志摩の風#2

Kisq1b1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、この春デビューした近鉄の新型特急、50000系「しまかぜ」を取り上げます。




Kisq1b2




 賢島駅で待つこと1時間、1日2往復の名伊甲特急の、2本目に「しまかぜ」は充当されています。その到着の図(写真、50602始め6連)。休日の席はほぼ即日完売で、予約が難しい列車です。私も、往きの乗車は断念しました。




Kisq1b3




 50502側面の、「しまかぜ」ロゴ(写真)。ブルーを基調としています。




Kisq1b4




 カフェ車両の側面(写真、50402)。この車両は、2階建てになっています。




Kisq1b5




 グループ席車両(写真、50302)。手前側に6人掛けコンパートメント3つ、ドアを挟み奥側に和洋個室各1室があります。




 間もなく、この編成は回送されました(行き先は、おそらく志摩磯部と思われます)。




Kisq1b6




 続いて、阪伊甲特急として運転された「しまかぜ」が、入線します(写真、50601始め6連)。動画は、時間があれば。この編成は、長時間このホームに停止します。





 お待たせしました。確かに、動画も撮りました。




Kisq1b7




 およそ2時間半待ち、特急「しまかぜ」の折り返しの時刻が、掲示板に表示されます(写真)。




Kisq1b8




 そして、再び先ほどの「しまかぜ」が回送され、2編成が並びます(写真)。賢島駅での、クライマックスです。




Kisq1b9




 私は、名古屋行きに乗車。50602の運転台(写真)。20000系「楽」にも似ている感じもしますが、運転機器は遙かに高度なものです。




Kisq1b10




 車内(写真)。1+2列の本革シート、電動リクライニング、電動フットレスト、背面腰部エアマッサージまで付いています。JR東日本のE5系「グランクラス」にも匹敵、一部はそれ以上です。




Kisq1b11




 先頭車はハイデッカー、デッキには階段があります(写真)。右側は車販準備室、ハイデッカー上にワゴンを上げるダムウェイターというか、エレベーターがあります。




Kisq1b12




 折角ですから、カフェ車両に行きました。2階席(写真)。大型車体を生かした眺望となっています。




Kisq1b13




 販売カウンター(写真)。飲食物、及びお土産を用意しています。通常人物を写すときは、肖像権の問題があり難しいのですが、アテンダントさんは撮影を了承してくれました。「インターネットに載るかも。」とは言っておきましたが、ブログに載せるとは言い損ねました。




Kisq1b14




 1階席(写真)。2階があって1階、というのはあるのですが、「ビスタEX」等でも低い位置はスピード感を感じる、とのことでした。




 そして食事をいただき、席に戻りました。




Kisq1b15




 約2時間で、近鉄名古屋に到着(写真)。帰途に就きました。




 実は、明日も赤い「伊勢志摩ライナー」は名伊甲特急の運用に就くのですが、明日乗ってしまうと、近鉄の重要イベントに、参加できなくなってしまいます。それでも、乗りますか?




 50000系「しまかぜ」は、3編成2運用で、当分はプラチナチケットでしょう。それを乗れたのは、運が良い!これで安心して明日のイベントに参加できます。




 しかし、今日の雨天が原因か、レンズが2本もトラブルを起こしてしまいました。予備はあったので当面は大丈夫ですが、先日の「水没」が原因のようで、本当に「恨みの雨」です。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR