West Wind#7

Kan7q1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、関西まで戻ってきました。



 昨日は、ネットカフェで投稿し、そのまま宿泊しても良かったのですが、新航路開拓のため高松の街中に午前0時に集合。そこからバスに乗り、港に泊まるフェリーへ。いつもなら移動司令室と共に乗るところでしょうが、今回はカメラバッグだけで乗船。高松~神戸間片道1,800円、往復3,300円は破格です。昼の移動なら間違いなく2等船室ですが、夜間睡眠をとることを考え、2,000円追加し個室寝台へ。未明までですが4時間寝られるのは有り難い!出港のドラもありませんでしたが、爆睡し、到着直前まで寝ました。



Kan7q2



 そして午前5時に神戸港着。港からバスで三宮まで移動します。三宮から何処へ行こう、と考え、思ったのは、神戸電鉄粟生線。採算性が悪く、周辺自治体が真剣に対策を考えている路線です。そのため、応援も兼ね乗車しました(写真、新開地にて)。1101始め3連です。



Kan7q3



 シートのモケットの柄には粟生線活性化のイメージキャラである「しんちゃん」「てつくん」が入る、専用の編成と思われます。ただ早朝ということもあり、粟生行きは最後の方貸し切り電車でした。流石に折り返しは新開地行き準急となり、これは始発からそれなりに乗客がありました。



 正直経営的には苦しいのかなあ、とは思うのですが、粟生でJR加古川線や北条鉄道との接続があって発生する乗客もあると思うので、仮に一部廃止などということをすれば、途端に廃止されない部分までも採算性が悪くなると思います。ただ現状も難しい、とのことで、良い方法が分かりません。やはり、少し面倒でも駅まで行って利用する、位しか解決法は無いようです。最後は、地元の熱意でしょう。



Kan7q4



 そして、新開地に戻ります。隣のホームにはアルミ無塗装車、3003始め4連が三田行きとして発車を待ちます(写真)。やはり神鉄といい、山陽電鉄といい、如何にも川崎重工製車両然としています。



Kan7q5



 そして新開地からは、阪急9000系9100始め8連(9000系初号編成)が阪急梅田行き特急運用に入り、発車を待っています(写真)。阪急は20メーター車8両ですから、ホーム一杯で、撮影は苦しい。



Kan7q6



 それに対し阪神、山陽は、同じ3ドアでも18メーター車、直通特急5000系5014始め6連です(写真)。姫路発阪神梅田行きです。これに乗車しました。



Kan7q7



 そして尼崎で下車。尼崎車庫には「工事」と書かれた業務用車202、及び相方201と思われる車両が停まります(写真)。業務用車は、その鉄道会社の特徴が出て、なかなか興味深いものがあります。



Kan7q8



 尼崎からは阪神なんば線に乗り、大阪難波で下車。難波から再び南海に乗ります。行ったのは、南海線浜寺公園駅(写真)。風格ある駅舎、戦前の一大リゾートの玄関口でした。



Kan7q9



 浜寺公園から雨の中浜寺駅前まで歩き、阪堺電気軌道に乗車。車庫のある我孫子道で下車しました(写真)。左から352(オレンジ)、601(緑)、170(昔の南海のグリーンのツートン)、701(アドベンチャーワールドラッピング)です。



Kan7q10



 丁度下り線には、都電塗装の502が入線します(写真)。



 阪堺電軌は”スルッとKANSAI”は使えず、また以前は大和川を越えると料金が上がった気がしますが、今は政令指定都市となった堺市が支援しているようで、全線どれだけ乗っても200円均一になっています。やはりかけがえのない足なのです。



Kan7q11



 そして住吉鳥居前で下車、住吉公園から南海線に乗ります。天下茶屋で、左南海線”ラピート”、右高野線”りんかん”が難波を同時発車、並行する天下茶屋まで並んで走ります(写真)。阪急のような三複線同時発車は出来ませんが、阪急には有料特急を同時発車させるような観光地はありません。



 なお、”りんかん”は、11000系でした。



Kan7q12



 正直急行で行きたかったのですが、極楽橋へ行くには”りんかん”の橋本接続を逃すと、次は1時間後の”こうや”迄無く、急行ではもっと後、目的が果たせなくなるため、”りんかん”に乗車。11000系の車内も、色々と記録しました。



 そして橋本到着(写真、11201始め4連)。後は、30000系です。



Kan7q13



 橋本駅の側線には、「天空」2258他が待機します(写真)。今日はこんな複雑な天気であったためキャンセルが発生、「天空」に乗車が出来ました。しかも窓側!こんな日でなければ、不可能だったでしょう。



Kan7q14



 そして今日も30001始め4連は、紀伊神谷で行き違ってしまいました(写真)。3編成を輪番で運用することから、運用が3日周期であることは容易に想像出来、先回から丁度一周した今日も駄目だろうとは思いましたが、やはりそうでした。残念。



 「天空」自体は乗車3度目で、以前も投稿しているので、今回は載せません。しかし、自費乗車も初めて、窓側も初めてでした。



Kan7q15



 そして、予定の時刻まで時間があったので、高野山までケーブルカーに乗車しました(写真)。2両連結のケーブルカー、貫通路は広幅です。



Kan7q16



 その勾配は、最大551.6‰になります(写真)。通常の鉄道からは想像もつかない勾配です。



Kan7q17



 最後は、今回も同じ、31000系と30000系の並び(写真)。位置を変え、表題の写真も撮りました。



 そして30000系「こうや」に初乗車し南海難波へ行き、難波から近鉄特急で帰途に就きました。



 長い遠征でした。ここ数日は十分に睡眠もとれず、正直オーバーワーク気味でした。今夜は、しっかり寝たいと思います。



 最後、フェリーに関しコメントすると、車では一部例外はあるものの、ほぼ本四架橋並みの金額になります(確かに、休憩出来るというメリットは非常に大きいとは思いますが)。しかし2等船室で良いのなら、乗客は破格の待遇です。行列と不十分なカーペット敷きでの就寝に耐えられるなら、これはお薦めです。香川名物うどんツアーでも、琴電の旧式車詣でも良いですね。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR