Bullet Train(後半戦)

Bukp1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、新幹線後半戦です。



 昨日は、博多でS12編成に乗ったところで記事が終わっていますが、同編成は昨日「みずほ605号」の運用に就いており、そのまま熊本ワンストップで鹿児島中央へ。そのまま投宿、投稿し、朝を迎えました。



 今朝はゆっくり起きましたが、それでも出発予定には早い。今朝は結局鹿児島市電を取材しましたが、載せると長くなるので、次回以降にしたいと思います。



 そして今日の出発地、鹿児島中央へ(写真)。注意して見ると、黒くなった部分に「鹿児島中央駅」と書かれ、その上に架線の終端が見えますが、その部分が新幹線ホームで、在来線と直角に交わっています。これは、在来線が山地を避け回り込んでいるのに対し、新幹線はその山地に直接トンネルを刳り貫いているからです。



Bukp2



 発車時間が近づいてきたので、2階のコンコースに上がり、3階新幹線ホームへ。ここが新幹線の終点です(写真)。



Bukp3



 南から11番、12番となっており、島式2面4線になっています。左13番線にはR6編成、右12番線にはR1編成が入ります(写真)。



 11番線の、新大阪行き「さくら」の近辺が、マスコミ関係者で騒がしいなあ、と思ったら、6号車グリーン席付近にはSPが数人立っています。昨日政治家が鹿児島に来ていたので、その帰京の列車だったようです。



Bukp4



 そして私は博多行き「さくら」に乗ります。鹿児島中央発「つばめ」は、朝と晩に1本ずつしかないため、昼間の場合は合わせ技しかありません。



 間もなく川内、という場所で、左手に車庫が見えてきます(写真)。これが部分開業当時の「幹セイ」、川内車両基地で、現在は熊本(「幹クマ」)の派出所になっています。鹿児島中央が手狭で、構造的に車庫が設けられない関係で、車両基地がこの場所に設けられました。



 部分開業当時、毎年この基地で新幹線イベントが行われており、全面開業前に是非行きたいと思っていましたが、残念ながら間に合いませんでした。



Bukp5



 そして一駅目、川内です(写真)。薩摩川内市の中心駅です。



Bukp6



 続いて出水近くには、「肥薩おれんじ鉄道」の気動車が多数並びます(写真)。同鉄道はJR当時から電化路線を引き継ぎましたが、営業車両は全て気動車、架線は一日数本のJR貨物の列車しか使用しません。余剰寝台車でクルーズトレイン、というのは無理でしょうか。



Bukp7



 そして二駅目、出水です(写真)。



Bukp8



 次は、新水俣です(写真)。上りは緩急併合が可能な構造となっていますが、施設はまだ使用されていないようです。



Bukp9



 その次は、部分開業当時の暫定起点駅、新八代です(写真)。



Bukp10



 同駅の下りホーム(写真)。以前は下りホームのみ使用し、その反対側には特急「リレーつばめ」が入線し、対面ホームで乗り換えが可能でしたが、現在は「リレーつばめ」側は使用されません。最終的には、下り緩急併合駅になるのでしょうが、まだ未完成です。



Bukp11



 その熊本側には鹿児島本線からの乗り入れの線路があり、同時に新在直通可能な「フリーゲージトレイン」の試験線となっていましたが、その施設は使用を停止したようです。途中に柵がしてあります(写真)。フリーゲージトレインは二次試作車が製造されていますが、軸重が重すぎ、まだ実用化の目処が立っていません。



Bukp12



 そして右手には、JR九州熊本総合車両所、「幹クマ」が見えてきます(写真)。JR九州所属新幹線車両の整備工場でもあり、大規模な施設です。



Bukp13



 そして、熊本に到着(写真)。在来線熊本運転所跡地に建設されました(熊本運転所は移転)。島式2面4線の駅です。



Bukp14



 熊本の次は、新玉名(写真)。在来線接続はありません。難所、田原坂を避けたのでしょう。



Bukp15



 続いて、新大牟田に到着(写真)。ここも接続なし、西鉄を避けたのか。



Bukp16



 次は、筑後船小屋です(写真)。ここは、在来線船小屋駅を移転しました。



Bukp17



 その次は、久留米です(写真)。西鉄が接続しないから、だけではなく、久大本線も接続するからです。



Bukp18



 次は、新鳥栖です(写真)。ここも2面4線、単に長崎本線接続のみならず、最終的には九州新幹線長崎ルートの分岐駅になる予定駅で、分岐線の準備工も施されています。



Bukp19



 そして800系「つばめ」U002編成は、博多駅16番線に入線します(写真)。折り返しは「さくら」で、800系「つばめ」のLED方向幕は撮れませんでした。



Bukp20



 博多駅に行ったら、やはり11番線を見なければなりません。博多折り返し九州新幹線専用ホームで、8両分しかホームがありません。その先には、終端表示があり、行き止まりになっています(写真)。これで、九州新幹線の全駅に停車しました。



 そして、帰途に就きました。



 今朝の鹿児島市電ネタも、博多から「のぞみ」に乗った後のネタもありますが、これだけで十分に長いので、また次回以降にしたいと思います。



 開業から乗車まで一年かかってしまいましたが、やっと乗車することが出来、嬉しく思います。皆さんも、一度乗車されてみては如何でしょうか。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR