木曽谷の奥深くで

Otaq1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「第4回 王滝森林鉄道フェスティバル2013」を取材しました。



 私事で恐縮ですが、先週は前の愛車とお別れし、昨日新たなる相棒が到着。早速試し乗りし、長野県へ。仮眠し、今日の会場へ向かいます。早いと思って行ったのに、来場多数、車の列に圧倒されました。



 そして今日の主役が登場(写真)。間もなく、開会セレモニーです。





 早速オープニングの動画です。場所は、バッチリです。



Otaq2



 間もなく、今日のお客を乗せる客車列車が入線。定員14人を載せ、発車します。





 その動画です。小さな、列車です。



Otaq3



 会場は運動公園。その片隅を利用して線路が敷かれています。中央の公園の広場には、ミニ列車たちが並び、サービスしています。最初は、恐らく井笠鉄道でしょう、1号機関車のミニSLです(写真)。



Otaq4



 次は、9633と書かれた、ミニ列車です(写真)。他、多数が用意されていました。



Otaq5



 もう一方の乗り場(C乗り場)には、客車列車の向こうに運材列車が停まります(写真)。客車列車は20分おき、運材列車は合間を縫って何回か運転されます。



Otaq6



 公園の隅には整備庫があり、車両の動態化が進められています(写真)。



Otaq7



 途中に、No.4と関電のモーターカーが、お客を乗せるべく入線します(写真)。





 お客を乗せ、関電のモーターカーが先に発車。その動画です。





 続いて、No.4が発車。その動画です。





 その後は、運材列車が出発。その動画です。



Otaq8



 空になったC乗り場には、タンク列車が入線(写真)。燃料のタンクです。





 入線の動画です。今日1回限りの運転です。



Otaq9



 そして、展示運転の準備をしています(写真)。間もなく、発車です。





 発車の動画です。一回きり、撮り直しは出来ません。



Otaq10



 運材列車は、再び戻ってきました(写真)。そして機回し、午後までお休みです。



Otaq11



 タンク列車を牽いていたNo.142は、途中でタンク貨車を車庫に収納し、単機で再び客車を牽くため戻ってきました(写真)。



Otaq12



 そして客車列車の出発の準備をしています(写真)。再び、営業を始めます。





 最後は、C乗り場での機回しの様子の動画です。DLを側線に入れ、客車を人力で押し入換、再び連結し乗客を乗せる準備をします。



 そして、大方撮影したので、会場を後にしました。



 今日は西の方からのツアーで来ている人がおり、知っている人に挨拶し、旧交を温めました。再会は、良いことです。



 2週間ぶりの投稿となり、ご心配をおかけしました。また、再開します。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR