銀一色

Seto14i1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名鉄瀬戸線矢田川橋梁に行きました。




 この4月に、「さよなら瀬戸線の赤い電車」イベントがあり、瀬戸線から赤い電車が無くなりました。その後の瀬戸線の様子を見る、というのが今回の主目的です。そこで今日はカメラを持ち、いつものポイントへ。昨年「草が伸びている。」と書いたことで、今年はきちんと草が刈ってありました。しかし、肝心の主役、「赤い電車」がない!すこし、残念です。




 間もなく、4007F普通がやって来ます(写真)。




Seto14i2




 続いて、4018F(4000系最終編成)急行がやって来ました(写真)。




Seto14i3




 続いて、次に新しい4017F普通がやって来ました(写真)。




Seto14i4




 続いて4004F準急がやって来ます(写真)。




Seto14i5




 次は、4003F普通です(写真)。




Seto14i6




 下り列車、4018Fが矢田駅を出て、尾張旭に向かいます(写真)。このあたりのRの小さな急カーブもあり、4000系は今風のボルスタレスでは無く、ボルスタつき台車になっています。




Seto14i7




 続いて上りは、4016F急行です(写真)。




Seto14i8




 続いて、4010F普通です(写真)。




Seto14i9




 続いて、4012F準急です(写真)。




Seto14i10




 続いて、4013F普通です(写真)。




Seto14i11




 続いて、4009F急行です(写真)。




Seto14i12




 4018Fが、尾張旭から折り返し戻ってきました(写真)。栄町からは再び急行で尾張瀬戸まで往復し、再び普通尾張旭行きで戻ります。




Seto14i13




 続いて、4005F準急です。




Seto14i14




 そして、先ほどの4007Fが、再び上り普通で戻ってきたので、運用は一巡、今日は打ち止めです(写真)。




 見ての通り瀬戸線は銀一色、ステンレスの4000系だけになりました。本線のお下がりが走っていた時代からは雲泥の差です。確かに、名鉄最新の路線になりましたが、同じ形式だけで、面白味に欠ける面はあります。やはり、今日構えていたのは私だけで、「瀬戸線マスター」にもお目にかかりませんでした。しかも以前なら三脚を構え、静止画、動画、フィルムと幾つもの記録を撮っていましたが、今回はメインデジカメのみで、他のカメラを出す気にはなれませんでした。少々、寂しいですね。




Seto14i15




 おまけ。一つ向こうの橋の上に橋が架かり、その橋をガイドウェイバス、「ゆとりーとライン」が通ります(写真)。この位置からは、これも眺めることが出来ました。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR