梅雨の合間に

Niitq1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、新潟県を中心に取材しました。



 例によって金曜日晩に自宅を発ち、未明に新潟県入り。先ず向かったのは、新潟市南区月潟の、新潟交通月潟駅跡にある保存車両でした(写真)。キ116を先頭にしています。



Niitq2



 その後は、モワ51(写真)。電動貨車、最後には機関車代用で、キ116を押すのも仕事に入りました。スノープラウも装備しています。



Niitq3



 3両目は、モハ11(写真)。営業用の電車、旧式な足回りに日車標準車体を載せたリサイクル車です。



Niitq4



 元社員と思われる方が今日は来ていて、ドアの鍵を外し、車両の中に入れさせてくれました。



 先ずは、モワ51の車内(写真)。木造です。倉庫の代わりにもなっていて、いろいろな部品が保存されます。



Niitq5



 続いて、キ116の車内(写真)。先日のキ115と近く、進行方向左側に内燃式発電機を装備していました。



Niitq6



 モハ11の車内(写真)。クーラーが無いことを除けば、今でも走っていそうな雰囲気です。



 そして、次の目的地に行きました。



Niitq7



 続いては、五泉市内の個人所有の蒲原鉄道車両展示に行きました。



 2両保存され、1両はモハ71です(写真)。



Niitq8



 もう1両は、クハ10です(写真)。



 個人所有であることから、車両の傷みが気になりだしました。今のうちに行った方が良いと思います。



Niitq9



 続いては、村松城址公園に残る、モハ11です(写真)。少し古いですが、それなりに手が入っています。



Niitq10



 続いては、冬鳥越スキーガーデンに残る3両を。最初は、木造電車モハ1です(写真)。



Niitq11



 車内も、外観同様非常にウッディーな雰囲気の車両です(写真)。手入れも行き届き、良い感じです。



Niitq12



 2両目は、モハ61です(写真)。最終期まで残った車両のような雰囲気で、塗装もしっかりしています。



Niitq13



 その車内(写真)。これもクーラー以外は現在の電車と同じです。整備も行き届いています。



Niitq14



 3両目は、ED1です(写真)。以前は村松駅構内に保存されるとされた車両ですが、現在はここに移動しています。



Niitq15



 その車内(写真)。直接制御式か、大型のマスコンがあります。前後で計2機装備されます。



Niitq16



 その後大移動し、富山県へ。昼で余裕がある、と思っていたら日没が近くなり、結果高速を使用。時間は金では買えません。



 黒部市大橋農村公園には、黒部峡谷鉄道のBB6、及びハ36、ハ37が保存されます(写真)。屋根もあり、手入れは行き届いています。



Niitq17



 運転台の様子(写真)。狭いキャブに、神鋼電機製の大きなマスコンが鎮座します(写真)。



Niitq18



 宮野運動公園には、同じく黒部峡谷鉄道BB3があります(写真)が、状態は写真のとおりです。



 この横には、SL等の動輪のオブジェがあります。



Niitq19



 魚津市内の小学校にあるというSLは、確認出来ませんでした。



 そして最後、滑川市郷土館には、日本カーバイト2号が保存されます(写真)。



 そして日没、取材を終えました。



 事前準備と調査不足が祟り、手戻り・忘れが多く、再度行かねばならない雰囲気か。すこしいただけない取材となりました。どうせ行くなら、しっかり事前に準備したいと思います。



 正直雨の時期はイベントがあまりなく、寂しい時期です。次回までには、どうするかよく考えたいと思います。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR