South Sea Bubble#1

Sik1p1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は三連休を利用して、四国に来ています。



 例によって昨晩自宅を発ち、神戸から淡路島に入り、パーキングエリアにて仮眠。今朝一番に、隣の車がドアをぶつけて、そのまま逃げ去ってしまいました。朝から、運悪い。しかし予報の雨は、小止みになっている感じで、一安心しました。



 そして鳴門から四国入り。今日の最初は、鳴門駅近くの公園に保存される、C11 66です(写真)。



Sik1p2



 続いて阿南まで行きましたが、空振り。来た道を戻り、国鉄小松島線(廃止)関連、「小松島ステーションパーク」にて保存される、C12 280、およびオハフ50形(資料では272)です(写真)。まずまずの天気で、良い感じです。



Sik1p3



 徳島駅裏手の徳島中央公園(徳島城址)には、68692が保存されます(写真)。徳島駅の横は徳島運転所、その隣で保存されます。しかし、ここまでの防御が必要とは、残念です。



Sik1p4



 続いて藍住町内「阿波っこステーション」には、台車を振り替えた旧式客車、オハ47とされる客車が2両並び、店舗として使用されます(写真)。



Sik1p5



 続いて上板町、「上板歴史民俗資料館」には、スハ43(資料では275とされる)らしき客車が保存されます(写真)が、施設自体運営されているか疑問で、状態はあまり良くありません。



Sik1p6



 そして山を越え、香川県へ。東かがわ市の福栄小学校前には、C11 195が保存されます(写真)。



Sik1p7



 そして海側へ、再び「道の駅源平の里むれ」に来ました。琴電335も変わりありません(写真)。



Sik1p8



 その外縁、房前ノ鼻を、琴電志度線が通ります(写真)。今日も電車が通ります。



Sik1p9



 高松港港湾地区には、オハフ50(資料では180とされる)が保存されます(写真)。サボも、注目です。



Sik1p10



 高松市番町の公園には、C58 12が保存されます(写真)。四国は中勾配が多く、C58とD51が多いのでしょう。



Sik1p11



 高松空港南側の「さぬきこどもの国」には、琴電62が保存されます(写真)。大正2年製、戦前には京急、東急を経て、戦後琴電入りし、国産電車としては現存最古級の車両です。丁度雨が強くなり、難儀しました。



Sik1p12



 62車内(写真)。琴電で鋼体化改造を受け、他の半鋼製電車と同様の内装となっています。



Sik1p13



 運転台(写真)。マスコンとブレーキ弁以外は、後付けであるのが分かります。



Sik1p14



 宇多津町内で予讃線は、瀬戸大橋線関連で路線位置が変わっています。その旧線が通っていたであろう場所の下に、写真のような石積みのアーチが組まれています(写真)。旧岩屋架道橋で、産業文化遺産に認定されているとのプレートが、横に掲示されていました。



Sik1p15



 坂出市内には、C58 295が保存されます(写真)。



Sik1p16



 丸亀市内のショッピングモール駐車場には、阪堺電軌175が保存され(写真)、前後が路面電車用の線路になっています。しかし現在は、倉庫代用となっています。



Sik1p17



 そして今日最後は、多度津駅前の58685(8620形)です(写真)。日没のため、自然光ではVRレンズでもブレ、スピードライトを焚いてもこの程度です。



 そして今日の滞在先に向かいました。



 今は一年で一番日が短い時期、夏場のように7時過ぎまで追い求める、ということはできません。明日こそは、効率的に回っていきたいと思います。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR