Long Touring#1

Lon1a1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の"Tetsu”をお届けします。今回は、南部縦貫鉄道(廃止)の、旧七戸駅でのイベントを取材しました。




 GWの予定は、当初は前半で九州へ、後半は伊賀鉄道、大井川鉄道と辿る予定でしたが、今日の南部縦貫鉄道のイベントを知ってしまい、次回のない危険性のあるイベントは行くべきで、増して現存する数少ない機械式レールバスの動態保存イベントであることから、動画を得たいと思い、予定変更しました。しかし、水曜の晩にに飲んでしまい、木曜朝出発。延々20時間かけ運転し、目的の青森県七戸に到着。まだイベントには早い時間に到着しました。




Lon1a2




 七戸駅には、キロポストが立ちます(写真)。「21」、25を消して書いており、起点は当初の起点千曳か、東北本線ルート変更後の起点野辺地か、分かりません。




Lon1a3




 横には、レールバスの模型があります(写真)。広告塔と通行止めの、2つの目的を果たしています。




Lon1a4




 七戸駅構内には、腕木式信号機が立っています(写真)。梃子も、新しくなっています。




 この線路は、東側に建設された国道新4号バイパスで途切れます。




Lon1a5




 写真の建屋は、車庫です。中でゴトゴト言い出すと、屋根から煙が上がっています(写真)。内燃機関の起動です。




Lon1a6




 そして戸が開き、レールバス、キハ101が出てきます(写真)。入れ換え、ホームに据え付けられます。





 キハ101の、出庫の動画です。確かに、この車両には命があります。




Lon1a7




 中ではキハ102が煙を上げ、後にキハ104、右D451が停まります(写真)。





 これも、動画があります。確かにこれは、中は煙たいです。




Lon1a8




 続いてキハ102が出庫します(写真)。キハ101、102とも昭和37年富士重製です。





 キハ102の出庫の動画です。2両とも健在なのは嬉しい限りです。




Lon1a9




 横の継ぎ足した車庫から、ラッセル式モーターカー”DB11”(これも富士重製)が出てきます(写真)。ウイングは油圧式ですが、今日は手動でした。





 この車両も動態保存です。確かに、命の神様は見放さなかった!




Lon1a10




 キハ101の車内が公開されました。運転台(写真)。左にアクセル、右にブレーキがあります。シフトは左手側に棒を立てるはずで、左足側にはクラッチがあります。マニュアルトランスミッション、故に機械式と呼ばれます。




Lon1a11




 客室の様子(写真)。シートはビニールレザーのロングシート、床にはエンジン点検蓋があります。エンジンは縦置式のようです。




Lon1a12




 庫内には、左キハ104(元国鉄キハ10とのこと、液体式気動車、昭和31年帝車)、右D451(昭和37年日立)があります(写真)。




Lon1a13




 キハ101は、デモ運転を行います。動画もありますが、今の回線では送れません。後日、追加します。





 お待たせしました、その動画です。構内の僅かな線路を、走ります。




Lon1a14




 D451の後には、DC251があります(写真)。小型のスイッチャー、しかし製造銘板は発見できませんでした。




Lon1a15




 そして元の駅舎、今の「南部縦貫」本社では、供食が行われていたので、蕎麦(300円から)を食べました。




 改札のあった場所には、タブレット発行機があり(写真)、他営業当時の物品や、記念グッズなどの販売もありました。




 そして、会場を後にしました。




 やはり、年季の入ったクラシックカーは、いつまでも動くものではありません。生きているうちに、生きている姿を残しておきたいものです。




 しかし、日没にはまだ早い。次のイベントまでの寄り道をしました。しかし長くなるので、次回としたいと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR