The Scramble#2

Hokkaq1b1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の"Tetsu”をお届けします。今回も、北海道からです。




 旅の続きは、釧路から(写真)。通常の状態であれば、土曜日にイベントがある筈でした。しかし、現状では望むべくもありません。残念がる声は多かったようです。




Hokkaq1b2




 あまり立ち止まらなかった同駅前に、「動輪碑」なるモニュメントがあります(写真)。SLの主動輪、ボックス型です。




Hokkaq1b3




 2、3番線ホームには、太平洋炭砿で採掘された石炭が展示されます(写真)。これも、見落としていました。




Hokkaq1b4




 メインステージ1番線には、キハ283系特急「スーパーおおぞら」が停まります(写真)。JR北海道の4割バッター、電化不要論まで起きましたが、経年劣化でトラブル多発、昨年の事故焼失車の代替、キハ261系1000番代がやっと落成した途端にトラブル多発、遂に計画運休という事態にまで発展してしまいました。




Hokkaq1b5




 そして、帯広へ。キハ40、ワンマン車1700番台が並びます(写真)。




Hokkaq1b6




 そしてこちらもキハ283系、「スーパーおおぞら」でした(写真)。




Hokkaq1b7




 帯広を出ると間もなく、西帯広貨物駅が広がります。昨年営業を廃止した貨物専業の「十勝鉄道」のDE10(車番は1000番代程度しか分かりません)が、ナンバーを外し停止します(写真)。これも、解体でしょうか。




Hokkaq1b8




 そして、終点札幌へ。札幌貨物駅には、DE10 1700番代(番号不明)が停まります(写真)。いわゆる「サツマイモ」で、構内入換専用車です。




Hokkaq1b9




 そして、右手に苗穂工場が広がります。最初はキハ183、貫通形の高速対応車です(写真)。同形車を使う特急「北斗」「サロベツ」は当面運休、高速非対応車で代走が出る列車もありますが、大半は手当てされていません。




Hokkaq1b10




 続いて左キハ183高速対応車、右キロ182ハイデッカーグリーン車で、煙の跡も生々しい(写真)。確かに、重大です。




Hokkaq1b11




 奥には、711系電車が(写真)。ダイナミック45点AFでも、711系には合焦していません。




Hokkaq1b12




 スクラップが並ぶ場所には、左ED79 11、右奥DD51 1155?らしきDLが、解体を待っています(写真)。




Hokkaq1b13




 そして札幌から小樽へ。小樽駅メインステージである4番線の、駅名標(写真)。昭和40年代のSL急行「ニセコ」あるいは「ていね」の写真にも入る、歴史ある駅名標です。




Hokkaq1b14




 駅舎には、「ステーションギャラリー」なる場所がありました(写真)が、今日は開いていませんでした。




Hokkaq1b15




 小樽からは、キハ150の2連です(写真、手前17、奥14)。同形の冷房無しタイプ、キハ140もあります。




Hokkaq1b16




 南千歳から真っ直ぐ向かわなかったのは、このため、余市に行くためです(写真)。余市といえば、もうあれだけでしょう。酒好きの上司のため(勿論私も好きですが)、絶対に外せません。お土産は、バッチリです。




Hokkaq1b17




 寄り道後の列車は、キハ40、700番代です(写真、820)。単行で、非冷房車でした。




Hokkaq1b18




 かつて「SLニセコ」で賑わったニセコには、転車台の残骸があります(写真)。これでは、使えないでしょう。




Hokkaq1b19




 長万部まで行くと、天候が怪しくなってきます。名物駅弁も店が閉まり、夕食に困ってしまいました。列車はキハ281系「スーパー北斗」(写真)、こちらはトラブル無く走ります。




 そして今日の滞在先に向かいました。




 やはりキハ283系は最新の技術が多く、整備が難しいのか。ならばキハ183系ででも代走をと思うのですが、どうでしょうか。正直、少々遅くても列車本数は確保して欲しい、と思うのですが。ただ、国交大臣が特定政党の時に鉄道事故が多いのは、単なる気のせいでしょうか。まるで、「『はつかり』事故ばっかりで『がっかり』」と同じノリですが。




 明日もあります。最終日です。最後まで、行きたいと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR