Holidays#3

Home14a1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、先回の心残り、三岐鉄道北勢線を取材しました。




 今朝は、またしても得意技をかましてしまい、何とか予定1時間前に家を出ましたが、連休初日とあって高速は大渋滞、そのアブレが一般道に流出し激しく渋滞、結果予定時刻までに到達が出来なかったので、最初の目的地を断念、次の目的地、三岐鉄道北勢線を選択しました。




 そして予定より早い時間に、予定ポイントに到達。そう、土木学会選奨土木遺産の「めがね橋」へ。三岐色4連が西桑名に向け通過します(写真)。




Home14a2




 そして、いきなり「ナローの女王」にお会いしました(写真)。阿下喜に向け通過します。




Home14a3




 約50分後、阿下喜から戻ってきます(写真)。ここで構えるギャラリーの、最大の目的です。







 その、動画です。これを撮った時点で、ここでの目的がほぼ達成されました。




Home14a4




 先ほどの列車と楚原で行き違った列車、三岐色3連が阿下喜に向けやって来ます(写真)。このポイントは楚原駅に近く、上り通過後5分程でやって来ます。




Home14a5




 先日のNHKのBSで、プロ鉄道写真家が北勢線を訪問した、という番組が放映されました。その最後を飾ったこのポイントで、同じアングルを目指し、写真を撮りました(写真)。日の出の方向は、この時期大体この方向です。そのシャッターチャンスに、最初に撮るのがプロの写真家、それを他の時間帯にパクるのが2流アマチュア写真家です。鉄道写真で生きていく、私の技量ではとても不可能です。




 因みに、「プロの『鉄道』写真家」になるために、写真学校(写真教室ではなく、プロを目指す専門学校)に通った方がいるそうです。写真学校では、マニュアル露出式のフィルムカメラで指導を受けるそうです。それは、同条件なら大体同じ結果の出るデジカメと違い、ラチチュード(許容)の小さいリバーサルフィルムでは、巧拙がモロに出るからです。行きたくない、といえば嘘ですが、やはり、私には仕事があります。定年後か、クビになってからなら考えますが、ちょっと今はダメですね。なお、指導に使うカメラは、一般にF3だそうです。先日手に入れた、露出計がLED3灯式のFM10ならありますが、クラシックカメラには未だ手が出ません。プロを目指す若者よ、君たちもリバーサルを目指せ!




Home14a6




 そして50分後、阿下喜から折り返し戻ってきました(写真)。







 その動画です。M車のみ新造し、他の車両は既存車を電装解除し付随車にする、それは北勢線のみならず、近鉄ナローゲージの一般的パターンです。




Home14a7




 続いて、”WAON”ラッピング車がやって来ました(写真)。



 イオン会長の長男、則ち社長の兄は、三重県の有力代議士です。それもその筈、イオンの創業地は四日市なのです。今でこそ千葉の幕張に本社がありますが、元は四日市の、伝統ある呉服屋だったのです。北勢線にとっては、心強いスポンサーです。




Home14a8




 これも、再び阿下喜から戻ってきました(写真)。







 その動画です。



 西桑名から阿下喜へは、ほとんど上り勾配ですが、この区間は唯一下り勾配、則ち西桑名方が山側になり、阿下喜方にM車がある北勢線の、上り列車の最大の難所でもあります。雨の日に乗車した時に、この勾配で空転し、苦労して楚原に着いた、ということもありました。




Home14a9




 続いて、4連下りがやって来ました(写真)。




Home14a10




 同列車も折り返し、50分後に戻ってきました(写真)。







 その動画。3連よりT車が小さく、少し長いだけです。




Home14a11




 すると、その行き違いは、再び「ナローの女王」、三重交通色でした(写真)。これで一巡しました。







 その、動画です。



 これを撮ったので、この後同じ写真を撮っても芸がないので、少々時間もあったので移動しました。




Home14a12




 もう一つ撮りたい、といえば、やはり「ねじり橋」(写真)。これも土木学会選奨土木遺産であり、貴重な構造物です。ここで構えることとしました。




Home14a13




 そして、予定より早い40分後、「ナローの女王」は折り返し、阿下喜から戻ってきます。先頭部分がやって来ました(写真)。




Home14a14




 そして、過ぎ去ります(写真)。







 ねじり橋を登っていく「ナローの女王」。その動画です。




Home14a15




 そして間もなく、同列車と楚原で行き違った列車が通過します(写真)。




 撮りたい写真は大体撮ったと思ったので、ここで撤収し、帰途に就きました。




 今日は連休初日で、激しい道路渋滞を読めなかった私は愚かでしたが、怪我の功名、「ナローの女王」をしっかり撮ることが出来ました。心残りは、ほとんどありません。敢えて言うなら、やっぱり、北勢線の乗り鉄かなあ?



 なお、今回の当初の目的地は、こんな混雑する連休中ではなく、通常の週末にでも行こうかと思います。それはまた、そのうちに。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR