当てが外れて#6

Hok2f1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北海道遠征、最終日までの様子をお届けします。




 滞在先を発った私は、かつての道東からの主要ルート、現在は「道東自動車道」完成で利用者の減った、日勝峠を越え、日高へ。占冠方面との交点、日高町近くの施設内にある、79616(9600形)を撮影。近くにはキャンプ場、ロッジがあります。




Hok2f2




 そこから南下し、平取町振内へ。国鉄富内線(廃止)振内駅跡には、D51-23とプレートを掲げるSLが保存されます(写真)。樺太帰りのSLと思われます。




Hok2f3




 横のホームには、水色に塗られた旧客が2両保存されます(写真)。現在はライダーハウスになっているようです。




Hok2f4




 横には、鉄道記念館があります(写真)。普段は閉まっていますが、平日昼間に限り、平取町振内支所の職員がやって来て鍵を開け、見学することが可能です。ただ、当然人を呼ぶ話ですので、礼儀は守りましょう。




Hok2f5




 自転車に乗ってやって来た職員に、鍵を開けて貰い、見学しました(写真)。動輪のモニュメント、奥は保線道具や旧振内駅の様子なども保存されていました。




 元はバス待合室も兼ねていたらしく、待合室用のベンチなどもありました。




Hok2f6




 続いて、富内へ。富内駅は、以前訪問した時は修復中でしたが、現在は修復も終わり、美しい姿となっています(写真)。




Hok2f7




 内部には、映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影の様子が写真でありました(写真)。映画の最後の方、高倉健と広末涼子が話すシーンを撮った場所なのだそうです。




Hok2f8




 こちらにも、旧客が2両(写真)。本当に、多く残っています。




Hok2f9




 ここから北上すると、紅葉山(石勝線「新夕張」駅のある場所)に到達します。




 紅葉山から三笠方面へ北上する国道に沿って移動すると、シューパロトンネルという長いトンネルがあり、その出口の少し先には、駐車場があります。そこから下流方を眺めると、遙か向こうに、トラス橋が姿を見せます(写真)。これこそ、「三弦橋」です。




 三弦橋は、大夕張ダム建設に伴う森林鉄道の代替ルートとして建設されたトラス橋で、下2弦、上1弦の四角錐を並べたようなトラス橋で、世界的にも貴重な橋梁なのだそうです。撮影したかったのですが、既に新たな「シューパロダム」建設で、国道がルート変更し、工事関係者以外は近くに寄ることも出来ません。ダメモトで行ってみたところ、遙かに望む位置で捉えることが出来ました。FXで420ミリ、超望遠レンズの世界です。



 なお、シューパロダム完成の暁には、水没する運命にあります。




Hok2f10




 少し戻り、シューパロトンネル入口前の駐車帯から捉えると、全部は見えませんが、ハッキリと赤いトラス橋が確認できます(写真)。




Hok2f11




 トンネルの夕張方の入口には、シューパロダムのインフォメーションセンターがあり、その横には三菱大夕張鉄道の車両群が保存されます。



 最初は、キ1、国鉄キ100形だそうです(写真)。




Hok2f12




 この車両群には保存会があり、茶色の旧客3両では、保存会の活動記録が展示されます。




 その後はセキ1、セキ2です(写真)。石炭車、下から落とせる構造です。




Hok2f13




 その横には、三菱大夕張鉄道のバスが保存されます(写真)。




Hok2f14




 そしてこの日の最後は、夕張鉄道25(写真)。元国鉄49694で、譲渡された車両です。




Hok2f15




 日を跨ぎ、翌日、苫小牧へ行きました。苫小牧市街地には、王子製紙軽便鉄道4、及び貴賓車が保存されます(写真)。貴賓車は、木造で窓毎に布のカーテンが装備されていました。




Hok2f16




 そして最後は、苫小牧科学センターの、C11 133です(写真)。日高本線でも同形が使用されましたが、このSL自体は主に道東で使用されたようです。




 そして、帰途に就きました。




 長い間、電波が届かず、心配でした。幸いコンセントはあったので、準備だけは進めることが出来ました。不幸中の幸いです。




 長い遠征でした。また、次回に向け準備していきたいと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR