雨模様の日に#2

Kasq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「加悦SL広場周年祭」を中心に取材しました。



Kasq2  昨日は吹田、午後の話はまた別の機会として、滞在先で投稿、そして夜が明け出発しました。



 今日の最初は、福知山。福知山駅南口には、C11 40(昭和8年川車)が転車台のモニュメントと共に保存されます(写真)。



Kasq3  続いて福知山駅北口から少しの場所、北丹鉄道(廃止)福知山西駅跡に保存される、北丹鉄道2号のレプリカ(写真)。「汽車会社」の製造銘板付きです。しかし引っ掻く落書きが多数、保存のため金網が設置されました。今後が心配です。



Kasq4  続いて福知山中心街にある、「ポッポランド」へ(写真)。駅改札を模した入口を入ると、ジオラマや鉄道関連部品の展示が見られます。



Kasq5  少し離れた2号館には、C58 56が保存されます(写真)。昭和14年川車の製造です。



Kasq6  そして、メインイベント、加悦SL広場へ。駐車場ではイベントが行われ、宮津海陸運輸の駐車場でも足らず、道の駅の駐車場まで使っていました。入場券を購入し、入場します。



 保存車輌の説明は、先日訪問したばかりなので、略します。午前は「森ブタ」DB201、午後はキハ101が運転されるとのことで、双方を動画記録することが主眼でした。先ずはDB201が、フハ2を牽引・推進し、運転します(写真)。





 DB201の発車の様子です。ロッドを動かし走る姿が見られます。”SL改造DL”なのが、「森ブタ」最大の特徴ですから。





 コンプレッサー駆動部が剥き出しで、ベルト駆動が見えています。これは記録しようと、直ちに思いました。





 マフラーは、東側にありました。丁度発車の動画では見えない側です。これが「ブタ」たる所以です。



Kasq7  フハ2に乗車します。車内は写真のとおり(写真)、車内はほぼ木造です。板の僅かな隙間から、地面の砂利が見えました。



「fuha2.wma」をダウンロード



 添乗音です。客車なので、あまり機関の音は入っていません。



「DB201.wma」をダウンロード



 DB201の、アイドリングの音です。力行時の音は、動画で紹介したいと思います。



Kasq8 機関士が、連絡をしています(写真)。これが昔の携帯電話、接続場所で接続させ有線で通話します。起動は、手回し式ベルでした。



Kasq9 踏切に、写真のような部品があります(写真)。これは踏切の警鐘で、独特の音を出します。



「fumikiri.wma」をダウンロード



 その音を、録音しました。現在普通に聞く踏切の音とも異なります。



Kasq10 続いて、午後の運転のキハ101が入換、据え付けられました(写真)。これに乗車します。





 先ずはツアー客向けの臨時運転を、外から撮りました。最初は、運転前のアイドリングの様子です。





 臨時運転を、外から撮ります。確かに、生きています。



Kasq11 キハ101の運転台(写真)。左の大きな円形がハンドブレーキ、中央3本がマスコン、右手にブレーキ、その横にシフトレバー受けがあります。右足下にはクラッチペダルがあります。完全な機械式気動車です。



Kasq12 車内の様子(写真)。こちらも車内はほぼ木造、床下中央の盛り上がりが機関のある場所です。



「kiha101.wma」をダウンロード



 キハ101の添乗音です。こちらは、エグゾーストノートもしっかり入っています。





 運転操作の様子です。機械式気動車、動作は複雑です。



 そして、会場を後にしました。



Kasq13 続いて向かったのは、旧加悦駅舎です(写真)。こちらの中の展示物も紹介したいのですが、膨大となるので、またそのうちに。



Kasq14 続いて、野田川駅へ。同駅は旧称「丹後山田」、加悦鉄道と国鉄の接続駅でした。



Kasq15 貨物を扱っていた頃の名残、貨物駅跡です(写真)。現在は、保線の基地となっています。



Kasq16 同駅には鉄道資料室があります(写真)。丹後山田駅の駅名額等保存されますが、こちらもまた別の機会に。



Kasq17 その北側で加悦鉄道は国鉄を乗り越し、港に繋がっていました。その乗り越した築堤の跡です(写真)。反対側は崩され、遊歩道となっています。



Kasq18 そして止せばいいのに、またしても並河へ。並河旧駅跡に保存される、22-1003の前頭部、及びDD51 1040(昭和46年日立)です(写真)。



 そして帰宅しました。



 加悦SL広場では、ツアー客と一緒になりました。「上本町では見かけなかったけど、」と言われ、再会を喜びました。また次回、お願いします。



 長い遠征でした。動画はまだですが、早急に送り、皆さんに観ていただきたい、と思っています。もう少々お待ちを。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR