当てが外れて#3

Hok2c1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の"Tetsu”をお届けします。今回は、北海道3日目です。




 昨日は、常紋を目指すファンがキャンプ地にする、有名なホテルに泊まりました。そして、今朝は早く起き、いわゆる「146キロポスト」へ。最初は、キハ40の4連、下り普通です(写真)。




Hok2c2




 次は、特急「オホーツク2号」札幌行きです(写真)。キハ183系0番代、最後の活躍です。




Hok2c3




 そして、クライマックス、「石北貨物」です(写真)。遠軽からは本務機DD51 1162、後補機DD51 1089です。




 この「石北貨物」は、北見地方の農産物を輸送するための貨物列車で、JRが存廃を検討しているところです。地元の協力で残す方向に進みそうですが、DF200によるプッシュプル運転の試験も行われており、恐らくDD51での運転は今年が最後になりそうです。そのため、何としても今年中に来たかったのでした。




 列車が行くと、約20人いたファンは、全員撤収しました。





 その動画です。実は、約5分前から大きなブロアーの音がして、「まさかDF200?」と心配させましたが、大丈夫でした。




Hok2c4




 次の目的地は、北見市留辺蘂の公園に保存される、D51 311です(写真)。昨晩の雨で公園が泥濘み、靴が泥だらけになりました。




Hok2c5




 続いて北見市街へ。SL公園(地下化された石北本線の地上部分)には、3両の保存機があります。一番前は、C58 119です(写真)。




Hok2c6




 その後は、D51 444です(写真)。




Hok2c7




 一番後は、DB12です(写真)。いわゆる、スイッチャーです。




Hok2c8




 北見市「ハッカ記念館」の近く、「ふるさと銀河線」廃止の際に覚えた場所へ行きました。今日も左キ754、右DD14 312は、ここにあります(写真)。




Hok2c9




 隣は、キ227、キハ27 36です(写真)。




Hok2c10




 その横は、スユ15 2033、後に車掌車が続きます(写真)。



 何故、この私有地と思われる場所に、これらの車両が並んでいるのかは、不明です。また、以前はこの横に北見駅の給水塔のタンク体も置かれていました。




Hok2c11




 その後は、「ふるさと銀河線」廃線跡、その先には車両工場の建物が見えます(写真)。現在は、自動車整備工場になっているようです。




Hok2c12




 北見駅近くの公園には、D50 25が保存されます(写真)。D50のままで保存される機関車は、少ないです(多くはD60に改造された)。




Hok2c13




 美幌町の公園には、C58 82が保存されます(写真)。駐車場の、目の前です。




Hok2c14




 そして、北見相生駅跡へ。何両かありますが、そのうち2両を。最初は、当時の主力、キハ22 69です(写真)。ツートンの国鉄標準色です。




Hok2c15




 旧式客車(ライダーハウス)、貨車の向こうに、キ703があります(写真)。マックレーか、ジョルダンか、私には分かりません。




Hok2c16




 砂利道(未舗装の道道)を爆走し、その向こう、鶴居村には、鶴居村民軌道の車両、DA120及び自走客車39が保存されます(写真)。




Hok2c17




 今日の最後は、元国鉄、後に雄別鉄道(廃止)に譲渡された、C11 65です(写真)。




 そして、今日の滞在先に向かいました。




 多分今年で最後の、「DD51石北貨物」を撮れたのは大きい。多分来年は車で北海道に行くことは無いと思うので、間に合って良かったと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR