涙雨

Nisp1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、寝台特急「日本海」最終列車を取材しました。



 「あさぎり」、小田急ロマンスカー、300系新幹線と取材すると、今改正で無くなるもので取材していないのは、「日本海」だけでした。ただ、「日本海」は「雷鳥」終焉の時にしっかり記録をしているので、何を今更、とは思っていましたが、丁度今日の取材ネタがなく、今改正での新登場ネタもないよなあ、と思った所にDJ誌(採算度外視でデータが提供される、二番目にお気に入りの雑誌です)が届き、めくると、何と最終の寝台特急「日本海」が、3月16日に発車し、今日終着するとのことで、これはうってつけのネタと思い、北陸線を撮るときに必ず行くいつもの場所に向け、昨晩出発しました。



 ただ疋田、新疋田のある敦賀市は、自宅から夜通し走ることが必要なほど遠くなく、どこで夜を明かそうか考えましたが、結局撮影ポイント横に何台か停まっていたので、その中に入りました。



 しかし、4時に起き「きたぐに」を撮るはずが、寝過ごし5時半まで目覚めず、一発目は残念でした。



Nisp2



 セッティングが終わると、間もなく列車が通過します(写真)。「ヨンダー」とも呼ばれる683系4000番台、「サンダーバード2号」でした(写真)。



Nisp3



 続いて、米原行き普通電車、521系、クハ520 4始め2両が通ります(写真)。金ツルE03編成でした。



Nisp4



 続いては、EF81 117牽引のコンテナ貨物列車が通ります(写真)。時間から、新潟貨物ターミナル発東水島(岡山県)行き、高速貨物3096レと思われますが、改正後の時刻表が手元に無く、断定出来ません。早急に、購入したいと思います。



Nisp5



 次は、683系2000番台3+5連、「しらさぎ54号」のようですが、通常は基本5連のみの所、8連でした。



Nisp6



 続いて、目的の列車を敦賀で追い抜いた「サンダーバード6号」、683系4000番台9連+683系3連(番台特定出来ず)の12連です(写真)。その停車の間に、牽引機関車が交代します。



Nisp7



 遂に、目的の列車が、姿を見せます(写真)。ピンクのEF81、「トワ」塗色ではありません。昂奮は最高潮を迎えます。



Nisp8



 編成全体が見えてきました(写真)。EF81 106(「敦」)牽引です。白帯車と金帯車が混じり編成美を乱していますが、それがこの列車の置かれた現実です。明日からは、多客時にしか運転されません。



 そして、列車は行き過ぎました。





 寝台特急「日本海」、本日の動画です。この「お立ち台」は、列車が近づくと保線職員用警報が鳴り、接近がわかりやすく、動画も失敗する確率が低いです。



 「日本海」も、恒常的に一定の旅客があれば廃止は免れたでしょうが、車両も老朽化が進み、新規投資に見合わないため、廃止になったのでしょう。しかも航空機や長距離バスとも競争となり、経済原則はこの列車に厳しいものでした。残念ですが、普段から利用を心がけなかった油断だったのでしょう。後悔は先に立ちません。



 今日の予報は雨。レインカバー2回目の登場かと思いましたが、霧雨程度で濡れ方は軽微でした。しかし、精密光学およびエレクトロニクスには最も注意が必要な水分であり、収納時に確実に拭き取りました。まるで、「日本海」廃止を悲しんでいるかのような涙雨ですが、カメラが泣いても困るので、手入れは重要です。



 今ダイヤ改正での廃止関連、最後の取材を今日出来たことは運が良いと思います。しかし地元JRは、「あれもだよ!忘れないで!」と言いたいでしょうから、それもそのうちに(ということは、それが本当の最後なのか)。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR