当てが外れて#4

Hok2d1




 皆様、如何お過ごしででしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北海道遠征4日目の様子を、遅れてお届けします。




 滞在先を発った私は、向かったのは北見駅。北見駅西方には、トンネルの出口が見えます(写真)。このトンネルが石北本線遠軽方で、高架化せず、地下化されました。



 なおその左のスペースは、ちほく鉄道ふるさと銀河線(廃止)線路跡で、元国鉄池北線、石北本線開通までは網走本線で、道東への唯一のルートでした。




Hok2d2




 駅ホームには、キハ54 527、特別快速「きたみ」が据え付けられています(写真)。車両は、JR四国キハ54 0番代と同様に、2エンジン両運転台ですが、北海道仕様であることから500番代に分類されます。また特別快速「きたみ」は、道東方面唯一の追加料金不要の長距離列車、特急のスジでも良い気はしますが、「特別快速」です。昔は、ほぼ同時刻に「ふるさと銀河線」快速帯広行きも走り、かつては華やいだ時刻でした。



Hok2d3



 そして、北見駅2番線に、石北貨物(臨時高速貨物8071レ)が、定時に到着(写真)。スイッチバック駅の遠軽から前後が入れ替わり、本務機DD51 1089、後補機1160です。更新色も、一時のJRFオリジナル塗色から、国鉄色風の塗装に改められました。





 その入線の動画です。トンネルから出てくるのが分かります。




Hok2d4




 そして、大移動し、釧路へ。釧路臨港鉄道(現「太平洋石炭販売輸送臨港線」)です。春採湖そばの野鳥観測場所に到着し、三脚を立てるか否か、列車がやって来ました(写真)。DE601です。不意打ちで準備が足りず、手撮りで、フィルム写真はありません。




Hok2d5




 その末尾には、D301でした(写真)。知人で石炭を下ろし、30分ほどで戻ってきます。




Hok2d6




 輸送が多い時は、平日なら最大6往復ある、とのことで、恐らく2時間待てば再び来る、と思い、構えます。



 待っていると、地元の方が、「あの橋の辺りが良いよ!」とか言って、飴を貰ったりもしました。この場所は自販機が近くになかったため、大変感謝しています。




 そして予想通り、2時間後、列車はやって来ました(写真)。広角好きでこんな写真になりましたが、やはりここは望遠を効かせて撮る場所である、と感じました。次回は、失敗しません。





 その、往き道の動画です。石炭を満載しているようです。





 暫くして、列車が戻ってきます。港で編成を分割し、ホッパーで一気に船へ落とすそうです。




Hok2d7




 もう2時間は待てなかったので、結局移動。釧路市街地の公園にある、C58 106です(写真)。




Hok2d8




 そして最後は、8722です(写真)。釧路市内の「釧路製作所」敷地内にあり、当然撮影許可を貰いに行くのですが、内地の某重工とは異なり、簡単に「いいですよ。」と言われました。ただ、当然営業中の会社敷地内なので、礼儀は守りましょう。




 この日はここで終わり。滞在先に向かいました。




 色々と、この日は道民の方に気を配っていただき、上手く事が進みました。都会に疲れた方は、是非どうぞ。私には、新たな戦場が待っています。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR