雨天の筈が、

Kokq1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の"Tetsu”をお届けします。今回は、JR東日本郡山車両センターにて開催された、「郡山車両基地まつり2013」を取材しました。




 今年の夏は暑い日が多く、そうでなければ災害が起きるような激しい雨で、不安定でした。今日の予報も時々雨と、不安な中出発。現在夜間の移動は、「自家用車」という選択を除くと、事実上夜行バスのみで、今回もそれを選択したわけですが、自由度は下がっています。まあ、バス1台なら経費も知れていますが。




 そして今朝郡山入り。郡山工場は駅の南側ですが、福島と新幹線駅舎が反対であり、もう少しで反対方向に行くところでした。もうしばらく辛抱すればシャトルバス(大人100円、子供50円)の時間でしたが、結局歩きました。




 すると会場には、片手で数えるほどの待ち客だけでした。ただ、間もなくシャトルバスが到着、すると一気に増加。開会セレモニーの後、中に入りました。




Kokq2




 入口正面、ミニSL運転の横には、D51 235が、記念撮影用に展示されます(写真)。当然、これもミニSLです。




Kokq3




 モーター展示の奥は、電動方向幕の展示です(写真)。485系用の、正面と側面の電動幕装置で、丁度特急「あいづ」を出していました。電動は485系から、583系までは手動でした。





 最初の動画は、南トラバーサから。通常は車両の移動用ですが、今回は観客の乗車体験用です。




Kokq4




 奥のトラバーサ(南トラバーサ)の動画を撮ると、その横は座席の展示です。E5系の電動リクライニングシート(本革)の横には、ハイブリッド気動車HB-E300系のシートが展示されます(写真)。ヘッドレストには”Hybrid”と型押しされています。





 続いては、パンタグラフ職場から、シングルアームパンタグラフの実演です。





 菱形パンタグラフも、あります。



 横では、ドアエンジンの実演を行っていましたが、動画はボツです。




Kokq5




 来た道を戻ると、輪軸工場では、輪軸の削正が行われていました(写真)。動画は、イマイチでした。





 その動画です。端から少しずつ、車輪が削られるのが分かります。




Kokq6




 ミニSL、運転されるのは幻の制式機、C63 1で、切り取りデフを装備していました(写真)。親子連れを乗せた車両を牽き、走ります。煙がモウモウとたちこめていました。





 その動画です。煙がたちこめている感じが分かるでしょうか。




Kokq7




 建屋では、電動のミニ新幹線が走ります(写真)。車両は、今話題の「スーパーこまち」E6系でした。





 その動画です。バッテリー駆動のようです。




Kokq8




 輪軸を2つ並べ、行うのは、台車組み立て(写真)。動台車で、台車枠を載せ固定し、続いてモーターを載せます。動画は長く、整理できるでしょうか。少なくとも今は出来ません。





 組立の動画です。長いです。しかし、それだけ手間のかかる仕事ではあります。一日5、6台が限界とのことでした。




Kokq9




 北側には、車両が並びます。最初は、8620形78693のカットモデル(写真)。教習用に切り取られています。




Kokq10




 その北側には、キハ48 2140(仙コリ)、その後はE653系モハE652-6、モハE653-6のユニットと思われる車両が並びます(写真)。E653系7連8本は、全て特急「いなほ」用に改造されることが決まっています。しかし、4連3本は未定です。




Kokq11




 その東側には、JR北海道からの譲受車、キサハ143、103及び101が並びます(写真)。元オハ50系客車、オハ51の気動車改造車、機番から分かるとおりエンジンは装備されていません。札沼線電化で不要となったところ、現在大宮工場で動態復活するべく整備されているC58の牽引用客車として譲受しました。今後改造される予定です。




Kokq12




 その横は、ワム80000(車番不明)、控車(車番不明)です(写真)。




Kokq13




 工場の片隅に、モハE531-2が留置されます(写真)。一般に交直流電車は、偶数形式モハがパンタグラフと交流機器を装備するパターンが多いですが、E531系は奇数形式です。




Kokq14




 一番北東の位置で、ジャッキアップと台車入れ、トラバーサ実演が行われます(写真、キハ40 549)。4カ所のジャッキを同時に操作して車体上げ、同時に下ろし台車入れを行います。郡山工場の仮台車はバッテリー、モーター付きで、自走します。動画も長いですが、編集できれば。





 ジャッキでのリフティングの動画です。ここは通常、仮台車から通常の台車に交換する場所とのことです。





 続いては、リフティング会場から、北トラバーサへの移動の動画です。履いている仮台車は、モーターで自走します。





 そして車両の載ったトラバーサが、移動します。50トンまで積載可能だそうです。




Kokq15




 そして休憩車両はE721系P10編成、LED方向幕に「原ノ町」と出し、ファンサービスをしています(写真)。




 大方見たと思ったので、ここで帰ることとしました。




Kokq16




 帰りこそはバスに乗ろう、と思ったのですが、行きに見てはいけないものを見てしまったので、まだ暑いのに歩きます。工場一番北端は本線に繋がる場所、その間に解体場所があります。そこへ行くのか、手前から、スハネフ14 27、スハネ14 702、オロネ14 702が並びます(写真)。14系であることから推定すると、「北陸」用の14系寝台客車と思われます。もう用途も無いでしょう、そうすれば運命は、皆さんでも分かるでしょう。




 そして、今日の投稿場所にいます。




 今日はカメラの水没も覚悟しましたが、私は向日葵なのか、雨には遭いませんでした。また、朝晩も暑さが弱まり、少し秋の気配も感じます。季節は、変わろうとしています。



 ということは、いよいよ秋のイベントシーズンがやって来た、ということでもあります。楽しみですね。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR