梅雨未だ明けず#1

Kin14d1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「15200系あおぞらⅡ復刻版 湯の山線・鈴鹿線入線ツアー」を取材しました。




 3連休から夏休みの季節に突入しましたが、未だ梅雨は明けません。今日も傘を持たずに出発すると、イヤーな感じの水滴がポツポツと。今日の予定を不安にさせます。




 そして近鉄名古屋へ。早く着き、小遣い稼ぎは沢山しましたが、本命は15200系(写真)。今日の主役です。




Kin14d2




 車内の様子(写真)。12200系初期車のリニューアル版、簡易リクライニングシートです。




Kin14d3




 運転台(写真)。昭和40年代の新製、年季が入っています。




Kin14d4




 弥富で、通過待ち。湯の山行き「サマーライナー」が追い抜くとのことで、構えていると、やって来ました(写真)。22600系、こちらの乗客にはもれなく缶ビールまたはペット茶がついてきます。




Kin14d5




 そして、近鉄四日市手前で停止。暫くして、湯の山線ホーム5号線に入線します。停止し、開扉し、小休止の後、閉扉し、引き上げ線へ(写真)。この線は、8号線との名前がある、とのことです。




 列車は再び5号線に戻り、乗車します。




Kin14d6




 伊勢松本で、停車し、開扉します(写真)。行き違い及び湯の山入線の順番から、ここで普通に乗り換え。15200系に先行します。




Kin14d7




 普通列車は。近鉄湯の山温泉1号線に入線。2号線の22600系「サマーライナー」とのツーショットです(写真)。既に撮り鉄が構えており、列車乗車組で良い場所を取れたのは、猛ダッシュに勝った数人だけでした。




Kin14d8




 そして、15200系が入線(写真)。今日のメインイベントです。




 間もなく折り返し発車、次の目的地に向かいます。




Kin14d9




 近鉄四日市5号線に再び入線。撮影で4号線側に回ると、ちょうど名伊乙特急運用に就く21000系「アーバンライナー・プラス」、鳥羽行きが入線しました(写真)。




Kin14d10




 そして伊勢若松から鈴鹿線に入線します。鈴鹿市に到着(写真)。踏切は、撮影のファンで満員でした。




Kin14d11




 そして終点、平田町へ(写真)待ち構えるファンと、乗客でイマイチです。




Kin14d12




 そして、伊勢若松まで戻り、4号線からYSTを通り、1番線に入換(写真)。本線上を折り返します。鈴鹿線車輌の、明星への帰庫には必要な施設です。




Kin14d13




 そして白子で、XSTを通り、1号線から4号線へ(写真)。名古屋線白子折り返し列車の、経路です。気になっていた雨が、激しくなってきました。




Kin14d14




 そして、津新町3号線に到着(写真)。ここでの20分あまりの停車中に、各種系統板を使用しての撮影会が行われましたが、使用した機材が今まで雨を知らなかったD600とレンズであったので、激しい雨のため断念しました。




Kin14d15




 あとは、一路近鉄名古屋へ向かいました(写真)。途中下車も可能で、四日市から特殊狭軌線を訪問しようと予定していましたが、今日の天気のため断念しました。




 そして、帰宅しました。




 実は、切符は3日間有効であることから、明日以降も使用する予定でいますが、問題は、天候が、…。何とかならないのでしょうか。




 15200系復刻塗装車も先が短いらしく、早めに記録しておかないと、チャンスが無くなってしまいます。そのため、今日はこの雨の中各地でファンが構えていましたが、お疲れ様です。今夜は機材の整備で忙しいでしょう。私も帰宅後直ちに機材を清掃、エアダスターで吹き、乾燥庫にしまいましたが、湿度計がみるみる上昇し、心配が当たってしまいました。まあ、明日はD600を持っていかないので、まあいいか。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR