とそこに入線したのは名古屋市7000系7101Fではありませんか!(写真、7601)一発ツモ!幸先よいスタートです。



Katq2  車内の記録を。製造は日車、2003年(平成15年)でした(写真)。名鉄小牧線味鋺~上飯田間地下化及び地下鉄上飯田線開業の年です。



Katq3  7601の車内(写真)。同じ区間を走る名鉄300系はシートのモケットがブルー系ですが、7000系はパープルで、名古屋の名物が模様に入ります。



「7301.wma」をダウンロード



 先頭車7100形及び7600形はTcであることから、電動車は中間の7200形及び7300形になります。7301の小牧発車の添乗音を録音しました。いわゆる「エアコンインバータ音」です。



Katq4  そして犬山に到着。5番線には、名鉄7500系(高速型パノラマカー)の部品再用車1030系、1230系が、踏切事故で指定席車を失い、一般形に編入された1384系、1534始め4連が出発を待ちます(写真)。間もなく各務原線岐阜に向け出発しました。



Katq5  そして今日の一枚、名古屋市7000系7101始め4連の編成写真です(写真)。”I’m Longing To Love You!”



Katq6  比較写真、通常営業に就く名鉄300系、318始め4連(写真)。300系最終編成です。増発時には400系と付番されるのか、それとも500系か。600V区間無き今、名鉄では3桁は全て空番となりました。



Katq7  喜びを胸に戻ります。そういえば、名古屋市科学館の前庭も、間もなく工事が終わる頃だなあ、と思い、伏見に向かいます。やはりそのとおりで、日露戦争時に活躍した工部省”B6”の1両、後に改番され2412となったSLと、名古屋市1401が展示準備を終え、並びます(写真)。しかしながら、手前の柵から中には入れません。



Katq8  北東側からの眺め(写真)。1401が良く見えます。



 なお、これら名古屋市科学館の屋外展示(無料)は、今月6日から開放されるそうです。ロケットも並びます。



Katq9  続いて、次は桜通線に行きました。この夏のホームドア工事前に拘った6101F、先日取材外で乗った時に運用が確認できたので、今日もイケるか、と思い行ってみると、間もなく運用に就く姿を発見(写真)。乗車しました。正面の車輌ナンバーの字体に注目。



Katq10  側面の車輌ナンバー(写真)。この字体を覚えておいてください。



Katq11  6101、6201製造は日車、昭和62年でした(写真、6101)。



「6101.wma」をダウンロード



 Mc車、6101のインバーター音を録りました。VVVF最初期の音です。



Katq12  中間車、6301の車輌ナンバー(写真)。字体がゴシックになっています。



Katq13  製造は日車、1994年(平成6年)です(写真)。これは量産車の5連化と同じ時期で、日立製の編成でも中間車6300形は日車製です。



Katq14  6400形、6500形、6600形は未だ空番です。そして末尾6700形、6800形となります。6701、6801は6101、6201と同じ字体です(写真)。



Katq15  6701及び6801は、昭和62年日立製でした(写真、6801)。6101Fは、日車と日立の合作だったとは!気分は新幹線です。



Katq16  あっさりと上飯田線と桜通線で撮りたい編成を撮ってしまったために、時間に余裕が。東山線N1101Fもそうですが、やはりRAWで撮っていない鶴舞線に行きたくなります。そこで、上小田井へ。20分ほど(2本ほど)待つと、鶴舞線最注目の3159Fがやって来ました(写真)。労せずして撮ることが出来ました。



Katq17  何故注目か。それは、3050系はVVVF車ですが、同編成だけ中間車2両にチョッパ制御の3000系が入るからです(写真、3806及び3706)。先日N3000系第1編成が入線し、営業に向け準備をしているところですが、そうすれば先ず同編成の編成統一、則ち中間2両の差し替え、ということが間違いなく起きます。昔なら入札、というところでしょうが、日立がステンレスをやめアルミの”A-Train”に特化したことで、まず間違いなく日車が製造するでしょう。そうすれば、この写真は重要な記録となるでしょう。しかし、同編成に乗ってきた鉄道少年には、その意味と重要性が理解できなかったようです。後悔は先に立ちません。



 そして約2時間上小田井で粘りましたが、残念、休日ダイヤで運用に就く編成が少なく、主要編成のFXサイズRAWでの撮り直し完了には至りませんでした。残念。やはり鶴舞線は、平日と休日の輸送量の差があまりにも大きく、休日なら何回も行くか、それとも平日に行くか、どちらかに割り切らねばなりません。



 昔は名鉄のフリーきっぷで乗車し、同駅で粘りましたが、上小田井は地下鉄の駅でもあり、もっとエコノミーに名古屋市のフリーきっぷで出来ることに気付き、ちょっと考えています。名古屋市科学館の屋外展示もあるので、次回はそうしたいと思います。



 やはり朝早いと、良いことがあるようです。休日も勤勉でありたいと思います。



 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR