West Wind#1

Ka1q1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、正月に引き続き、近鉄沿線に来ています。



 ついに今年のゴールデンウィークも始まったわけですが、昨年に引き続き今年もチープに旅行をしています。連休前半は、近鉄の「週末フリーパス」を使用しました。



 近鉄に乗ると、先ず行くのは伊勢中川。複雑な配線のホームで待っていると、一日1往復だけの、名伊乙特急に使われる”アーバンライナー”21000系が、入線します(写真)。23000系”伊勢志摩ライナー”投入までは、伊勢志摩方面で唯一DXシート車のある運用でした。



Ka1q2



 予定より早く移動でき、「あそこに何時」と決めた時間があったので、余裕があることが分かり、寄り道を思い立ちました。そこで、折角上本町行き急行に乗っていたのを、伊賀神戸で降りてしまいました。まあ、青山町さえ越えれば20分ヘッドなので、このときは深刻に考えていませんでした。



 伊賀神戸からは、伊賀鉄道(旧称「近鉄伊賀線」)が分岐します。車両は元東急のVVVF車を改造し、ラッピングしています(写真、204)。



Ka1q3



 その相方、104の運転台(写真)。両手ワンハンドルマスコン、ほか近代的な運転台です。



Ka1q4



 製造銘板(写真)。平成元年東急車輌(現「総合車両製作所」)製、2010年(平成22年)東急テクノシステムで伊賀鉄道用に改造されました。



Ka1q5



 そして乗車30分、中心駅上野市へ。引退する今までの主力860系、763始め2連(茶)が留置されます(写真)。



Ka1q6



 伊賀鉄道は、上野市で系統が分断されます。上野市からは、100系最終編成105・205に乗車します(写真)。初代「忍者列車」のデザインを復刻する、緑の忍者のラッピング(ビードステンレスボディのため塗装ではない)です。



Ka1q7



 ホーム横にもう一つ残る860系、862始め2連(緑)も捉えました(写真)。



 伊賀鉄道では5月3日にイベントを行うそうで、引退する860系の部品も出るそうです。興味のある方はどうぞ。



Ka1q8



 そしてもう一方の起終点、伊賀上野へ。伊賀上野は、JR関西本線との接続駅です。しかし、亀山~加茂間は単線非電化、1時間に1本下りと上りのディーゼルカーが通るだけで、完全なローカル線になりました。今日は連休で、通常1輌のキハ120が、上下とも2輌に増結されていました(写真)。



 そして、来た道を戻ります。



Ka1q9



 そして上野市で再び乗り換え。乗り継ぎに時間ロスが多く、往復2時間を見ていましたが、30分以上オーバー。メインイベントへの遅刻を心配しました。



 しかしすぐには列車は来ません。暫く待って、やっと102・202の2代目「くノ一」がやって来ました(写真)。



Ka1q10



 猪田道で、伊賀鉄道近代化のトップバッター、101・201の「新・忍者電車」と行き違います(写真)。同車の「お披露目会」にも行きましたが、そのお披露目の前日に一連のデザインをした漫画家松本零士氏が、同車にサインを残しているそうです。



 そして伊賀神戸から上本町行き急行に乗りました。



Ka1q11



 大和八木で橿原線に乗り換え、橿原神宮前から吉野線へ。壷阪山で、16007始め2連と行き違います(写真)。16600系デビューで、ついに16000系も16004に続く廃車が発生か。そうすると、同編成が最旧となります。少し古さはありますが、正直引退は惜しい。今後の動向は要注目です。



Ka1q12



 そして、吉野に到着(写真)。電車側からはこんな感じ、大きな鉄骨の屋根は、ヨーロッパのターミナル駅のような雰囲気です。



Ka1q13



 今日の最大の目的は、昨年リニューアルが完了した「さくらライナー」の乗車です。やって来たのは、2編成のうち先にリニューアルを完了した、26101の編成でした(写真)。正直、間に合わないかと肝を冷やしましたが、結局最後は30分余裕がありました。



Ka1q14



 同車の3号車、26201は、DXシート車に改造されました(写真)。大型のゆりかご型シートが1+2列で並び(一般席は2+2列)、贅沢です。この車両を導入するために、DXシートの料金体系が変更されました。南大阪線・吉野線系統は特急料金も安い(阿部野橋~吉野間でも500円)ですが、DXシートの追加料金も阿部野橋~吉野でも200円、確かに急行でも行けなくはありませんが、近鉄としてはやはり吉野特急に乗って欲しいようです。



Ka1q15



 運転台後の様子(写真、26101)。運転台後に展望室があり、ベンチシートも用意され、運転台かぶりつきも可能です。



Ka1q16



 そして阿部野橋に到着(写真)。無事今日の目的を完遂し、滞在先に向かいました。



 伊賀鉄道で意外と時間がかかり心配しましたが、何とか間に合い、良かったと思います。



 今日ここまで来たので、明日は昨年からの懸案であるあそこに行きたいのですが、時間に間に合うでしょうか。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR