The Fault(後半戦その1)

Yutop1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名古屋ガイドウェイバス、通称「ゆとりーとライン」を取材しました。




 地元系ICカードのキャンペーンで、昨日は一番遠い豊鉄に乗り、今日は先ずは守山から行こうと思い、あまり考えずに大曽根へ行きました。




Yutop2




 大曽根駅、一番西は名鉄瀬戸線、隣にJR中央線があり、その東側に「ゆとりーとライン」大曽根駅があります(写真)。2階に一斉改札が可能なコンコースがあり、3階が屋根付きの乗車ホームです。




Yutop3




 丁度大曽根行きが到着します(写真)。道路にレールがあること、そして塗色が異なることを除くと、普通のバスのようです。




Yutop4




 このバスが普通ではないのは、この部分のためです(写真)。前輪外側に横向きの小車輪があり、これがレール(ガイドウェイ)に従って前輪を操舵することから、自動的にカーブすることが出来ます。




Yutop5




 後輪にも従輪があり、これでオーバーランも防がれています(写真)。通常の路面走行ではこれらの部分を収納し、普通のバスとして運転が可能になっています。




Yutop6




 そしてバスが入線(写真)。乗車します。




Yutop7




 途中はあるのですが、小幡緑地でガイドウェイを降り、通常のバスになります。




 そしてこのバスの終点、中志段味へ。大曽根発の多くはここが終点、折り返し運用のための操車場が広がります(写真)。周辺は現在区画整理の真っ最中、完成の暁にはこのバス通りの県道も拡幅され、通行がもっと容易になります。




Yutop8




 30分~60分に1本は、高蔵寺行きです。待っていると、間もなくやって来ました(写真)。




Yutop9




 そして終点、高蔵寺に到着(写真)。直ちに回送になり、駅を発車します。




Yutop10




 約40分高蔵寺で時間を潰すと、別のバスが回送され、大曽根行きの営業に就きます。




 運転席を観察すると、運転士右手側最前部に、「軌道」と書かれたレバーがあります(写真)。これがどうも軌道運転切り替えのレバーのようです。




Yutop11




 運転士左側、乗客用押しボタン連動停止合図の下には、写真のような3連2段の表示灯が(写真)。「左」「右」「安定」と書かれ、これが切替動作確認の表示灯と思われます。軌道運転時は緑、通常運転時はオレンジのランプが点きます。




Yutop12




 そして、小幡緑地駅少々北側の、「名古屋ガイドウェイバス」本社前に、写真のような遮断機があります(写真)。ここで軌道が切れており、則ち切替ポイントです。切替が終わると、遮断機が上がる仕組みになっています。連動方法は、不明です。




Yutop13




 入口の交差点前には、車両が2両置かれています。先ず、手前は、トラックです(写真)。荷台にはナポレオン式クレーンがあり、保線用の車両と思われます。




Yutop14




 もう1両は、バスです(写真)。見てみると、「ガイドウェイバス試験車」と書かれます。少し古いバスで、三菱ふそう(現「三菱ふそうトラックバス」)のバスでした。現在走るのは日野自動車製のハイブリッドバスのようですが、元々の技術は三菱で開発され、日野でも使える仕組みであったようです。「ゆとりーとライン」開業当初は、両方のバスがありました。




 なお、以前は名鉄バス及びJR東海バスもありましたが、現在は全部名古屋市営バスに移管されました。




Yutop15




 軌道を観察していると、制限速度表示は勿論地面にもありましたが、基本は軌道車両として、標識で表示されています(写真)。「B」はブレーキ、「25」は制限時速25キロで、勿論速度制限解除の標識もあり、それは一般的な鉄道の標識と同じでした。




Yutop16




 砂田橋で下車。ここから大曽根までの3駅は、全て地下鉄と直結しています。砂田橋は、地下鉄と建設が同時期であったこともあり、地下鉄コンコースから小幡緑地行きホームまで直結するエレベーターもあります(写真)。




Yutop17




 ナゴヤドーム前矢田(写真)。ここから左側(南側)に続く歩行デッキがあり、これはナゴヤドームまで直結しています。




 そして取材は終了ですが、日没にはまだ時間がありました。そのため、この後は「後半戦その2」としたいと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR