順位転落

Gimq1a1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名鉄600V区間を取材しました。




 昨日は会社の飲み会で、昼から酒を。夕方には帰り、夜には醒めてしまいました。しかし取材する訳にもいかず、家で鉄道DVDを眺めていました。そこで見たのが、「モ510の走る日」という、某誌の付録DVDで、まだ名鉄600V区間が健在であった当時に、大正生まれの名車、モ510形を黒野から新関まで走らせるという映像でした。それを見てしまったので、今日は岐阜に行きたくなってしまいました。そこで、今日はその痕跡を辿るべく、愛車に乗り、先ずは美濃市駅跡に行きました。




Gimq1a2




 車を駐車場に停め、先ずは外観を(写真)。駅舎だけはそのままでした。




Gimq1a3




 入口左には石碑が建ち、その側の壁には文化庁の「登録有形文化財」のプレートが設置されていました(写真)。




Gimq1a4




 駅舎の中は、以前は色々な物が置かれていた記憶がありますが、今は空いています。中で活動していた業者が撤退し、荷物を片付けたからのようです。




 そして改札を抜け、中に。3番線には、モ593が入ります(写真)。路面電車形の車両です。




Gimq1a5




 運転台の様子(写真)。計器は少ないです。




Gimq1a6




 2番線にはモ512(写真左)、1番線にはモ601(写真右)が入ります(写真)。




Gimq1a7




 モ512の運転台(写真)。大正時代の製造、こちらも計器は少ないです。少し運転席が狭い感じがします。




Gimq1a8




 モ610の車内(写真)。貫通路も装備され、狭い運転台に所狭しと並びます。屋根上も狭く、複電圧装備に冷房装置追加と、ぎっしりでした。




Gimq1a9




 元札幌市電の連接車で、後に名鉄に入線した、モ870の前頭部がホームに置かれます(写真)。1番線の反対もホームがあったような形ですが、土盛りは崩れています。そのため、ここしか置く場所がありませんでした。鼻先の2灯式ヘッドライトが、札幌市電の特徴です。




Gimq1a10




 そして線路跡を辿り、「関」経由で「新関」駅跡へ。「新関」は、駅としての役目は終えましたが、バスターミナル及びタクシー乗り場としては残っています(写真)。




Gimq1a11




 新関からの道路は、旧線をつかず離れずですが、川を渡る辺りで一旦離れます。そしてバイパスが旧道から分岐する辺りで再び合流し、旧道に沿って走ります。そして併用軌道になり、徹明町に向かします。少し進めばモ512を保存する金神社、そのまま真っ直ぐで岐阜の中心街を通ります。




 そして国道に沿い右折すると、間もなく忠節橋です。その坂を下りると、忠節駅跡ですが、線路跡は駐車場に、駅跡はスーパーになり残っていません。




 そのまま進むと、国道が通行止めで通れないので、回り道をします。




 そして黒野へ。黒野駅跡は整備され、「黒野レールパーク」になっています。駅舎は「黒野駅ミュージアム」になっています(写真)。




Gimq1a12




 改札の跡を抜けると、駅跡は公園になり、2・3番線ホームが残り、オブジェとなっています(写真)。1番線と線路の跡は、駐車場となりました。雰囲気は、それなりに残っています。




Gimq1a13




 車庫線の跡には、遊具がいくつか置かれます。一番大きい遊具(写真)。「黒野」の駅名標と、モ513をイメージした、丸窓のプレートが特徴です。




 線路跡は遊歩道になっており、未だ残る鉄橋の手前まで舗装され、本揖斐方の鉄橋は塗り直され、今後整備されそうな雰囲気です。谷汲方は、レールと枕木が無い状態で、バラストがそのまま残ります。




Gimq1a14




 そして谷汲へ。駅跡は、「谷汲昆虫館」が目標です。駅舎は、今も残ります(写真)。




Gimq1a15




 駅には、電車が2両保存されます。1両は、モ755です(写真)。ロングシートの電車で、黒野以遠部分廃止時に設置されました。




Gimq1a16




 もう1両は、モ514です(写真)。600V区間全廃時に、設置されました。




 しかし、時間的に遅かったために、車内の見学は出来ませんでした。




Gimq1a17




 最後は、揖斐線終点の、本揖斐駅跡です。駅舎は残っていませんが、当時からある公衆便所が、未だ解体されずに残ります(写真)。確かに、解体が難しそうな構造物です。




 養老鉄道の終点「揖斐」と、谷汲山華厳寺を結ぶバスは、途中「本揖斐」にも寄りましたが、現在はこの東方の線路跡に転回できるバス停が設置されたため、この位置には停まりません。




 そして、帰宅しました。




 かつて名鉄は、日本で2番目の路線延長を誇る私鉄でした(勿論、1位は近鉄です)が、これら600V区間を全廃した結果、その地位を東武に譲ることとなりました。確かに、採算性が低く、地元の人も乗らないという鉄道になっていたようですが、何とか生きのびる道は無かったのか。自動車は便利、それに対するアドバンテージが無くなってしまった、ということでしょう。ノスタルジーだけでは生きていけず、残念です。せめて、これらの痕跡が、今後も残るよう祈るのみです。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR