志摩の風#3

Kisq1c1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「きんてつ鉄道まつり2013in塩浜」を取材しました。




 昨日も開催された同イベントは、天候が原因で集まりがイマイチであったと、昨日「しまかぜ」で同乗した方から聞きました。打って変わって本日は晴天、大混雑が予想されました。近鉄名古屋でも、明らかに同じイベントに向かう親子連れが何組もあり、多分間違いないと思いました。




Kisq1c2




 先ずは、本線沿いの線路で開催される、撮影会へ。左には、狭軌時代の機関車、名古屋線改軌後2両は養老線(現「養老鉄道」)の貨物に従事したものの、改軌され塩浜工場の牽引機械となった、「デ32」です(写真)。他の2両は、養老線貨物廃止に伴い廃車されたようです。



 なおその後には、電動貨車モト90形(仮台車を履いた狭軌線車両を牽引する車両、荷台に本来の台車を載せる)2両が並びます。




Kisq1c3




 その隣は、「あおぞらⅡ」の2両編成です(写真、18509始め2連)。この2両は、元は京都線直通用の車両限界の小さい特急車、18400系です。京都線の車両限界拡大工事が終了すると、特急としては車内設備が見劣りする(確か、転換クロスシートです)ため特急運用から外され、団体専用車両「あおぞらⅡ」になりましたが、4連2本、2連1本は15200系に置き換えられ、現存はこの2両のみです。この編成は、明日廃車になってもおかしくない、というところまで来ています。これは貴重なワンショットです。




Kisq1c4




 その後には15400系「かぎろひ」、15302始め2連です(写真)。18400系の裾絞りのないストレート車体と、12200系改造車15400系の裾絞り車体の違いが分かります。その意味においても、18400系は本当に貴重です。




Kisq1c5




 その横で、2903始め3連(2800系とのこと)は、運転台見学を行っています(写真)。これは行列が長く、多分朝一番に来ないと参加できません。




Kisq1c6




 反対側には「はかるくん」、クワ25(手前)とモワ24(奥)のペアです(写真)。クワ25は、狭軌用の仮台車を履き、狭軌線(南大阪線のみならず「養老鉄道」や「伊賀鉄道」まで)の検測が可能です。




Kisq1c7




 検修庫に移動。養老鉄道621の床下見学が可能でした(写真)。ただし全員ヘルメット着用で、ハイヒールでは危険とのことです。また車両の潤滑油、グリスなど油分等もあり、汚れてもいい服装である必要があります。




Kisq1c8




 2546始め3連(2430系とのこと)が、運転士体験を行っています(写真)。こちらの待ち時間は0分かと思いきや、前に手書きで「4」と書かれ、残念でした。やはり、こういうことに参加するには、朝一番に来なければなりません。




Kisq1c9




 建屋のトラバーサ沿いには、アントを装備した中間車がありました(写真)。正式には「アント形牽引車」で、これは富士重製内燃動車、40トン以上の車両でも時速3キロで牽けるそうです。主な仕事は、トラバーサへの車両の載せ下ろしです。




Kisq1c10




 「はかるくん」の北側には、保線機械が展示されます(写真)。左は20トンモーターカー(クレーン付きの牽引車)、右はダンプトロリー(車端用運転台付き、バラスト運搬用)です。




Kisq1c11




 隣はマルタイ(写真)、スイス製です。JRや各私鉄でも、多く使用される形の車両です。




 やはり保線機械は、その鉄道の特色が出ると思います。ただ、この違いまで興味を持つ人は、確かに少ないですが。




Kisq1c12




 工場中央部には、養老鉄道521があり、「列車と綱引き」の準備が出来ていました(写真)。Tc車なので、多少軽いでしょうか。




Kisq1c13




 入口横では、奈良交通バスが停まります(写真)。側面にはハングル、簡体中国語、ローマ字の観光地表記があり、外国人旅行者向けバスのようです。




Kisq1c14




 塩浜近辺の近鉄系列バスは、三重交通です。三重交通バスの、撮影会が行われていました(写真)。位置が中途半端なのは、前列の頭を避けた結果で、やむを得ないものです。主催者側が「シャッタースピードを落とさないと、LED写りませんよ!」と指摘、一杯まで絞り約100分の1秒まで落とし、この結果を得ました。




 そして、会場を後にしました。




 春の塩浜、秋の五位堂は近鉄の二大イベントで、忘れてはいけません。昨日の雨天では仕方ないですが、今日は快晴、やはり行かなくては!ただあまりの好天で輝度が高く、影が黒つぶれとなりました。Jpegならそれで終わりですが、RAWはそれでも修正が効き、今回もずいぶん助かりました。少々データが大きくても、やはりRAWの方が確実です。




 新パソコンを買い、フルHDの韓国製液晶モニターも買いましたが、輝度が高く、目がやられてしまいました。そこで、1,000円の伊達メガネ(いわゆる「PCメガネ」)を買いましたが、ちょっと会社では恥ずかしい。まあ、自家用で使用します。ただ、液晶というとあのメーカー(世界の亀山)だと思うのですが、あそこの液晶モニターなんて、聞いたことないですよねえ!小型低価格で商売にならないのか、それとも他の理由でしょうか、私には分かりません。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR