肉を食らう

Jit1d1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、再びポイントXからです。




 先週に引き続き、今週末も晴れています。今日の相鉄、とまでいかなくても、どこか行きそうなものですが、家族との約束があり、今週末も掃除を。一時はゴミ箱の方が綺麗ではないか、という程でしたが、やっと人間の住居らしい状況まで戻すことが出来ました。




 そこで、少々時間があったので、あまり考えずポイントXへ。遙か彼方では、N700系が行き違います(写真)。




Jit1d2




 始まりが遅いので、全列車が対象です。光線は午前の左方から昼の背後、右方へ回り、この時間は半逆光から順光に切り替わる時間です。




 一発目は6500系、6509F急行新鵜沼行きです(写真)。6500系前期のスタイルです。




Jit1d3




 続いては、6000系6006F普通金山行きです(写真)。6000系デビュー当初の、連続窓です。




Jit1d4




 続いて6523F、準急新可児行きです(写真)。6500系後期のスタイルです。




Jit1d5




 次は1115F、特急名古屋行きです(写真)。河和、内海方面発は、今は佐屋行きか名古屋行きかのどちらかです。




Jit1d6




 続いて1800系1802F、普通金山行きです(写真)。1000+1200系特急が増結されない日は、一日中こういった運用です。




Jit1d7




 続いて2200系2202F、特急岐阜行きです(写真)。始発は、中部国際空港です。




Jit1d8




 そういえば、”BIGMA”があることを思いだし、レンズを交換します。広角側は50ミリですが、望遠側は500ミリ、超高倍率ズームです。正直重いですが、短時間ならと試してみます。




 来たのは3500系、3529Fです(写真)。急行新鵜沼行きです。




Jit1d9




 次は、6045F+6817F、普通金山行きです(写真)。6000系は前面デザイン変更後、6800系も変更後の車輌です。




Jit1d10




 名鉄の頂点、ミュースカイ、2001Fです(写真)。現在、全車指定の特急は同系列のみ、他は一般席併結で、1000系は(新)5000系に生まれ変わり、1600系は1700系とされ方転、2330番代と併結します。




Jit1d11




 5000系5013F、準急新可児行きです(写真)。1000系の生まれ変わりですが、車体は本線では最新です。次に、名鉄はどこに手をつけるのか。注目されます。




Jit1d12




 1000系ではありません、1030+1230系、1132Fです(写真)。元は120キロ走行可能なパノラマカー、7500系のリサイクル車で、4編成ありましたが、事故で1編成は1384系になりました。専用の増結車、1850系もあります。




Jit1d13




 3500系3515F、普通金山行きです(写真)。3500系が万能なのは分かりますが、100キロ車でやるのか、それとも110キロ車でやるのか、はたまた120キロ車でやるのか、車輌運用にあまりポリシーを感じません。




Jit1d14




 6504F、急行新鵜沼行きです(写真)。




Jit1d15




 3511F、準急新可児行きです(写真)。




Jit1d16




 今日待っていたのは1700系でしたが、直近で現れたのがこの時間で(写真、1703F)、中部空港から折り返す頃には日没であろうことから、当分は無理、と判断。次の中部空港からの特急を見て、終わりにしようと思いました。




Jit1d17




 その特急がこれ、2207Fでした(写真)。




 ここで打ち止め、帰宅しました。




 一般的に私の作風が、広角を多用したいわゆる「草食系」が中心で、望遠の圧縮効果を効かせたいわゆる「肉食系」の写真が少ない、というのは感じます。そこで、今回は”BIGMA”を使用し挑戦をしたのですが、結局300ミリ前後に集まってしまい、普段とあまり変わらない感じもします。確かに、クロップも使っていますし。でも、レンズは2.2キロ、補助ストラップを使っても少々重いです。




 一般に高倍率ズームはレンズメーカーのお得意で、昔は純正レンズではあまり取り入れられていませんでした。普段の焦点距離、28~300ミリはT社が最初、純正の28~300ミリを見て、D700購入を決断したのですが。メインがD800になってからは、「大三元」とまでいかなくても、もう少し倍率を下げてでも、良いレンズに、とは正直思います。




 昔、DX(Dの4ケタ)のカメラに、24~120ミリF4(F6登場時のレンズではなく、ナノクリの方)を使っている人を見て、「広角側が足りなくて、ストレス溜まってるよなあ、」と余分な心配をしていましたが、今考えると、レンズはカメラの3倍の値段で、ナノクリだから使っていた訳で、今その人を見たら、「もう少しカメラに金使え」と言いたくなってしまいます。




 また、D300は良く出来ているので、D400を待ち望む声も聞きますが、メーカーは多分D7100とD600の間は考えていないはずです(景品も同じだった)。もしかしたら出るかもしれませんが、多分D9000でしょう。そういう人は、今中古に大量に出ているD600、あるいはトラブル嫌いならD610を、DXで使うべきではないかと思います。バッファーの話を知っていれば、当然すぎる判断です。自分が中級者であると思うなら、FXにステップアップしてはどうでしょうか。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR