The Bullet

Kokq1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日及び本日開催された、「第29回小坂町アカシアまつり」関連イベントの、「小坂鉄道ディーゼル機関車撮影会」の様子を中心にお届けします。



 先日の九州遠征から2週間。当分遠くへ行くのは止めておこう、と思ったのですが、雑誌で今回のイベントを知ってしまい、多分最後の機会ではないかと思い、木曜の晩に出発。運転は24時間を見込んでいましたが、思ったより早く着き、金曜は午後からホテルで休みました。



Kokq2



 そして土曜日、滞在先を発ちます。そして向かったのは、旧小坂駅(写真)。今日の舞台です。



 小坂鉄道は、昔は旅客営業もやっており、駅施設もありましたが、平成に入り貨物専業となり、しかしその貨物営業も廃止となり、数年前廃線されました。しかし心臓部の小坂だけは、当時のまま残っているようです。



Kokq3



 駅舎の中に待合室があり、出札口、改札などが、営業当時そのまま残ります(写真)。私は営業当時を知りませんが、良い感じです。



Kokq4



 駅横の機関区では、DD133が、今日展示する車両の入換を行っています(写真)。期待が高まります。



「DD133.wma」をダウンロード



 エンジンはDD133のみ掛けていると思ったので、そのエグゾーストノートです。





 そして展示のため入換を行います。全5両が出ています。



Kokq5



 そして10時になり、撮影会が始まります。主要都市圏でのイベントを想像し、大混雑するかと思いましたが、観客はパラパラ、やはり秋田県の端でのイベントでした。しかも車しか交通機関が無く、来れる人は自然と限定されます。



 先ずは機関車南側に入り、順光で写します(写真)。左からDD133、DD132、DD131、DD13 556(元片上鉄道)です。



Kokq6



 北側から、逆光ながら写しました(写真)。全機エンジンが起動し、前照灯が点いています。しかし観客が寂しかったことから、間もなく消灯されました。





 順光、逆光でのアイドリングの様子の動画です。全機現役ではありませんが、現役同様に動態保存されます。元社員が時々手入れしているのでしょう。



Kokq7



 そして、今日6番目の車両、軌道モーターカーです(写真)。除雪、保線何でもこなしました。



Kokq8



 もう一つの主役、ラッセル車キ115です(写真)。美しく緑に塗装されます。



Kokq9



 前方からの眺め(写真)。大館方を向いています。



Kokq10



 車内の様子(写真)。操作室、タンク、内燃発電機の順に並びます。



「Ki115.wma」をダウンロード



 内燃機が起動しており、そのアイドリング音を録りました。



 そしてフィルムカメラを予備機に交換し、撮りなおし、会場を後にしました。



Kokq11



 そのまま帰途に就く、というのもアリでしたが、僅か30キロと出たので、行きたくなった弘南鉄道。取り敢えず大鰐と津軽大沢に行けたら良いなあ、程度に思い、行きました。



 先ずは大鰐へ。JR奥羽本線大鰐温泉横に小さな駅舎があり、そこから跨線橋を渡ると、弘南鉄道大鰐線大鰐があります。丁度ホームには、ED221がホキ1246を従え入線していました(写真)。





 しかし、入換と思ったら、間もなく発車してしまいました。その際の動画です。



Kokq12



 その奥には、元東急、赤帯の7000系7039始め2連が、ホームに据え付けられました(写真)。



Kokq13



 続けて、津軽大沢へ。「丸顔が撮れれば良いなあ、」程度のつもりで行くと、「本日は会員制撮影会が行われます。」と書かれ、その中に入るとトラブルとなると思い、駅から遠目に眺めます。左から、6005(赤帯)、先ほどのED221、6007(青帯)が並びます(写真)。ED221も貴重ですが、丸顔の6000系も、間もなく最期です。



Kokq14



 その横には7000系、7037始め2連が、検修庫に入ります(写真)。



Kokq15



 そしてその横には、保線用モーターカーが並びます(写真)。状況は、不明です。



Kokq16



 そして庫の入口左手には、ダルマとなったステンレスの中間車が、倉庫代わりに使用されます(写真)。6000系中間車のような雰囲気でした。窓には板が嵌められ、引退し相当経つことが窺われます。



 まだ弘南線等行きたいとは思いましたが、休日がこれ以上取れない関係で、ここで断念、帰途に就き、今日未明に帰宅しました。



 今回は絶好の機会であり、撮影はバッチリでしたが、やはり、秋田県の端や青森県は遠い!だから激しい混雑も無かったのでしょうが。今夜はまとめて爆睡します。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR