永き日(後半戦)

Kan2q1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は昨日の続き、関西方面からです。写真は、明石海峡大橋です(写真)。



Kan2q2



 今朝は普通に起き、大阪上本町へ。「団体」を求めて行ったのですが、別のホームに「団体」のアナウンスが。行ってみると、何と15400系、「かぎろひ」初号編成ではありませんか!新車投入で余剰気味の12200系を、まだ廃車は早いとリニューアル、「クラブツーリズム」専用車とした車両です。2編成あり、第2編成は以前塩浜で見つけましたが、やはり第1編成は高安車庫所属のようです。



Kan2q3



 同編成の側面には、大きく「クラブツーリズム」と書かれます(写真)。



Kan2q4



 特急ホームには、12400系12402始め4連が停まります(写真)。同系は3編成12両のみの存在で、量産は12410系になりました。



Kan2q5



 大阪上本町駅3号線の案内(写真)。昨日撮った「鮮魚列車」は、この列車の間に上本町3号線に到着し、折り返し高安へ回送されます。



 今日は残念でしたが、少し冷静になると、鮮魚列車は日曜運休、土曜も運休の日がある、ということを思い出しました。朝の到着の動画は、またいつか(確か2年前に取材した記憶もありますが)。



Kan2q6



 そして上本町地下ホームへ行き、阪神直通尼崎行きに乗ります。そして尼崎で小遣い稼ぎをしようと思っていたところ、尼崎の反対ホームには「直通特急」が来ています。あまり考えずに、そのまま乗ってしまいました。



 阪神の「直通特急」は、神戸高速鉄道線を介し山陽電鉄姫路まで直通することから、その名になります。つまり、近鉄名古屋に始まる標準軌は、そのまま山陽姫路まで繋がっているのです!勿論現在名古屋発姫路行きは無く、その実現には多数の困難があるでしょうが、全く不可能な話ではないということです。アーバンライナーが山陽姫路に入線する、それは全くの夢ではありません。



 阪神三宮は地下ホームを大改造しているらしく、以前は端にあった梅田方面折り返しホームが、今は中間になり、配線も変わった感じです。



 そして新開地を通り、山陽電鉄へ。東二見でしょうか、3068始め3連が、引上線に入っています(写真)。アルミ無塗装車体、貫通路方向幕とも神戸電鉄同様で、正に地元神戸の川崎重工製です。



Kan2q7



 東二見の車庫の隅には、アルミ無塗装車体の元祖、2012他が停まります(写真)。恐らく現役ではなく、動態保存であるかどうかも疑問ですが、正に最初期のアルミ車体です。それは、営団6000系を経て、日立A-Trainに繋がる路です。



Kan2q8



 そして阪神赤胴車で、山陽姫路に到着(写真)。右にはいかにも山陽電鉄らしい車両、3000系が写ります。駅正面は、山陽百貨店です。



 全国各地に店舗を持つ今川焼きの本舗、「御座候」の始まりは姫路らしく、姫路近辺では看板を多数見ます。改装なったJR姫路駅内にも店舗があり、正直「本店の味」という興味もありましたが、時間の都合で断念しました。



Kan2q9



 再び来た道を戻ります。姫路駅から手柄山公園までロッキード式と呼ばれる跨座式モノレールがありましたが、営業不振により短期で廃止されました。同線の遺構は多数残っていましたが、時と共に減り、JRの高架化工事関連でかなり解体されました。山陽電鉄そばに残る橋脚跡(写真)。無念です。



Kan2q10



 そして飾磨で下車し、山陽電鉄の夢の跡、網干線へ。山陽網干に到着した3605始め3連(写真)。社名の通り山陽を目指した山陽電鉄、取り敢えず姫路でルートを確保していますが、網干線は本線から直進しているのに対し、本線は飾磨から大きく右にカーブを切り、東に戻る方向に進みます。夢は山陽進出、しかし網干で力尽きた、ということでしょう。明治期の「山陽鉄道」も神戸を起点に下関に達し、国有化で山陽本線に編入されたのを思い出します。



Kan2q11



 そして飾磨に戻ると、来るのは「直通特急」ですが、今度の車両は山陽電鉄の車両、アルミ無塗装の5000系、5632始め8連です(写真)。阪神車は赤胴車でもロングシートですが、山陽車はクロスシート、しかし転換もあれば固定もあり、製作時期で異なります。この編成は全車2+1のオール転換クロスシートでした。なお、この編成は阪急乗り入れ対応もなされていたらしく、ATS表示には「山陽」「阪神」と並び「阪急」の表示灯もありました。



Kan2q12



 そしてそのとおり新開地で阪急の特急に乗り阪急梅田へ行き、御堂筋線に乗って帰ろうと思いましたが、尼崎で見てしまったものが思い出され、そのまま阪神尼崎まで戻ってきてしまいました。



 それは、車庫の片隅に停まる救援車、101です(写真)。1000系2連の奥に隠れています。まあ、この車両が役に立たないことが、一番良いことではあるのですが。



Kan2q13



 そして尼崎車庫といえば、202、201でしょう(写真、手前クレーン装備車両が202)。電動貨車、昼間はいつも、大体この位置か。動くところを拝むには、我が家は少し遠いです。



Kan2q14



 そしてここまで戻って、梅田というのも捻くれています。結局、来た道を戻り大阪難波へ。せめてこのまま近鉄奈良線東生駒でも、とも思いましたが、昨日の積み残しを思い出し、特急回数券を指定券に換え、帰ることとしました。



 大阪難波2号線には、12410系12414始め4連、近鉄奈良行き特急が入ります(写真)。ビスタカーⅢ世と同時代の、いわゆる第2世代に当たりますが、高速車両では省エネ制御は一般的でなく、VVVFも技術的に未確立だった時代、結果抵抗制御で、多数を占める第1世代(”エース”等)に対するアドバンテージも少なく、量産車とはいえ5編成20両で、小さな所帯です。



Kan2q15



 間もなく、”Ace”22600系2連+”ACE”22000系2連の編成が3番線に入線します(写真)。22600系は22651+22951で、2連の初号編成でした。



 もしバブルがそのまま続いていれば、近鉄特急一般形は全部22000系に置き換えられる予定でした。しかしバブルは平成3年に崩壊、結果”スナックカー”12200系は、置き換えが20年遅れました。金が全ての拝金主義の時代は、いつかは終わるのです。確かに男性には楽しい時代でしたが、女性にとってはどうだったのでしょうか。



Kan2q16



 そして難波発アーバンライナーは、終点の近鉄名古屋に到着しました(写真、21609始め6連)。



 そのまま真っ直ぐ家に帰れば、もう少し投稿は早く出来ましたが、結局瀬戸電へ。記念入場券は昨日中に全駅完売、通常の硬券に記念台紙を付け販売していました。昨日行けば全部買えたのでしょうか、時間的限界で、残念でした。まあ、意地で台紙だけは揃ったので、それで良いのか。後は、抽選に当たることだけです。やはり、「時は金なり。」「早起きは三文の得。」のようです。



 名鉄瀬戸線の記念入場券セットは、プレミア付きでも欲しい方はいるのでしょうか。やはり、ネットオークションで換価するのでしょうか。早起き代を正当に評価していただけるなら、良いですよ(勿論応募券はあげません)。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR