明治の息吹(後半戦)

Meij14b1_5




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、明治村後半戦です。写真は明治村で最も有名な施設、旧帝国ホテル中央玄関です(写真)。世界的な建築家、フランク・ロイド・ライトの設計です。




Meij14b2




 明治村4丁目、川に橋が渡り、その上にSLが停まります(写真)。このSLは、尾西鉄道(後の名鉄尾西線)1号機関車です。




Meij14b3




 ボイラの製造銘板(写真)。アメリカ、ブルックス社製、1887年製です。




Meij14b4




 キャブにも入れます(写真)。D51などと比べると、簡素な感じがします。




Meij14b5




 この載っている橋梁は、東海道本線旧六郷川橋梁の桁橋の1連です(写真)。明治最初期の鉄橋、複線設計が当時としては最新であったとのことです。現在片側は歩道橋になっています。




Meij14b6




 橋の製造銘板(写真)。ハミルトン ウィンザー アイアンワークス(イギリス リバプール)、1875年製です。




Meij14b7




 そして少し進むと、建屋の隣に車輪、台車が並びます(写真)。明治期の車輌の輪軸、台車です。大分交通耶馬溪線に使用された車輌のものが多いです。




Meij14b8




 その建物は、鉄道寮新橋工場機械館です(写真)。中には明治期の機関、機械が多数保存され、先日世界遺産に登録された、富岡製糸場で使用されたとされる蒸気機関もあり、来週末には展示運転されるそうです。




Meij14b9




 そして5丁目へ。隅田川に架かっていた「新大橋」の一部です(写真)。鉄橋で、路面電車の線路も配置されています。現在の隅田川にこの橋の幅では確かに狭すぎ、架け替えになったのはやむを得ませんが、これ自体は残す価値のある橋梁でした。しかし放置すれば解体されるだけ、それを何とか残せないか、というのが明治村の基本コンセプトです。




Meij14b10




 名鉄の施設、旧岩倉変電所です(写真)。中は元はホールになっていたようですが、現在は外観のみの展示です。




Meij14b11




 5丁目で一番高い位置にある、「菊の世酒蔵」の一部に、先日ケネディ大使が乗っていたのと同形の、明治期の儀典用馬車が展示されます(写真)。贅沢な造りの馬車です。




Meij14b12




 そして帝国ホテル横を通ると、朱色のボイラが置かれます(写真)。これはSL12号の古い缶だそうです。つまり現在12号は新缶を使用している、ということです。ボイラ交換のみで動くなら、動かして欲しいですね。なお、朱色の塗装は、錆止めです。




Meij14b13




 その、12号SL(写真)。タイミング悪く、昼の給水時間に合ってしまいました。




Meij14b14




 その牽引する客車(写真)。オープンデッキ車が2両、デッキが車内の客車が1両です。いずれも2軸単車、旧新宮鉄道(現JR「紀勢本線」)の車輌だそうです。




Meij14b15




 車内(写真)。木製の客車、ロングシート、小型の客車です。







 連結器は昔の、現在ヨーロッパなどでも未だ使われるリンク式の連結器で、両側にバンパー、中間に牽引装置がある方式です。その連結の動画です。乗り心地はこの方式が一番優れていますが、諸外国では連結手がバンパーに挟まれる事故が絶えないため、日本では大正期に全国一斉に自動連結器に交換しました。




 そしてSL、N電を乗り継ぎ正門に戻り、帰途に就きました。しかし、バスの料金箱で手を滑らせ、整理券だけの筈がフリーきっぷを落としてしまい、帰庫しなければ鍵が開かないため、仕方なく電車の切符を買って帰りました。注意しましょう。




 明治村は、「鉄道で」というと、こういう巡り方も出来ますが、人それぞれです。間もなく終わりますが、「明治探検隊」もあり、楽しみ方も色々あるので、どうでしょうか。私の、お気に入りです。




 明治期のカクテル「デンキブラン」が、昔浅草の「神谷バー」で飲んだ時は、もっと単純な味がしたのに、今日飲んだら、ジンに、ベルモット(マティーニには必須ですね!)の味がして、繊細な味の飲み物だと思いました。明治期の食べ物、というのも、楽しみの一つです。あなたは、どうですか?




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR