どんたく

meis16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、三重県方面へ行きました。


 昨日も書いたとおり、昨日名松線は全線復旧し、終点伊勢奥津まで列車が走るようになりました。永く災害で停まっており、そのまま廃止との話もあったようですが、無事復活しました。


 そこで、主に名松線、及びその関連で、その近辺を巡ることとしました。


meis16a2.jpg


 先ずは、快速「みえ」で、伊勢市へ行きました。伊勢車両所のある場所で、まだ先日引退したキハ48も残っていることを期待してです。


 車内からは、国鉄色メークのキハ48、一般色のキハ48が編成となり、見えています(写真)。窓ガラスに張られた飛散防止フィルムが、ソフトフィルターになっています。


meis16a3.jpg


 伊勢市駅で、少し長い停車になります。その合間に、伊勢車両区を、横から眺めます。


 今回引退したキハ11、3及び10、他1両(車番不明)が、編成となり停まります(写真)。


meis16a4.jpg


 その向こうにはキハ25、さらに向こうにはキハ48 6810他が見えています(写真)。


meis16a5.jpg


 そのまま鳥羽へ。鳥羽駅終端は、現在は改軌された近鉄志摩線、元「三重交通」の接続地点で、その名残が0番線にあります(写真)。


meis16a6.jpg


 折り返し、多気へ。多気駅近くの工場には、今日はD351のみで、大物車シキの姿は見えませんでした(写真)。


meis16a7.jpg


 そして、メインステージ、松阪へ。伊勢うどんを食べ、松阪駅の名物駅弁、牛肉弁当(具の牛肉が、厳密な「松阪牛」ではないためこの表記)を買い、列車を待ちます。


 暫くして、やって来ました、キハ11-304始め2連です(写真)。今日の名松線は、通常単行のところ、2連でした。


meis16a8.jpg


 相方は、キハ11-303でした(写真)。行き先も、一昨日までの「家城」では無く、「伊勢奥津」でした。


meis16a9.jpg


 乗車約1時間、終点伊勢奥津に到着(写真)。ホームは、乗客が溢れんばかりです。今日は、記念ウォーキング等が開催され、その帰り道の人がドッと乗ってきたのでした。


meis16a10.jpg


 伊勢奥津駅の様子(写真)。運転再開の喜びが、現れています。


 駅前の広い駐車場はイベント会場となり、まさに「どんたく」でした。今日は日曜日、ドイツ語では「ゾーンターク(「どんたく」の語源)」ですし。


meis16a11.jpg


 そして、帰りの列車に乗るのですが、これだけの客なので、当然立ち席です。そのため、逆に行けました、唯一の交換駅、家城での撮影です(写真)。単行気動車キハ11も、2両並ぶと、一人前です。


meis16a12.jpg


 家城駅は以前は腕木式信号の残る駅として有名でしたが、約10年前に電気信号に変わりました。各上下線出発信号と、その裏返しになる場内信号、それが東西にあり、計6つの梃子がここにありましたが、今は見てのとおりです(写真)。その電気信号も、間もなくの災害で信号にバッテンが付けられ、永く不使用でしたが、遂に復活しました。


meis16a13.jpg


 間もなく交換列車、キハ11-306及び305が、やって来ます(写真)。しかし、もうタブレット交換は行いません。


 その先、一志で、大半の客が下車。ここから近鉄大阪線に乗り換え可能で、奈良大阪方面の客が乗り換え、席が空きました。しかしそのため列車が遅延し、接続列車は走る必要があり、松阪での記録を失念しました。


meis16a14.jpg


 そして、予定駅「津」で下車。「伊勢鉄道」に乗るためです。


 間もなく、津駅3番線には特急「ワイドビュー南紀6号」が到着します(写真)。キハ85-8の動物プロテクターが物々しいですが、この結果運転停止時間が短縮され、「ワイドビュー南紀」の定時運行に効果があるそうです。


meis16a15.jpg


 特急が行って間もなく、3番線に放送がかかります。「何で?」と見ていると、JR東海色のキハ48が、やって来るではありませんか!(写真)。伊勢市の、国鉄色メークの横の編成、6連です。明らかな、廃車回送です。



 同列車は、行き違いの快速「みえ」、及び亀山発普通到着後、亀山に向け発車しました。その動画です。ミャンマーへの片道出向であり、悲しい旅立ちですが、解体されることを思えば、彼の地で新たな人生を過ごすのであれば、それは良い人生と言うべきなのでしょう。新天地での活躍を期待したいです。


 なお、国鉄色メークは亀山方先頭であり、津以南では、「ワイドビュー南紀6号」の直後と思われ、明日か明後日は、絶好のチャンスです。春休みの学生ならば最高ですが、年度末で忙しいはずの職業人が、2日連続で休んで行けば、常識を疑われます。


meis16a16.jpg


 そして、先回ダイヤの都合で断念した、玉垣へ。「伊勢鉄道」本拠地、車両基地、保線基地を併設します。今日はイセⅢ形、イセ104(手前)及びイセ102(奥)が、非番で休んでいます。津からはイセ103、1時間以上後にやって来た次列車はイセ101でした。


meis16a17.jpg


 次の楽しみは、南四日市。河原田の合流後、貨物の終点でもある同駅には、山九のスイッチャーが2両おり(写真)、模型ファン的には良い感じでしょう。DCCとか、したくなるでしょう、HOjゲージ(87分の1)のナローで、Nゲージ(150分の1)並みの大きさになります。


meis16a18.jpg


 そして、伊勢鉄道車両は、四日市が終点です。四日市駅構内には、DD51最終号機、1805番が停まっています(写真)。赤川仮橋電機化直前に愛知機関区に転属、入れ替わりで当時の最若番機750号機が吹田機関区に転属、廃車となっています。「おおさか東線」新大阪乗り入れ関連で、赤川仮橋廃止とも、歩道橋を別途架けるとも、言われています。


meis16a19.jpg


 四日市駅北方では、更新色のDD51 892が、セメントタキを牽き、富田までの運用を待っています(写真)。DD51は、昨年最終全検が終わり、今年から数えると、あと5年で全機引退が決まっています。


meis16a20.jpg


 その富田では、三岐鉄道のED455と、ED451の重連が、貨車の到着を待っていました(写真)。三岐鉄道も貨物兼営で、安定的収入があります。


meis16a21.jpg


 富田の三岐鉄道側線には、「パワム」とも、「ワム太郎」とも言うべき、ワム80000形、ワム380152が停まっていました(写真)。オリジナルの鳶色では無く、高速対応の青色の380000番代ですが、全国各地に当たり前に見られたワム80000の、最期の姿を見せています。現在、全車引退しています。


 関西本線、日の落ちた「永和」駅の中線には、先ほどの廃車回送のキハ48が、時間待ち停車をしていました。大体、日没頃です。それを、八田駅で三脚を立て待っているファンがいました。八田では、明日もその位の時間になるでしょう。


 そして、帰宅しました。


 長い一日でした。名松線も盛況で、このまま何とか維持して欲しいですね。


 それでは、次回をお楽しみに。

改正初日に

joh16d1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、城北線を取材しました。


 今日は、JRおよび関連線区のダイヤ改正初日です。一番の話題は、当然「北海道新幹線」開業で、今朝のテレビで新青森及び新函館北斗両駅の出発の様子を見ました。当然撮るためにはいい場所を占める必要がありますが、一般人は普通はあの中には入れず、報道関係者だけです。当然、列車も乗れません。


 地元に目を移すと、永く災害で一部営業停止していた名松線が復旧し、今日から全線で営業を始めています。またJR東海から国鉄形車両が全車引退し、営業全車両がJR化後に製造された車両のみとなりました。


 それに合わせ、JR東海傘下の「東海交通事業」運営の「城北線」は、営業車両が置き換えとなり、従来使用していたキハ11 200番代は先週さよなら運転を行い、同線から引退しました。そしてそれに代わる車両、キハ11-302が入線しました(写真)。この様子を見るために、今日は城北線を目指しました。


joh16d2.jpg


 城北線は、平日は朝夕のみ2両使用、土曜は朝のみ2両使用、それ以外は1両使用です。今日は土曜、朝は2両使用で、2両目の使用される時刻を目指し行きました。すると、その時間には、昨秋に入線した、キハ11-301が入線しており(写真)、これは目的の車両ではありません。間もなく発車、私は駅に残りました。



 暫くして、入線のアナウンスが入ります。そう、今回運用を開始した、キハ11-302が、やって来ました。その動画です。


joh16d3.jpg


 そして、停止位置で停止。同車は、記念ヘッドマークが装備されます(写真)。


 置き換えたキハ11-202は、19日に「さよなら運転」を行っており、以降運転したとは思われないので、多分デビューは22日と思われますが、運転開始後最初の休日を迎えました。


joh16d4.jpg


 メーカー及び所属会社のプレート(写真)。「新潟鉄工所 平成11年」はそのままですが、その上は「東海旅客鉄道」から「東海交通事業」の新しいプレートに変わっています。


joh16d5.jpg


 ATS標記のペイント(写真)。「S」から、「ST・PT」に書き直されています。


joh16d6.jpg


 所属標記の「海イセ」(伊勢車両所)は、そのまま残っていました(写真)。今後他の車両は「海ナコ」(名古屋車両所)に書き換えられるでしょうから、これは貴重となります。


joh16d7.jpg


 ステップ(写真)。301同様、埋められています。ドアは、低いままです。


joh16d8.jpg


 車内の様子(写真)。JR東海当時からほぼ変わっていませんが、トイレはJR東海車と同様に、現在使用中止です。


joh16d9.jpg


 車内のメーカーズプレート、車号のプレート(写真)。”NIIGATA 1999”が、そのままです。


joh16d10.jpg


 料金表示器(写真)。飯田線313系同様に、Windowsの、液晶2画面です。ただ、駅数からこの表示になっています。


joh16d11.jpg


 検車表記(写真)。検査切れまで、あと約2年あります。


joh16d12.jpg


 そして、枇杷島に到着(写真)。乗降後、折り返しの準備を始めます。


joh16d13.jpg


 発車の準備が始まり、反対側のヘッドライトが点きます(写真)。



 そして、枇杷島を発車します。その動画です。


キハ11-302下り列車での添乗音


 折り返しの、添乗音です。カミンズサウンドか、雑談か。


 これで記録を終え、一旦帰宅しました。


 今日は午後の予定があり、これで終えることとなりました。明日は、多分分かると思いますが、あそこへ行きたいと思っているので、ご期待下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

チャンスは二度無し

ise16c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、一転、参宮線です。


 土曜日の四国から一転、高速を乗り継ぎ三重県に入りましたが、日曜日はトラブルで遅れ、ポイントに辿り着くと、「ああ、帰庫したよ。」とのこと。目的列車の帰庫にガックリして、その後も粘ろうと思いましたが、全員帰ってしまい、間の抜けた感じがしたので、銭湯に入浴し、今日を待ちました。


 そして今日は早朝から冴え、早めにポイント到着(写真)。残念ながら、光線はまだこちら側にまわっていません。


ise16c2.jpg


 間もなく、参宮線の、上り初電が通ります(写真)。キハ25 1602及び1502(左手前が1502、海ナコM102編成)です。


ise16c3.jpg


 続いて下り初電はキハ75、右手前から1、101、4、104の4連、下り普通鳥羽行きです(写真)。合間には、こんな運用もあります。


ise16c4.jpg


 行き違うのは、快速「みえ2号」名古屋行き、先頭からキハ75 302、202、105、5です(写真)。


ise16c5.jpg


 キハ11 300番代(車番不明)の2連、普通鳥羽行きです(写真)。今後キハ25が主力となりますが、こういう運用は当分残るのでしょう。


ise16c6.jpg


 キハ11-10、普通亀山行きです(写真)。ほぼ、遺影です。今後、ミャンマーへ片道出向です。



 一部はJR東海名古屋工場で内製された気動車、キハ11。その動く姿を、確かに見届けました。


ise16c7.jpg


 キハ48、右手前5302、相方は6302、普通鳥羽行きです(写真)。こちらも、JR東海での、最後の活躍です。


ise16c8.jpg


 キハ11-303(写真)。回送です。名松線で使用と思われます。こちらは、今月26日に全線営業再開です。


ise16c9.jpg


 キハ25、右手前から1011、1111、1507、1607の4連です(写真)。20メートル級3ドアで、しかしロングシートなのが、ちょっといただけない。


ise16c10.jpg


 亀山行き普通、左先頭キハ40 6311、右手前キハ48 5817です(写真)。落胆の度合いが大きいですが、キハ40の遺影として、評価しましょう。



 キハ40も、JR東海色で確かに走っていました。新天地での活躍を期待したいです。


ise16c11.jpg


 そして、キハ48、右手前から3809、6809、5807、6810の4連です(写真)。



 その動画です。4連でも、確かに走っていました。


 これを撮ると、9割のファンが帰ります。一人が、「どうして?」と私に聞くので、理由は、さっきの上り(キハ40の列車)が国鉄色メークでは無かったので、午前中にそれがここを通ることは無い、と説明すると、ガックリしていました。


 伊勢市駅ホームから見える伊勢車両区の庫内情報も、今日は多分出ない位置だった、とのことで、「もしや?」と思い、動画カメラも用意しましたが、残念でした。まあ、キハ40が出たことに、感謝しましょう。


 これらのほとんどには動画があり、多分登録は可能でしょう。正直意欲は半減していますが、まあ、キハ11とキハ40だけは、何とかしたいと思います。


 来週はダイヤ改正初日、多分乗り鉄だと思うので、キハ48国鉄色メークは、動画撮影は不可能でしょう。チャンスは、2度も回っては来ません。一度でモノにしないと、こういう事になります。注意します。


 それでは、次回をお楽しみに。

パン食い競争

siok16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は昨日の取材、予讃線です。


 今年無くなるものの一つに、宇和島発岡山行き「しおかぜ」があります。電化は松山まで、大半の「しおかぜ」は電車で、松山行き、宇和島方面は乗り換えですが、一部宇和島から直通する気動車特急があり、永く2000形で運転されましたが、今改正で8600形電車で置き換え、廃止になります。専用の「アンパンマン」編成が使用されていることから、取材すべく土曜早朝に四国入り。早速、ポイントに向かいます。


 給油で手間取っているうちに列車が来ています(写真)。2117始め特急「いしづち」、松山増結の付属編成です。


siok16a2a.jpg


 そして、同列車は走り去ります(写真、2004)。三脚の準備が出来ておらず、手撮りでした。


siok16a3.jpg


 三脚の準備が整います。最初は、7000形単行電車、車番は不明です。


siok16a4.jpg


 続いて8004他8連、特急「しおかぜ」です(写真)。付属編成「いしづち」が、2両に減車になっています(この編成はそうではありません。3/21補記)。



 8000形、L4編成の通過の動画です。これは、当分は大丈夫です。


siok16a5.jpg


 121系、クハ120-3ほか2連です(写真)。四国電化に合わせ導入された電車です。



 121系の動画です。確かに平凡ですが、きちんと撮りましょう。


siok16a6.jpg


 続いて「しおかぜ」、8002始め8連です(写真)。



 こちらも普通に8000形、しかし減車は残念(8両フル編成の誤りでした。3/21補記)。


siok16a7.jpg


 続いて、時刻表に無い時間に踏切が鳴ります。「何だろう?」と期待して見ると、EF210-154牽引貨物列車でした(写真)。予定していなかっただけに、ラッキーです。



 「桃太郎」四国での動画です。EF65一般形が懐かしい。


siok16a8.jpg


 次は6000形、6101始め3連です(写真)。



 6000形の動画です。静止画に何年もかかったのに、動画は1日で撮れました。


siok16a9.jpg


 次は113系、クハ113-1始め4連です(写真)。JR東日本の車両を譲受し更新修繕、111系の代替となりました。既に、JR四国の車両カタログの雰囲気です。



 113系の動画です。そのうち、赤や黄も撮りたいですね。しかし、あと何年保つのか。


siok16a10.jpg


 そして真打ち、2000形、2004始め「しおかぜ」です(写真)。「ばいきんまん」編成ですが、一部一般塗装が入っています。


siok16a11.jpg


 そして、走り去ります(写真、2117)。



 その、動画です。このために、四国まで海を渡ったのでした。


 8600形投入後は、松山運転所所属2000形が1編成が減り、高知に移動の見込みです。そのため、既にラッピングが外されている編成があるのでした。今後の転配の準備でしょう。


 初期の目的は、達しました。そのため、そのままその日のうちに、内地に戻りました。行きたい場所が無いといえば嘘ですが、もっと行きたい場所があったため、戻りました。しかし、今朝はトラブルで、残念でした。


 連休は、明日までです。改正前最後の1日を、有効に活用したいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。


早合点(追録)

ise16b21.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、先回と同じ参宮線、先回の遺漏をお届けしたいと思います。


 メインカメラとフィルムカメラ、及び動画用ミラーレスは、下り正面側に三脚に固定していましたが、それでは上り列車が撮れない。そのため、代理人を首に提げ、手撮りが出来るように構えていました。


 JR東海最後のキハ40の1両、6311の正面からの図(写真)。ほとんど、遺影のようです。後は、キハ48です。


ise16b22.jpg


 続いては、キハ48 6804と5802のペア(写真)。今は、全てが記録写真です。


ise16b23.jpg


 キハ11-10の単行です(写真)。これもお別れ画像のようです。


ise16b24.jpg


 キハ11-306を従える、キハ11-3(写真)。つい最近まで、ありふれた風景だと思っていました。


ise16b25.jpg


 キハ11-7です(写真)。まだ続く、正夢のようです。


ise16b26.jpg


 キハ48 6809と3809のペア(写真)。旧型車の運用が減っているのに、早く気付くべきでした。


ise16b27.jpg


 キハ48 6810と5807のペア(写真)。


 つい最近まで、当たり前のように見てきたこれらの車両は、間もなく姿を消すこととなります。何故きちんと撮っておかなかったのだろうと、後悔の念が消えませんが、それまで如何に猫跨ぎをしてきたか、ということでもあります。「当たり前」は、いつまでも当たり前では無いと、強く感じました。


 昨日は「ドクター東海」を撮ることが出来ましたが、多分、次回きちんと捉えることが出来る機会は、あまりないと思われ、正に「早合点」!計画は、必ず守りましょう。


 それでは、次回をお楽しみに。

早合点

ise16b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、JR東海ネタです。


 先週「国鉄色メーク」のキハ48を捉えましたが、出来れば動画が欲しい。そこで、それを撮るべく、金曜晩に出発。土曜早朝に、予定のポイントに立ちました。


ise16b2.jpg


 土曜日最初は、キハ11-10の、恐らく松阪への回送です(写真)。土曜日には、名松線でもキハ11 0番代が走ったのでしょう。


ise16b3.jpg


 続いて上り、キハ40 6311、キハ48 5817の2連です(写真)。撮った時は今日はダメ、と思いましたが、キハ40の運用、恐らくJR東海色では最後の1両でしょう。


ise16b4.jpg


 続いて、キハ48、3809、6809、5302、6802の4連です(写真)。今改正で引退する、キハ48の4連が見られるのは、午前では唯一です。


ise16b5.jpg


 「快速みえ」、キハ75、1、101、202、302の4連です(写真)。1と101は初号編成、302は名古屋車両所(海ナコ)に残る最大番号となりました(以降は美濃太田車両所に移籍)。


ise16b6.jpg


 キハ11 306及び3の2連です(写真)。改正以降、3は引退、海外行きです。


ise16b7.jpg


 キハ25、1502、1602、1510、1610の4連です(写真)。キハ25には、美濃太田所属車も含め、編成番号が割り振られています。


ise16b8.jpg


 キハ75、201、301、6、106の編成です(写真)。201は武豊線置き換え時の初号、106は「快速みえ」用の最終号車です。


ise16b9.jpg


 キハ48 5817、及びキハ40 6311の編成が、亀山から戻ってきました(写真)。


ise16b10.jpg


 キハ40(写真)。JR東海色の、ほぼ遺影です。


 地元情報を総合しても、「国鉄色メーク」は来ないことが分かったので、ここで打ち切り、そのまま寝てしまいました。


ise16b11.jpg


 そして、今日。今日の地元情報も、「伊勢車両所で停まっている。」とのことで、芳しくありません。


 今日の1回目は、キハ48 5807と6810、2連下りです(写真)。


ise16b12.jpg


 続いてはキハ25、1012、1112、1503、1603です(写真)。


ise16b13.jpg


 続いてはキハ48、5302、6302、5802、6804の4連です(写真)。


ise16b14.jpg


 キハ11-10、鳥羽行きです(写真)。これも、遺影になるのか。


ise16b15.jpg


 地元情報もダメ、運用も無く、天気も悪くなってきたので、全員諦めて帰ります。私も断念、三脚を畳み、メインカメラをバッグにしまう時に、下り方から4灯の列車が接近します。383系も、373系も電車、キハ25は2灯、キハ75ともキハ11とも位置が違います。そこで、私はしまいつつあったメインカメラを手に、駆け出します。そう、キヤ95です!(写真)102を先頭にした、第2編成です。慌てている感が出ているでしょうか。


ise16b16.jpg


 そして、「ドクター東海」は、走り去ります(写真)。ファンはちょっと離れて1人のみ、皆諦めて帰った後でした。


 地元情報は地元情報で正しく、それに基づき行動したことは間違いではありません。しかし、こんな事もあるのだと、改めて思うと、この場所での、「この時間までは諦めてはいけない。」という時間が分かりました。キヤ95はそう普段から走る列車ではありませんが、今後のサプライズには、注意したいと思います。


 来週は、改正前にあそこだけは行きたいので、行きたいのですが、伊勢も心残りです。深く考え、行動したいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

谷間の日

meihan16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名鉄ネタです。


 個人的な用事で駅に出て、見ていると、「えっ!」と驚く列車が走っていました。間もなく駅に停車するので、定期で駅に入ります。すると、それは、現実でした。


 名鉄3000系と3150系2+2連の、河和線特急、内海行きです(写真)。一番手前は3264(3164F)ですが、前は3100系である以外はっきりしません。手元にあったコンデジの、性能の限界です。


 名鉄のVVVF第2弾としてデビューした3100系、3700系同様の性能に、SIV故障対策を施し、支線区での事故に備えています。その後継3150系はステンレスボディ、何れも120キロ走行対応で、特急2200系増結にも用いられます。しかし、このような特急列車は、東海豪雨直後の3500系による本線特急代走以来という気もするし、以前は5000系(1000系「パノラマ・スーパー」のリサイクル車)の特急も見た記憶もあるので、性能的には問題ありませんが、走らせる車両が無かったのか、という感じを受けます。


meihan16a2.jpg


 行き違う特急名古屋行きは、名鉄最後の珍車、5600系でした(写真)。運転台後に客席か無いのが特徴です。


 恐らく、特急指定席車を走らせても空気を運ぶだけ、という状態であったために、平日昼間は全車一般車化された、河和線特急です。しかし、こんな特急を走らせなければならないのは、単に運用の谷間だからなのでしょうか、それとも今後の予告なのでしょうか。


 確かに、今まで全車一般車特急に多く使われた5300系はリサイクル車、6000系と天秤にかかっているのは分かります。ラッシュ対策で3ドアに分があるのは分かりますが、全ロングシートなのは味気ない。まるで、首都圏私鉄の通勤特急のようです。せめて、2200系一般車並であって欲しいのですが、それも難しいのでしょうか。


 勿論勤務時間に公用以外の乗車は出来ませんが、今後の河和線特急は、少々心配です。「もう少し、利用が増えてくれたらなあ、」ということでしょう。是非、考えて下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

白昼の悪夢

ise16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、伊勢方面を取材しました。


 昨日の投稿後、雑誌を捲り、今日のポイントを探し、地図に出力します。そしてそれでカーナビを設定し、昨夜下見に。そして、撮影可能そうな場所を選定、昨日はそのまま寝ました。


 そして、今朝、その場所へ。しかし、その時に、悪夢が。一番撮りたかった「国鉄色メーク」のキハ48が、そのポイントを通過。スローモーションでしたが、「最低!最低!」と口をつきました。


 仕方が無いのでそのポイントで、撮影を(写真)。上路トラス橋という珍しい橋梁構造で、その特殊さが注目の参宮線橋梁、私鉄の「参宮鉄道」が敷設した時の橋梁そのままなのだそうです。


ise16a2.jpg


 近くに人がおり、ガックリした私に、声をかけます。「次は、休日は、3分早いから!」と。気を取り直し、撮影します(写真)。キハ48の4連、先頭から5802、6802、5809、6809のようです。これも、今月の改正で引退なので、貴重は貴重です。


ise16a3.jpg


 そして、その人がいたのは、ここです(写真)。その人は地元の方で、持っていたのはコンデジでしたが、画像はキマッており、ここではコンデジでも十分通用する、という画像でした。ただ、「望遠が効くなら、橋の上でもいいよ!」とのことで、先ほどの雑誌での紹介の位置に行きます。


 橋に注目すると、手前の橋桁はトラスでは無くプレートガーダーで、建設後何らかの理由で交換されたものと思われます。


ise16a4.jpg


 そして、続いてはキハ75が来ました(写真)。先頭から5、105、3404、3504です。


ise16a5.jpg


 さっきの人がいた場所は、こういう撮り方も出来る場所です(写真、キハ75 103、3、302、202)。上下に対応しており、便利な場所ではあります。


ise16a6.jpg


 しかし、獲物を逃したショックは大きく、暫く車で横になっていました。しかし、12時過ぎに亀山から折り返し戻ってくる、ということを時刻表で割り出したので、ちょっと前に、気を取り直して撮り始めました。


 上り快速「みえ」、キハ75 102と2のペアです(写真)。


ise16a7.jpg


 続いては下りのキハ11 303です(写真)。キハ11 0番代の、単行の営業列車及び回送もまだ残っていることから、ここは要注意です。


ise16a8.jpg


 続いて上り、キハ11 304です(写真)。


ise16a9.jpg


 下り快速「みえ」、手前からキハ75 1、101、6、106です(写真)。キハ75系は当初快速「みえ」用に製造された車両ですが、その「1次車」と呼ばれるべき6編成12両の、初号車1と、最終号車106が写っています。


ise16a10.jpg


 上り快速「みえ」、キハ75 104及び4です(写真)。快速「みえ」も、伊勢神宮式年遷宮関連で4両化するため、武豊線用にキハ25を製造、これで必要車両を捻出し全列車4両となりましたが、その後一部の列車は2両に戻っているようです。


ise16a11.jpg


 そして、お目当ての、キハ48 3812と6812のペアが、やって来ました(写真)。悪夢が消えた、その瞬間です。


ise16a12.jpg


 橋との位置関係は、こんな感じです(写真)。


 橋の向こう側に、閉塞信号機とは思われないので、中継信号機でも無い、恐らく遠方信号機があり、いつまでも橙なので、安心している時に不意打ちがありました。そこで、写真を撮って、家で確認すると、橙と思っていた信号は、実は赤信号で、納得しました。JR東海に、ぬかりはありません。


 正直キハ48は、乗り鉄だけで諦めるつもりでした。しかし、ネットで走行中の写真を見てしまい、結局撮りに行き、思ったより簡単に撮ることが出来、嬉しく思います。JR東海の、ファンサービスでしょうか。


 参宮線の、この特殊な上路トラス橋と絡め、国鉄色メークのキハ48を撮ることが出来ました。次の目標は、やはり、動画でしょうか。今日のポイントでは三脚を立てることが出来ないので、場所を含め、機会を探してみたいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

The Baddest#2

joh16c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、城北線を取材しました。


 先週も城北線へ行き、取り敢えずの画像は捉えましたが、もう少々欲しい。そこで、今日は朝早く出て、2両使用の時間帯に行って、確実にキハ11 202を捉えることができるよう、考えを巡らして行きました。


 あまり考えずに、城北線の起終点である、勝川へ。当然留置線には停まっていません。



 そして、2両目を使用する運用の時間に合わせ、ホームに入ります。接近案内の後、車両が近づいてきます。


joh16c2.jpg


 しかしやって来たのは、昨秋入線した、キハ11 301でした(写真)。つまりハズレですが、それは一日を通す運用がキハ11 202であるということでもあり、ラッキーはラッキーです。


joh16c3.jpg


 キハ11 301の、枇杷島方(写真)。


 同車は定刻に、今日最後の往復のため、発車しました。



 それから約20分、次の接近案内が流れます。構えると、お目当ての、キハ11 202がやって来ます。城北線でのラストランまで、あと2週間となりました。


joh16c4.jpg


 そして、定位置に停止(写真)。運転士は、折り返しの準備に入ります。


joh16c5.jpg


 再度撮影、製造銘板です(写真)。上「東海交通事業」、下「新潟鉄工所 平成5年」です。


joh16c6.jpg


 ドア周り(写真)。ATSも、「S」から「ST」「PT」に書き換わり、「TKJ」標記も、もうすぐ最後です。


joh16c7.jpg


 そして発車準備が整います(写真)。定刻を待ちます。


joh16c8.jpg


 運転台(写真、勝川方)。まだまだ新しいです。平成の車両ですし。


joh16c9.jpg


 車内(写真)。ステップを除き、JR東海のキハ11 0番代及び100番代に同じです。


 間もなく、発車します。


キハ11 202上り添乗音


 そして、約20分、添乗音を添付します。カミンズサウンドも、少々異なるのか。


joh16c10.jpg


 定刻に、終点枇杷島に到着(写真)。3番線列車が出た時には、既にテールランプが点いていました。


joh16c11.jpg


 その反対側です(写真)。出発準備が進み、折り返しの定刻を待ちます。



 そして、定刻に発車します。その動画です。


 今日は、代理人D600で動画も撮ったため、1080i60pでは無く、1080i30pです。一世代後のデジ一では対応しているため、更新が必要なのはご指摘の通りですが、まだまだ十分通用し、レンズが何本も欲しかったので、そのままです。まあ早期に考えますが、次は、デジ一の前に、やっぱりF6が欲しいですね。ネットオークションという解決法もありますが。


 城北線、キハ11 200番代の撤退は、地元ではあまり大きな話題になっていないのか、鉄ちゃんは少数で、普通の利用者が多かったです。JR東海の規模では営業出来ませんが、子会社の「東海交通事業」だから運営出来る鉄道であり、自動車中心の愛知県で、少しずつでも旅客が増えると良いですね。


 ただ、起点の枇杷島、及び終点の勝川以外では、他線、とりわけ名鉄との連携が悪く、まだまだ改善が必要な感じです。小田井も上小田井まで少々あり、増して味美は名鉄味美からも、味鋺からも距離があり、勿体ないです。これらの改善を図れば、比良のような公共交通空白地帯の人達も利用するのでは、と思うのですが、どうでしょうか。期待したいですね。


 それでは、次回をお楽しみに。

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR