新旧交代

Kahq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、ボツ写真集、関西地区の新旧電車の記録をお届けします。



 最初は、223系0番台、関空・紀州路快速です(写真)。編成番号は、失念しました。



Kahq2  前4両は223系で、後4両は225系5000番台です(写真)。違いが一目瞭然です。



 223系は当初「関空快速」でデビュー、京橋発6連とJRなんば(旧称「湊町」)発2連で運転されましたが、後にJRなんば発を廃し、代わりに和歌山行き「紀州路快速」が運転され、5+3連に組成変更、最終的には4+4連に変更されました。それに合わせ223系2500番台車を新製し、編成を調整していましたが、遂に大増発により225系5000番台が製造されました。関空のみならず和歌山も15分ヘッドとなり、利便性が格段に向上しました。



Kahq3  そして大阪駅を去る、近ヒネ(日根野電車区)F509編成(写真)。225系は、223系に比べ正面を強化しています(衝突対策として)。



Kahq4  そして大阪から223系2000番台に乗り、京都を目指します。



 吹田工場では解体のためか、「雷鳥」用パノラマグリーン車、クロ481 2001が、クモヤ145 1007と連結し、移動の準備をしています(写真)。後にはモハ485初期形が続きます。



Kahq5  阪急正雀工場を過ぎ、京都府へ。京都総合運転所(旧称「向日町運転所」)の一番端は、転車台です(写真)。今でも回す(方転する)車輌があるのでしょうか。



Kahq6  続いて、381系「くろしお」、近ヒネB606編成が見えます(写真)。「くろしお」用287系も、先日プレス公開されたばかりですが、間もなくデビューします。「こうのとり」用287系とは違い、赤帯ではなく水色の帯になるそうです。



Kahq7  試験車、クモヤ443系です(写真、クモヤ442-2ほか)。紫色の特急形をした電車、1号編成はJR東日本に配属されたものの、既に解体されました。キヤ141系デビューに伴い、同編成の今後の動向が注目されます。



Kahq8  続いて287系、最初は福フチ(福知山電車区)FC03編成、クモハ286-3です(写真)。3連の付属編成です。



Kahq9  同編成の京都寄り、クモハ287-7です(写真)。全電動車ですが、モーターは片側台車のみの装備で、出力は半分です。これは重量分散のためとされています。



Kahq10  続いて福フチFA01編成、クモロハ286-1です(写真)。グリーン・一般合造車で、中間に仕切りがあるのが分かります。



Kahq11  同編成の城崎寄り、クモハ287-1です(写真)。愛称表示が無いのは残念ですが、実用的かつ優れたデザインではあります。



Kahq12  次は、EF65 1133です(写真)。区名札は「関」(下関総合車両所)で、単機です。



Kahq13  DD51 1192です(写真)。区名札は「宮」(宮原総合運転所)です。これも単機です。



Kahq14  続いてこちらもDD51、1193です(写真)。これも「宮」、チキを牽いています。



Kahq15  京都では、智頭急行HOT8000形、「スーパーはくと」が待機します(写真)。振り子気動車、最高速は時速130キロです。



Kahq16  梅小路蒸気機関車館の機関区と駐車場の間に、旧京都市電、27号と、線路があります(写真)。動態保存ですが、あまり注目されていません。



Kahq17  最後は京都駅30番線で発車を待つ、「はるか」281系です(写真)。こちらも乗車したいですが、関空へ行く用事をつくらねばなりません。



 485系、381系、183系といった、いわゆる「国鉄形」も、いよいよ引退の時期が迫ってきました。新車は歓迎しますが、それらにより引退する車輌があることも忘れてはいけません。これらの車輌も、ここ1、2年が交代の時期として、注目すべきでしょう。機会があったら、是非記録してください。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR