梅雨の合間に(Story2)#1

Si1q1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、長野県方面へ来ています。



 例によって昨晩自宅を発ち、未明に長野入り。そして十分仮眠したのですが、今朝は何時になっても意欲が湧かず、なかなか起きる気がしませんでした。



 そして最初に行ったのは、塩尻市役所。庁舎玄関前庭には、D51 155が保存されます(写真)。D51標準型、安定した形態の時代の車両です。横には、左に「洗馬」及び「村井」 、右に「小野」と書かれた、旧塩尻駅の駅名票が立っています。



Si1q2



 続いては、松本市大久保原公園の、D51 172です(写真)。これも大体同時代の車両です。



Si1q3



 明科公民館前には、C56 124が保存されます(写真)。同公民館では、イベントが行われていましたが、花を愛でる心のない私は、パスしました。



Si1q4



 続いて、安曇野市内のスイミングスクールの横にある、D51 483です(写真)。ものの本には「テニスコート内にある」と書かれ、テニスにいそしむ若い男女の横でカメラを構えるかと気になり、わざわざ雨の時期を選びましたが、杞憂でした。現在、周辺は砂利敷きの平地になっています。



Si1q5



 続いて大町市、大町西公園運動場には、C56 94があります(写真)。誰かが悪戯して、缶の蓋を開けてしまいました。



Si1q6



 そして今回の最難関と目された、白馬村のC56、150号機(写真)。地図には山中奥深くに描かれ、また別のC56がこの近辺にあるとも書かれていましたが、双方とも誤りで、平地のキャンプ場内に、同機がありました。一安心です。



Si1q7



 この後大移動し、長野市へ、オリンピック道路を通り近道しました。長野市内の小学校には、D51 549が保存されます(写真)。こちらの小学校でも、地元住民と一体となったイベントをしていました。



Si1q8



 同じ長野市でも、豊野駅からも程近い場所(豊野支所近辺)には、9600形9646が保存されます(写真)。連結器が、旧来のリンク式に復元されていました。



Si1q9



 飯山市内、飯山駅にも程近い公園に、C56 129が保存されます(写真)。線路沿いで、飯山線の列車からも見えるようです。



Si1q10



 その奥は機関区跡のようで、転車台の遺構が残っていました(写真)。手前が飯山線本線です。



 どこかの雑誌で、「転車台通信」って、どうですか?ただ、数に限りがあり、長く続かない気もしますが。



Si1q11



 JR飯山駅から数百メートル西側には、北陸新幹線飯山駅が建設中で、姿を現してきました(写真)。写真右端の木の向こう側に飯山線が走っており、開業時には現在の飯山線飯山駅もこの位置に移転します。



Si1q12



 そして戻り、須坂市須坂動物園には、D51 401が保存されます(写真)。閉園間際で、車に戻る頃には「蛍の光」が放送されていました。



Si1q13



 長野市篠ノ井支所には、D51 921が保存されます(写真)。昭和18年製の準戦時形、金属が少々足りなくなってきた頃の車両です。長野式集煙装置が特徴です。



Si1q14



 千曲市更埴体育館には、D51 1001が保存されます(写真)。戦時形、カマボコ形ドームなどかなり厳しい造りです。同時代の車両には、車両の一部(デフレクタ、テンダー等)を木材で代用した車両もあるそうで、そのままの形態で昭和40年頃まで使用されたそうです。



Si1q15



 今日の最後は、坂城町のD51 245です(写真)。やはりこの時代のD51が、性能的にも一番安定しており、多く残っています。



 そして日没、今日の滞在先に向かいました。



 今日は晴れ渡り、本当に梅雨の時期なのか信じられない気はしますが、でも数日前は大雨が降ったわけで、やはり晴雨は交互にやってきます。一番鬱陶しい時期は早く終わってほしいですが、水不足でも困るわけで、本当に難しいところです。



 明日は、今日の続きです。次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR