The Fault(前半戦)

Seto14e1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名鉄瀬戸線から取材しました。




 名鉄の抽選付きフリーきっぷを何枚も買い込んだのは良いのですが、抽選に外れてから返品、というのもセコい。結局、勿体ないと今日も使用します。



 いつもどおり栄町に行き、磁気券に引き換えます。そして、名鉄瀬戸線最後の赤い電車となった、6035Fを捜索します。そこで捕捉し、狙って乗ると、録音用のICレコーダーが、何と電池切れ。これではかなわないと、結局下車し、電池を買いに走り、再度捜索しました。




Seto14e2




 時間の見当はついていたので、今度は栄町で待ちます。待っていると、先日納車され、6031Fと入れ替わりに運用に就いた4016Fが、普通尾張瀬戸行きで入線します(写真)。当然、名鉄瀬戸線最新の編成です。




Seto14e3




 4016の車内(写真)。他の4000系と勿論同じですが、まだピカピカで、新車の香りがします。




Seto14e4




 そして今日は準急ループに入っていた、6035Fを再び捕捉します(写真)。上りは準急、折り返しは普通尾張瀬戸行きです。急行ループだと、折り返しの尾張旭行き普通での入庫を心配する必要がありますが、幸いその心配は不要でした。




Seto14e5




 Mc車6235の車内(写真)。本線の6000系とほぼ同じです。しかし、M車であることから、床にモーター点検蓋があります。




Seto14e6




 6235の運転台(写真)。同車の引退により、間もなく瀬戸線もコンピューターでの運転管理の準備が完了します。




「2-6235kakukudari.wma」をダウンロード




 苦労して録った、往き道の普通運用の添乗音です。Mc車6235、普通尾張瀬戸行き、約40分です。




「1-6235junnobori.wma」をダウンロード




 折り返し、準急栄町行きの添乗音です。約35分、こちらもどうぞ。




 そして、今日の最大の目的を果たしたので、栄町から本線に向け出発しました。




Seto14e7




 金山で電車を待っていると、次の列車は特急内海行き。しかし特急は内海側が指定席で、前面展望は楽しめません。そのため断念し、次を待つと、快特豊橋行きでした。軽い気持ちで乗っていると、途中停車は神宮前(当然)、あとは知立と東岡崎のみ、途中の国府は通過で、久しぶりに豊川へ行く、というのも急行に乗り換える必要があり、結果断念。そのまま豊橋に着きました。




 そこで思い出したのは、例のキャンペーン。地元系ICカードを各社で使えば、抽選でポイントプレゼントがある、とのことで、折角豊橋まで来たので、豊橋鉄道に乗ろう、と思い立ちました。豊橋から少々歩くと、新築成った豊鉄新豊橋の駅があります。豊鉄渥美線は、ここから出ています。




 駅に着くと、菜種色のダイヤモンドヘッド、「なの花」が発車します(写真)。残念、行ってしまいました。




Seto14e8




 次の列車は、ピンクの「つつじ」です(写真)。ダイヤモンドヘッドの3連です。




Seto14e9




 間もなく、隣のホームに、紫の「菖蒲」が入線します(写真)。




 渥美線は、かつては「なの花」と「なぎさ」のみ塗色が異なりましたが、現在では全10編成全部色が異なり、それぞれに花の名がついています。




Seto14e10




 まもなく、「つつじ」は発車。途中、青い電車が行き違います(写真)。名前は、「ひまわり」でした。




Seto14e11




 そして、車庫のある高師に到着、下車します。改築成った新車両工場には、左には緑の「椿」、右にピンクの「桜」が入っています(写真)。




Seto14e12




 その間、車両工場奥には、茶色の「はまぼう」が入ります(写真)。整備中のようです。




Seto14e13




 終点、三河田原まで行っても良かったのですが、結局折り返します。



 新豊橋には、先行列車「菊」が入ります(写真)。




Seto14e14




 乗ってきたのは、赤い「ばら」でした(写真)。1801、初号車を名乗ります。




 渥美線電車、全10色の載ったクリアファイルや、下敷きも販売されているとのことで、そちらもどうぞ。




Seto14e15




 豊橋からは、JRに乗ります。飯田線の運用に就く313系3000番代、海カキ(JR東海大垣車両所)R105編成です(写真)。119系の時代は、大垣まで空車で回送されましたが、現在313系は東海道線の編成に併結され、営業しながら回送されます。(213系は神領車両所所属のため、空で回送されていると思われます)。




Seto14e16




 そして豊川で稲荷寿司を買い、名鉄の豊川稲荷へ行きます。6800系後期形、6833Fが、ワンマンで豊川線運用に就きます(写真)。これに乗車しました。




 終点国府で乗り換えたのは、1000系+1200系、本線特急でした。




Seto14e17




 そして特急で神宮前まで行きましたが、少々日没には早い。そこで、常滑線大江まで行こう、と思い立ちました。




 大江に行くと、昼間は開いていない、5番線への中間改札が開いています。通り抜け、電車に乗っている職員に聞くと、間もなく発車する、とのこと。そのまま築港線に乗ってしまいました。




 そして一駅、東名古屋港に着きました(写真)。昔はAL車体新製車、旧3300系3連が運用に就き、引退後は3100系2連が使用されていましたが、輸送量不足のためか大江のホームが延伸され4連対応となり、特急車1000系の足回りをリサイクルした5000系4連が、現在は運用に就きます。




Seto14e18




 築港線、閉塞方式はスタフ閉塞であることが知られていますが、以前は本当に棒だけのスタフでした。しかし今は写真のようなスタフになり、区間も下の三角に刻印されています(写真)。




「3-5108chikkonobori.wma」をダウンロード




 名鉄築港線、上り大江行きの添乗音です。Tc車のため駆動音はありませんが、発車後間もなく通る名古屋臨海鉄道東港線との交差、直角ダイヤモンドクロスの通過音が、要注目です。




 そして帰途に就きました。




 帰宅し、鞄を全部開けると、ICレコーダー用の予備の電池が入っていて、自らの愚かさを思い知らされました。そのために、2時間も無駄になってしまったのに!遣り場のない怒りです。準備は、あらゆる事態を想定しておきましょう。



 明日は、同様にキャンペーン応募の準備をするのか。チャージも、しっかりしておかないといけません。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR