Long Touring#3

Lon1c1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の"Tetsu”をお届けします。今回は、「東京貨物ターミナル駅40周年記念フェスティバル」を取材しました。




 一昨日の取材から、移動日を設け移動。仙台では酒好きの寄る場所があり、しかし寄り道が原因で大渋滞にはまり、未明に東京入り。また、睡眠不足で取材です。




Lon1c2




 車を有料駐車場に停め、会場へ(写真)。会場では当然開場までの待機がありますが、その誘導が悪く、後から来た人が先に割り込む状況が出来、結果真面目に待った人々が怒りだし、列は総崩れになり開場しました。確かに行列を守らなくても法律には違反しませんが、真面目にやると損をするような誘導は、次回があるか分かりませんが、是非止めていただきたいですね。




Lon1c3




 先ずは、撮影会場へ。一番東の端からの、遠景です(写真)。




Lon1c4




 一番南端は、EF65 1001です(写真)。PF形初号機、現在車籍は無く、教習用の機関車として残ります。ヘッドマークは「JRF 試運転」です。




Lon1c5




 その北側は、EF66 27です(写真)。運転台庇の有無、及び屋根上の冷風装置が異なりますが、国鉄オリジナルの塗色で、イメージが残っています。ヘッドマークは「スーパーライナー」です。




Lon1c6




 その反対側(写真)。「大井機関区・東京貨物ターミナル40周年」ヘッドマークが掛かります。




Lon1c7




 その後はJR貨物発足後の機関車、左からEF66 110、同104、EF210 107、同6です(写真)。




Lon1c8




 その北側は、EF65 2057で、2000番代はPFの老朽化に伴い発生した番代です。




Lon1c9




 その後には、試作ハイブリッドディーゼル機関車、HD300 901がありました(写真)。




Lon1c10




 その反対側(写真)。今後DE10等を置き換えるべく、試験が行われています。




Lon1c11




 誰も見たことが無いうちに「ブルーリボン賞」を取った、Mc250系です(写真、Mc250-4)。コンテナ専用の貨物電車、夜中に東京貨物ターミナル~安治川口間を上下各1本運転しています。




Lon1c12




 その編成の横には、EF210 146があります(写真)。ヘッドマークは「東京貨物ターミナル40周年」です。




Lon1c13




 会場西側には、EF210 170が「たから号」(国鉄初のコンテナ特急貨物列車の愛称)のヘッドマークを掲出しています。




Lon1c14




 その後には貨車が並びます。ヨ8000形ヨ8404です(写真)。




Lon1c15




 続いては海上コンテナ兼用の貨車、コキ110-1です(写真)。理由無く親子連れが長時間遊んでいて、誰かが「その貨車は特別なので、どいてください」と言うのを待っていましたが、誰も言い出せませんでした。




Lon1c16




 隣は、コキ100系単独運用型最新系列、コキ107-1です(写真)。約2,700両製造されたコキ104のマイナーチェンジバージョン、国鉄・JR5tコンテナ5個積みのスタイルは、昔から変わりません。




Lon1c17




 おまけ。今日のイベントに合わせ、色々な団体が協賛していました。国産2台目の水陸両用バス(写真)。今は、こんなものもあります。




 そして会場を後にしました。




 帰り道、自販機のボタンを押すと、商品が出ず、騙されてしまいました。行列のインチキもあり、今日は踏んだり蹴ったりです。




 連休も明日が最後、もう少し行きたいですね。そうすると、あそこでしょうか。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR