夏の終わりに#1

Mefp1a1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名鉄を取材しました。




 明日は、名鉄でもイベントのある日。参加には明日有効のフリーきっぷが必要なのですが、1DAYで3,000円、2DAYで3,800円とくれば、1DAYの昼間特急指定席特典を考えても、やはり2DAYに傾きます。今日は、その差額800円で取材しました。




Mefp1a2




 今日は大雨の予報。昨日のうちから萎えていて、全く出かける気がしませんでした。しかし目が覚めると、雨音では無く、日差しが。カメラを全部出す気がしなかったので、メインカメラと、同じ電池を使用するミラーレスの2台を出し、出発。既に太陽は真南にありました。




 始まりは、金山。少し待つと、吉良吉田行き急行がやって来ました(写真、3530始め4連)。タイミングが良い!




Mefp1a3




 しかし、佐屋~吉良吉田急行(津島線~西尾線)は、名古屋本線では本線急行より格が低く、停車駅が多いです。そのため、通常本線急行が停まらない、豊明に停車。駅側の豊明検車区には、主にバラストホキをプッシュプルする、デキ402(右手前)デキ401(左奥)が、停まります(写真)。以前は、近辺で砂利も採れたであろう矢作橋に留置されていましたが、悪戯が酷かったらしく、金網でも効果無く、結果ここに移動しました。




Mefp1a4




 そして、西尾線の分岐駅、新安城へ。出発を待っていると、本線に6207始め4連普通が入線(写真)。系統板入れに「常滑線100周年」が入っています。




Mefp1a5




 列車は西尾を過ぎ、吉良吉田へ。吉良吉田からは蒲郡線(元は「三河線」の一部)、6000系ワンマン2連です(写真、6212、蒲郡にて撮影)。広見線可児市~御嵩間のワンマン車両と共通運用、車庫の犬山検車区から、営業列車に併結され送り込みが行われます。




Mefp1a6




 線路は、三河地区南部を走ります。線路は旧幡豆町(現西尾市)から蒲郡市に差しかかるところで、海が見えます(写真)。間もなく西浦、西浦温泉のある西浦半島が見えています。




Mefp1a7




 そして、蒲郡駅2番線に入線(写真)。位置が中途半端で、高架を残しているのは、JR蒲郡駅が地平にあった頃、この部分に跨線橋が接続していたからです。



 駅前南口ロータリーには、蒲郡にキャンプがある、「アメリカズ・カップ」日本チームの、実際に使用されたレース用ヨットがあります(表題の写真)。




Mefp1a8




 そして再び来た道を戻ります。吉良吉田近辺の配線(写真)。左端が現在使われない1番線となり、その対面が蒲郡線ワンマン車両専用の2番線、中間改札を挟み右に西尾線3番線、その右奥に対向式ホームの4番線があります。現在は急行のみ入線することから、4番線への通路は歩行者踏切の手前で鎖錠され、通常は使われません。




Mefp1a9




 中間改札を通り、再び西尾線へ。急行は6500系6524始め4連です(写真、西尾にて撮影)。6000系とも併結できますが、110キロ車です。




Mefp1a10




 かつては独立した私鉄であった、名鉄西尾線。かつては、南安城からJR(国鉄)安城へ分岐する支線がありましたが、廃止になっています。その、JRを跨ぐ高架手前の、分岐の跡(写真)。廃止から時間が経ち、複線化用地に取り込まれていますが、複線化化完成はいつのことか。




Mefp1a11




 そしてそのまま知立へ。三河線(海線)普通碧南行き、6021始め2連が入線します(写真)。こちらは料金収受はしないものの、運転士がドアの開閉を行う、ワンマン仕様となっています。6000系は100キロ車、支線ワンマン仕様に多数が改造されました。改造はされなかったものの瀬戸線に移動したグループは、間もなく命脈が絶たれようとしています。




Mefp1a12




 そして、碧南へ。本線上に終端表示が設置されたのは、悲しいです。1番線奥には、6215始め4連が停まります(写真)。連続窓の初期のタイプです。




Mefp1a13




 知立に戻ると、3番線に6000系初号車、6001始め4連が停まっています(写真)。整備困難な旧式吊り掛け車を引退に追い込んだ、旧形電車ファンの敵ですが、瀬戸線では全廃されると思うと、末永く残って欲しいと思います。




Mefp1a14




 そして、今日の最後は、常滑線。開業100周年を記念して、8月初めから各駅で、「知多娘」が入る感熱プリントの入場券が発売されているのを知らず、今日まで来ました。下旬は常滑駅で発売され、最後の機会となっています。




 太田川からの列車は、準急中部国際空港行き、6500系です(写真、番号不明)。




Mefp1a15




 そのまま空港まで行っても良かったのですが、常滑で下車(写真)。駅前は、こんな感じです。空港線開業準備で、2駅手前の榎戸から運転を休止し、高架化、延長を行いました。




Mefp1a16




 その延長された、空港線(写真)。駅前に大きな複線アーチ橋が架かり、大改造であったことが分かります。




 そして日没、帰宅しました。




 明日がメインイベント、今日のようにだらけないよう、気をつけたいと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR