雨のち晴れ#1

Nii1a1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、新潟方面へ来ています。




 いつものように昨晩自宅を発ち、一路新潟へ。僅かな仮眠で、新潟市に入ります。先ずは、東新潟を目指しました。




Nii1a2




 東新潟から皆が目指す方向へついて行くと、皆陸橋を渡り、JR貨物東新潟機関区のエントランスに到達します(写真)。




 今日は、東新潟機関区の公開日です。10時に開場となりました(タイトル写真)。




Nii1a3




 入口近くには、SLの動輪を模した「安全の塔」が立ちます(写真)。




Nii1a4




 今日は早く来たので、運転する機関車の運転台に添乗することが出来ました。機関車は、EH200 17です(写真)。





 その運転の、外からの動画です。順番は相前後しますが、どうぞ。




Nii1a5




 順番待ちの時間、後の建屋を覗きます。DE10 1554が、制服記念撮影用に停まります(写真)。




Nii1a6




 その隣には、コキ106 837が、コンテナ展示用に停まります(写真)。コンテナ3種です。




Nii1a7




 添乗の時間が来て、乗り込みました。EH200 17の1エンド側運転台(写真)。右のモニターにはモーターの出力、回生ブレーキの動作がグラフとなって表示されます。




Nii1a8




 機関庫の端には、JR東日本が発注したEF510、「北斗星」用でしたが、運用の変化で余剰となり、JR貨物に譲渡された機関車が停まります(写真)。EF510 506です。




Nii1a9




 同じくEF510 503です(写真)。





 内部からの展望の動画、往き道です。構内の様子が、分かるでしょうか。




Nii1a10




 戻り、撮影会場へ。奥には、先ほどの「北斗星」ガマの前に、DE10 3505が停まります(写真)。DE15を転用したため、3500番台を名乗ります。




Nii1a11




 撮影会に並んだ機関車(写真)。左から、EF510 21、DE10 1728、EF510 12です(写真)。EF510 21は、運転台見学用になっています。




Nii1a12




 貨物駅からの側線を、DE10 1730が入換で通過します(写真)。本線を走るEF81 600番台牽引の貨物列車と併走する姿は、ボツになりました。




Nii1a13




 EF510 12の運転台に機関士が入り、パン上げ、ヘッドライトを点灯しました(写真)。




Nii1a14




 建屋の横には、かつては北海道から九州まで各地で見られ、数も多かった有蓋車、ワム80000です(写真、車番不明)。この春、全運用から撤退しました。




 そして、この後の用事があったので、これで東新潟を後にしました。




 大きな機関区では無いので、展示車両も限られましたが、乗車体験も出来、良いイベントであったと思います。日程が合えば、是非次回も参加したいと思います。




Nii1a15




 東新潟機関区の北側は、JR東日本新潟新幹線車両センターです。よく見ると、昨年運用を離脱したE1系”MAX”の、先頭車が残っていました(写真)。速度向上についていけない車両のため、200系より早く撤退しました。




 そして、多くの人は、新潟というと、あそこを思い出すと思います。それが、今日の後半です。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR