低速移動(後半戦)

Oskq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日から一転、関西地方に移動しました。



 昨日はネットカフェから投稿したわけですが、その後移動し、昨晩は”ムーンライトながら”で車中泊。目覚めれば早朝に大垣、そのまま帰っても良かったのですが、今日という時間が勿体ない。そこで、そのまま米原行きに乗り、新快速に乗りました。



Oskq2  先ずは大阪(梅田)へ。以前からあった大阪駅南口ビルと、新しくできた大阪駅北口ビルの間に、大きな屋根が建設されました(写真)。大規模な構造物です。その下には、橋上駅舎が出来、駅が3階建てになっています。



Oskq3  その下、特急用11番ホームを見渡せる9・10番ホームに移動。丁度”サンダーバード7号”12連、金サワR11編成+T45編成が入線します(写真)。11番線を先端までフルに使用します。



Oskq4  続いて9番線には”こうのとり4号”、287系4連、福フチFA04編成です(写真)。287系の営業運転は、初めて見ました。



Oskq5  次は、”ワイドビューしなの9号”長野行きです(写真)。383系6+4連、6連は海シンA4編成でしたが、4連はA100台3本のどれか失念しました。





 今日の動画は駄作ばかりでしたので、今回はこれだけです。



Oskq6  続いて10番線には、倉吉発”スーパーはくと2号”が入線します(写真)。HOT8000形、振り子気動車です。



Oskq7  はるか向こう、4番線には”はまかぜ1号”キハ189系3+3連が入線します(写真)。キハ181系の時代には、基本編成がグリーン車入りの4連、しかし新系列になり、モノクラス3連固定編成を1または2編成繋ぎ営業します。



Oskq8  続いて”こうのとり6号”です(写真)。まだ、183系(正確には485系の直流化改造車)の運用は、残っているのですね。しかし、間もなく無くなりそうな気もしますが。381系は、残念でした。



Oskq9  次は、”サンダーバード11号”です(写真)。金サワT42編成、683系4000番台の編成写真は、かねてから撮りたいと思っていました(正面は、前後ともつまらなくなりましたが)。



Oskq10  時間になったので移動し、新大阪へ。入場券を買い、新幹線ホームへ。永く話題にしなかった、”みずほ””さくら”です(写真、幹クマR3編成、”みずほ602号””さくら553号”)。N700系8連、やはり短い。色も、タングステンで撮ったんじゃない、東海道・山陽新幹線用とは違います。



Oskq11  ”みずほ600号”の方向幕(写真)。地はオレンジです。駅時刻表の文字も、オレンジで書かれます。



Oskq12  折り返し”さくら551号”の方向幕(写真)。地は、ピンクです。LED方向幕は、シャッタースピードを遅く(50~30分の1秒)しないと、綺麗に写りません。



Oskq13  続いて、”こだま747号”の運用に就く、500系幹ハカV2編成です(写真)。8連に短縮され中間車は廃車されましたが、現在も運用に就きます。編成廃車も1編成出たそうです。望遠の効果、出てますか?



Oskq14  かつて500系は、T字形の翼形パンタグラフを装備していましたが、現在は700系と同様の、シングルアームパンタになっています(写真)。短縮改造時に交換したようです。



Oskq15  続いては京都、嵯峨嵐山に行きました。トロッコ嵯峨駅に併設される施設が、有料ながら拡充されたとのことで、訪問しました。



 駅前には、いつもどおりD51 51と動輪のモニュメントが(写真)。ここは無料です。



Oskq16  トロッコ駅の奥、エントランス前には、自分でコントローラーを操作できる(有料)Nゲージジオラマがありました。



 チケット売り場で500円払い(トロッコ利用者は割引あり)、入場します。中には京都の街を模した、HOゲージの巨大ジオラマがあり(写真)、全体を見渡せるよう、中間に歩道橋が架かります。多くの親子連れで賑わっていました。



Oskq17  奥には、下関運転所で任務を終えたEF66、右45号機”あさかぜ”、左49号機”さくら”の前頭部が展示されます(写真)。運転機器もそのまま切り取られたようで、運転台に入っての操作体験も、予約制ながら可能なようでした(有料)。もう九州特急、山陽ブルートレインの運用は廃止され、二度と生き返ることもありません。



Oskq18  ヘッドマークは交換できるらしく、左から”出雲”、”なは・あかつき”、”富士・はやぶさ”の新品らしいヘッドマークが準備されていました(写真)。古い物なら、下関運転所あたりから貰ってくれば良いですが、主に夜間使用されるため、虫の死骸などが付着していたりして、ここでの展示には馴染まないのでしょう。



Oskq19  そして別館の中でチケットを見せ(2館共通)、SLミュージアムに入ります。この部屋の光線はカメラには鬼門で、フィルムでもイマイチ(デーライトでは黄色になる)、デジカメではホワイトバランスが完全に狂ってしまい、オートは駄目、電球や蛍光灯に変えては酷くなる一方で、何度も失敗しましたが、今日は「標準反射板」(反射率18パーセントのグレーの板紙)を使い、「プリセットホワイトバランス」を選択。光線下で標準反射板を撮影し設定完了、その設定のまま被写体を写せば、見事に補正されました!(写真)。しかしSLのヘッドライトは当然(タングステン)電球なのに、HIDのような色に見えるのは、ご愛嬌。



 そして、帰宅しました。



 電車・バスには、「臭気を発する物」は持ち込み禁止ですが、今日は私自身が「臭気を発する物」になってしまい、JRも困っていたようです。ただ、新幹線や新型特急ではなかったので、まあいいか。そして帰宅し、命の洗濯をしました。やっぱ、風呂は一番!

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR