分離動詞#1

Kis1p1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「きんてつ鉄道まつり2012」を取材しました。



 昨晩自宅を発ち、SAで仮眠し、早朝五位堂入り。数年前から目をつけていたあの場所へ行き、車を停めます。しかし眠気が催し、駐車場で寝てしまいました。再び起き、開門40分前に行列に入ります。10分前に門が開いたらしく、部品と記念グッズが別の行列となり、一番短い一般見学の列へ。そのまま中へ入ります。



 最初は、撮影会会場へ。左から、”Ace”22600系22652始め2連、”アーバンライナー・ネクスト”21020系21622始め6連、「はかるくん」クワ25始め2連、レール削正車(鉄道機械)です(写真)。朝一番、子供が入る前で、バッチリです。「先んずれば人を制す」です。



Kis1p2



 その左には、左15200系”あおぞらⅡ”(団体専用車)15201始め4連、5200系5101(オール転換クロスシート車、長距離急行用)始め4連です(写真)。



Kis1p3



 近鉄の前身、大軌の1号車、モハ1です(写真)。数年前の同イベントでは、中に入るという企画もありましたが、半鋼製のため木造部分の傷みが激しく、通常は入ることが出来ません。



Kis1p4



 本線寄りの側線には、9330始め6連が、休憩車両として停まります(写真)。中間車は、「斑鳩」ラッピングです。



Kis1p5



 奥では、右手前9126始め2連、左奥9128始め2連が、運転士・車掌体験のため停まります(写真)。行列は、この時点で双方とも1時間待ちでした。



Kis1p6



 9330の編成の横、工場側には、2530始め2連、続いて中間車が2両停まります(写真)。



Kis1p7



 間もなく工場内では、リフティングが始まります。補修中で塗装を剥がれ、パテ丸出しの5352を、30トンクレーンで吊り上げます(写真)。動画は、帰宅後に。





 お待たせしました、その動画です。そろそろ、所有する動画カメラの限界を、感じつつあります。



Kis1p8



 その横では、電動貨車モト97始め2連を、子供が綱引きしていました(写真)。同車の積載貨物は狭軌用台車、橿原神宮前で仮台車に履き替えた南大阪線車両を牽引するのが、この車両の仕事です。



Kis1p9



 横では30000系”ビスタEX”、30254と思しき4連が、展示されます(写真)。”しまかぜ”デビューで、今後の処遇如何。



Kis1p10



 後では6469始め2連(6000番代は南大阪線の系列)が、こども制服撮影会の背景になっています(写真)。大人用もあり、親子制服姿を社員が撮影する(カメラ持参)サービスもしていました。



 そして展示された各種部品を撮影、外に出ました。





 最初の部品は、パンタグラフです。菱形も、今後減少するのでしょう。





 続いては、コンプレッサー(CP)です。シリンダーヘッドが外され、動作が分かりやすくなっています。





 続いて、ブレーキです。動力的にはエアブレーキ、方式は踏面にパッドを押しつける踏面ブレーキです。



Kis1p11



 間もなく、先ほどのレール削正車が、実演を始めました(写真)。要するに、砥石でレールを削っているのです。そのため火花が散り、前後では散水しています。この動画も、帰宅後に。





 レール削正車の動画です。砥石がレールを削り、火花が散る様子が分かると思います。



 そして五位堂会場を後にし、今年から開催されるもう一つの会場へと向かいました。しかし、それを書き続けると長くなるので、次回としたいと思います。



 昨年もサブデジカメ(CXフォーマット)のデビューがこのイベントからで、今年はメインカメラのデビューです。中級機としては究極のマシンですが、処理するコンピューターが追いつかず、時間的制限からやむなくカットしました。以下、後半戦へ。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR