雨のち晴れ#4

Nii1d1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、新潟遠征2日目の続きです。




 冬鳥越を発った私は、再び新潟市に戻り、南区月潟へ。月潟には、新潟交通(廃止)月潟駅跡を利用した保存施設があります。川の堤防上に、旧月潟駅の駅舎があります(写真)。




Nii1d2




 保存車両は、3両です。



 最初は、モハ11です(写真)。日車標準車体、則ち旧式車の足回りを再利用し、車体を新製したリサイクル車です。




Nii1d3




 相前後しますが、運転台の様子(写真)。こちらもそこそこ新しいです。それもその筈、新潟交通も全面廃止は平成であり、運輸省令(国交省令)改正に伴う整備が行われています。




Nii1d4




 車内の様子(写真)。車体は新製であることから、床はリノリウム張りです。緑のモケットは、こちらも補修を不要としています。




Nii1d5




 続いては、モニ51です(写真)。元は荷物電車でしたが、最後は機関車代用で、除雪時にも出動しました。




Nii1d6




 車内は木造荷物電車で、現在は倉庫代用であり、写真は掲載しません。




 運転台の様子(写真)。少し古い運転台です。この部分まで木造です。




Nii1d7




 最後は、キ116です(写真)。国鉄キ100形、単線形ラッセル車です。モニ51に後押しされ、使用されました。




Nii1d8




 車内の様子(写真)。真ん中にエアタンクがあり、これで各部を動作させます。先頭は、運転席3人です。



 この施設には「保存会」があり、車両の整備、冬期の腐食防止のための保護シート掛けなど、丁寧に保存しています。この日も、鉄道の日に合わせた、展示の準備を行っていました。




 そして月潟は去り、次の目的地、長岡の大学構内へと向かいましたが、残念ながら越後交通(廃止)の保存車両は発見できませんでした。




 そして、帰宅しました。



 新潟交通は、新潟市と燕市を結んでいましたが、上越新幹線が建設され並行路線となり部分廃止、その後全面廃止となりました。新潟市側が信濃川を渡れず、新潟駅に乗り入れ出来なかったのが、少し苦しかったようです。全面廃止となり、残念です。せめて、保存車両は残るよう願いたいです。




 今日も愛車の習熟訓練を行い、動画投稿の時間を稼ぐことが出来ませんでした。前の車も3ナンバーで大きすぎると思っていましたが、今度の車は幅がそれから更に20センチ広がり、本当に大きい!長さ以外はトラック並みです。バックガイドモニターも無く、頼り切って腕が落ちたのを、痛感します。たかが車庫入れで一苦労です。しかもハイオク車で、駆動輪を最小にしても、燃費が!正に「万札吸い込むパチスロ」並みです。まあ、買ってしまったのですから、仕方ない。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR