Run About

Tuq1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北陸本線旧線を取材しました。




 昨日は遅かったとは思いませんが、今朝は休日だと思ってしまい、平日なら効果がある目覚まし時計が効かず、結果寝坊を。平日に寝坊するのは社会人失格ですが、まあ良いか、とそのままかなり遅くまで寝てしまいました。




 仕方が無いので車に機材を積み込み、今日もあてもなく車を転がします。大垣から関ヶ原、伊吹と抜けると、そういえばあの看板が気になったなあ、と思い、木之本から北上。北陸線が余呉から深坂トンネルを目指し西に曲がるのに、道路はまっすぐ北上します。間もなく、その看板の場所に到着(写真)。「中之郷」駅看板、左は「柳ヶ瀬」、右が「木之本」と書かれ、これは北陸本線旧線、深坂トンネル開業後に「柳ヶ瀬線」というローカル線になったものの、結局廃線された路線です。ここが駅の跡のようです。




Tuq2




 道路を見ると、この部分はホーム跡のようになっています(写真)。この手前では、一般道路をオーバークロスする場所もあり、確かに廃線跡のようです。




Tuq3




 そして柳ヶ瀬の集落を過ぎると、国道が左に分岐し、県道が右に分岐、その先で国道をアンダークロスします。その先には信号があり、その先はトンネルです(写真)。「柳ヶ瀬トンネル」です。単線鉄道用であったため、片側交互通行となっています。




Tuq4




 反対の出口には、石碑が建ちます(写真)。このトンネルの記念碑です。




Tuq5




 その横には、「近代産業化遺産」のプレートが飾られます(写真)。このトンネルは明治17年に完成し、現在使用中のトンネルとしては2番目に古いとのこと。このトンネルの開通で、北陸から関西まで約90日~半年かかった輸送が、3日に短縮されたとのことです。




Tuq6




 少し進むと、道路トンネルに向け、道がカーブします。後を見ると、「敦賀市指定文化財 小刀根トンネル」との看板が立ちます。振り向くと、桁橋の向こうに石積みの古いトンネルが見えます(写真)。これも北陸本線旧線、後の柳ヶ瀬線のトンネルです。左には、石柱及び解説看板がありました。ここから柳ヶ瀬方面に砂利道が続いており、トンネルの反対側出口まで行きましたが、その先まで行く勇気はありませんでした。




 そこから少し行くと国道8号線に合流、更に少し下ると疋田で、新疋田駅近くで現在線と合流します。旧線に「疋田」駅があったため、それとは場所が違う現在線の駅は、「新疋田」駅になります。




Tuq7




 敦賀に行き、気比神社で右折。間もなく右手に北陸本線現在線が見えてきます。現在線が北陸トンネルに入ると、国道は左に曲がります。国道獺河内トンネル少し手前に、国道は切り通しになっているものの、その横にトンネルがあります(写真)。煉瓦積みの古いトンネルで、サイズは鉄道用の大きさ、これは旧線のトンネルと思われます。中にはガス灯風の照明が設置されていますが、使用されていません。




Tuq8




 そして葉原の集落で国道は右に曲がります。交差点隅に、簡単な「北陸線旧線」という看板が立ち、そこを曲がると、旧線を利用した道路が生活道路をオーバークロスしていました。




 その道に沿って移動すると、間もなくトンネルがあり、信号があります(写真)。これは北陸本線旧線の葉原トンネルで、これも片側交互通行です。




Tuq9




 そしていくつものトンネルを抜け、登っていくと、長いトンネルの先が開けています。杉津越えのサミット、山中峠です(写真)。ここから、道路は下り勾配になっています。




Tuq10




 トンネル南側には、草生した道の向こうにトンネルがあります(写真)。この位置にあった、山中信号場の引上線のトンネルで、貫通していないトンネルです。




Tuq11




 「山中信号場」が、ここにあった、という看板(写真)。この部分は道が少し広くなり、停車が可能です。




Tuq12




 この位置から、写真右の道路が旧線跡で、写真左の林道らしい草生した道路が上り引上線です(写真)。引上線奥にシェッドがあるとのことですが、草が深く入ることが出来ませんでした。



 また、この少し敦賀寄りの林道が下り引上線で、入った後に先ほどのトンネルの引上線までバックするので、大規模な施設であったことが分かります。




Tuq13




 本線跡の道路にも、当時のものと思われるシェッドがありました(写真)。




Tuq14




 そのまま一定勾配で下り、集落の中を高い盛土で通過します。集落の外れに「大桐駅」の看板があります(写真)。ホーム跡のようです。




Tuq15




 そのままの勾配で下ると、現在線が見えてきます(写真)。南今庄です。この数百メートル手前が北陸トンネル出口、ここで合流と思われます。




 そして、来た道を戻り、帰宅しました。




 たしか、ここは数年前にも取材した気がします。当時はまだ485系もありましたが、今は681系、683系のみで、少し寂しいです。やはり、いつまでも古い車両は残ってはいません。時代の移り変わりを、きちんと記録しましょう。




 ここ暫くは、「あても無い」と言って、結局はブログネタを撮っていました。しかし、今日は一番小さいミラーレス1台のみで撮りました。2年前のモデルですが、写りも良いでしょ!メモなら、十二分です。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR