もう一度お会いしたかった(後半戦)

Sar1b1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は昨日の続き、中国地方からお届けします。



 昨日は豊岡で終わったので、そのまま帰ろうとも思いました。しかし、まだ行きたい。結果大移動し、津山へ。途中の道は湿潤で、ほぼ0度、凍結の危険があり、冬タイヤを早く外しすぎたと後悔しました。



 津山駅からも近い小学校正門前には、C11 80が保存されます(写真)。



Sar1b2



 続いて、新見市の「井倉洞」駐車場には、D51 831が保存されます(写真)。デフに鳳凰が装飾され、SL末期に伯備線でお召し列車を牽いたり、伯備線最後のD51三重連の1両であったりもしました。時期的に準戦時形です。



Sar1b3



 続いて、赤磐市菊ヶ峠のドライブイン跡地に保存される、片上鉄道キハ311です(写真)。管理者が無いはずですが、窓も割れず、塗装もしっかりしており、補修が行き届いています。



Sar1b4



 続いて吉ヶ原の片上鉄道(廃止)保存施設へ行きました。DD13 551が、客車及び貨車を従えています(写真)。このDLは、動きます(動態保存です)。



Sar1b5



 側線には、トラ814、客車ホハフ2003が停まります(写真)。



Sar1b6



 中線には、キハ312が停まります(写真)。



Sar1b7



 奥には、キハ702が(写真)。国鉄の戦前の気動車、キハ41000のスタイルです。



Sar1b8



 その奥には、キハ303が停まります(写真)。この2両も動態保存ですが、走っている姿は見たことがありません。



 今日は保存会の方が車両を整備しており、「中を見せてあげようか?」とも言ってもらいましたが、次があり断念。是非、運転会の時にも来たいと思っています。



Sar1b9



 続いて、美作市(旧英田町)の、岡山臨港鉄道(廃止)気動車のあった場所は、更地になり、車両は撤去されました(写真)。残念。



Sar1b10



 続いて、先回日没でブレた、西大寺鉄道(廃止)キハ7です(写真)。よく見るとドアが木製で、少し傷んでいます。



Sar1b11



 続いてこれも日没だった、長船の「下津井電鉄」(廃止)保存車です。最初は、ホハフ2です(写真)。



Sar1b12



 次は、ホワ2です(写真)。この2両は、リンク式連結器です。



Sar1b13



 最後は、クハ6です(写真)。非電化時代の気動車を、電化時に機関を外し、制御車に改造したようです。



Sar1b14



 片上には、旧片上鉄道のDD13 552が保存されます(写真)。以前は見落としており、発見できて嬉しいです。



Sar1b15



 備前浄化センターには、片上鉄道キハ801が保存されます(写真)。悪戯が酷く、無惨な姿を晒しています。元小坂鉄道の気動車、見るに堪えない姿です。



Sar1b16



 今回の最後は、和気駅にも近いショッピングセンターの、車掌車を利用した飲食店です(写真)が、営業していませんでした。



 まだ日は高かったですが、そのまま帰宅しました。



 今日はルート取りが悪く、燃料不足が心配されましたが、思ったほど遠くではありませんでした。やはり鳥取県は中国山地の向こう側で、峠越えは多くの燃料を必要とする、ということでしょう。今回も散財し、取材を終えました。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR