低速移動(前半戦)

Isp1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、千葉県の「いすみ鉄道」を取材しました。



 昨晩自宅を発ちました。再び高崎に行くことも考えましたが、先週のトラブルを今週も引っ張るという最悪の事態も想定されたため、また改めて別の機会にしようと考え、結局当初の予定通りの、いすみ鉄道になりました。



 そして未明に東京着。千葉で乗り換え大原に行ったことになっていますが、記憶は飛んでいます。



Isp2  大原から、いすみ鉄道が走っています。反対の五井から小湊鉄道経由で行くことも考えましたが、今日は何度も往復することが考えられたので、結局いすみ鉄道のフリー切符を買いました。



 そして乗車、キハ200形206と205の2連でした(写真、大多喜で撮影)。先ずは終点上総中野を目指します。



Isp3  上総中野からは、小湊鉄道が連絡します。今日は接続列車があり、右手前キハ205、左奥キハ208の2連です(写真)。こちらも、そのうちに。



Isp4  戻り道、大多喜の車庫から、キハ52 125が顔を出しています(写真)。このあと1時間ほどで、朝の「急行2号」の運用に入ります。



Isp5  そして一旦大原へ戻り、急行券を購入します。そして、乗車するキハ52 125が入線します(写真)。遂に、乗車しました。





 入線時の動画です。DMH17Hの重奏が聞こえます。



Isp6  側面には、「大多喜~大原」のサボが掛かります(写真)。



Isp7  一方のドアには小さな「急行」、もう一方には「そと房」のサボが入ります(写真)。



「kiha55-125.wma」をダウンロード



 急行「夷隅」の添乗音を。エンジン音、聞こえるでしょうか。約1時間、長い録音です。



Isp8  上総東での行き違いの間に撮影し、国吉では撮影タイムが。ヘッドマークを入れ換え撮影会になります(写真)。全6種、時間の許す限り撮影できます。金属製で列車名が交換可能でした。



 そして終点、大多喜に到着し、一旦帰庫します。帰庫の動画は大失敗で、多分出せないでしょう。





 その失敗動画です。見るに堪える部分だけ、どうぞ。



Isp9  キハ52 125の、昨夏、大糸線で運転された「ジオパーク号」での姿(写真、右手前)。当時は青系のツートンでした。



Isp10  そしてその運用が無くなり、結果昨冬いすみ鉄道に入線した際の、お披露目撮影会の時の姿(写真)。これから整備、塗色変更等が行われ、今の姿になっています。青白も悪くありませんが、今の姿も良いですね。



Isp11  そして、大多喜から2駅大原寄りの「上総中川」で下車しました。目的地は、いすみ鉄道キハ204などの置かれる場所。最初駅から反対方向に歩いてしまい、戻り、50分くらい歩いたところで、「やはり、ガセか?」と思った瞬間、仰ぎ見る向こうに、ありました!「ポッポの丘」が!(写真)。汗まみれになり歩いた価値がありました。



Isp12  坂を上り、中に入ります。駐車場の向こうには、元万葉線7052があります(写真)。方向幕はそのまま「高岡駅前」「越の潟」でした。



Isp13  奥の、外から見える側には、いすみ鉄道キハ204があります(写真)。同形では一足早く引退しました。



Isp14  その隣には、北陸鉄道モハ3752があります(写真)。



Isp15  これらを移動するのに使ったであろう、スイッチャーがありました(写真)が、機番は不明です。



 この施設は、鶏卵農家が自家製の卵等を販売するために設けた施設で、今夜帰宅しない私は、卵を買うことはありませんでしたが、出来れば卵を買ってほしい、というのが本音のようです。また、産直等もあるので、そちらもどうぞ。結局卵ご飯用醤油を買いました。



 それでも、汗にまみれて来た甲斐のある場所でした。雑誌には「徒歩25分」と書かれていましたが、迷わなかった戻り道も、約45分かかりました。千葉まで車で行けない人以外は、車で行くのが確実な行き方のようです。



 そして、今日の取材を終えました。



 今はネットを使っていますが、今夜もまた移動、明日は何処からでしょうか。次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR