お天気次第#3

Matp14a1




 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、金沢総合車両所(松任本所)公開イベントを取材しました。




 昨日は帰り道にうっかり発泡酒に口をつけました。「ああ、あかん!」と気づいても後の祭り。以降は豊橋の「ちくわ」を目の前にしても我慢、我慢。結局それから12時間は自宅で待機し、やっと今日の取材に出発しました。




 そして仮眠し、朝出発。エアコン故障と思いきや、スイッチ押し忘れで、笑ってしまいました。




 会場には来場者5台目で入庫。しかし、空地一杯に準備がなされ、松任駅前なのに、何で?とは思いました。と言う私も残念ながら電車ではありませんでしたが。「能登」もなく、「ムーンライトながら」も満席では、選択の余地は狭いです。




 入口には、金サワ(金沢総合車両所)A19編成と、キ209が並びます(写真)。




Matp14a2




 入場を待っていると、警備員が後を指します。白山総合車両所を出たW7系が、走行試験を行っています(写真)。10号車、グランクラスです。よく見ると、「G」マークも入っています。金持ちビジネスは、大繁盛です。




Matp14a3




 開会式典は、中の方で行われます。その間に、エントランス前の施設は見学が始まりました。昨年は家族連れでイマイチな写真しか撮れなかった2272の、ワンショット(写真)。朝一番で、まだまだ数が少なく、そこそこです。




Matp14a4




 保線機械、軌陸車のクレーンです(写真)。




Matp14a5




 続いては、高所作業車です(写真)。アームを伸ばせば5メートルくらいの高さになります。他所では、命綱とヘルメットを装備し、子供を乗せた実演もありました。




Matp14a6




 続いて、大糸線で使用されたキハ52、タラコ色(首都圏色)の158番です(写真)。最終日のヘッドマークも展示されました。勾配用2エンジン、両運転台形でした。




Matp14a7




 続いては、クハ489 1です(写真)。横軽協調運転対応車、しかしEF63連結側ではありません。連結側は500番台、共にクハ481 100番代(ボンネット形、MG出力アップ形)に相当します。Tc車に片渡りの偶数系列車ができたのは、固定編成で製造されるようになった国鉄末期になってからで、両渡りということなのでしょう。




Matp14a8




 建屋では、DD15 11が、ラッセルヘッドを外しフルオープンになっています(写真)。これの、リフティングとか、無いのでしょうか。




Matp14a9




 今日のリフティング実演は、クモハ521 10でした(写真)。G05編成、まだ車体のステンレスも新しいです。動画の方も、そのうちに。






 その動画です。長い動画ですが、お許しを。



Matp14a10




 今後の除雪の主力となるべく製造されている「除雪気動車」、キヤ143-2です(写真)。ウイングがなく、除雪車として運用する姿でありませんが、JR西日本では今後置き換える計画のようです。




Matp14a11




 となると重要なのは、既存除雪車です。DD15 31が、ラッセルウイング動作実演のため準備されていました(写真)。動画も、そのうちに。






 その動画です。最後の一斉展開を、カットしてしまいました。



Matp14a12




 隣は首都圏色のキハ47、1011です(写真)。




Matp14a13




 横では、683系4000番台、クモハ683 5501始め9連(金サワT41編成)が停まり、運転台見学を行っていました(写真)。




Matp14a14




 その横では、原付軌道自転車の乗車体験が行われていました(写真)。




Matp14a15




 建屋北側のトラバーサでは、クハ520 10を載せ、運転の実演が行われました(写真)。この動画も、そのうちに。






 トラバーサ、運転の動画です。チャイムと共に移動します。




Matp14a16




 北陸新幹線用E7系に準じ製造されたW7系の、展示が行われています。写真はパンタグラフ(写真)。他、輪軸やグランクラス座席体験などもありました。




Matp14a17




 軌陸車の北側には、681系「はくたか」付属編成、金サワW11編成が記念撮影、運転士体験、車掌体験に使用されます(写真)。




Matp14a18




 エントランス横には廃車予定か、DE15 6が停まります(写真)。塗装が傷んでおり、復帰の見込みはありません。




 そして、会場を後にしました。



 軌道検測の実演を逃したのに後で気づきましたが、すでに遅し。駐車場は空地一杯に車が入り、JRも複雑でしょう。来年は、電車で行きたいですね。




Matp14a19




 車の利点を生かし、小松に寄ります。小松駅から少しの距離の公園に、クハ489 501が保存されます(写真)。EF63を連結する自動連結器、協調用ジャンパ栓も完璧です。しかし、もう二度と碓氷峠を通過することはありません。




 松任という場所から、北陸ならではの車両が見られたと思います。来年は在来線でイベントをするのか、新幹線でイベントをするのかは分かりませんが、行っておいて良かったと思います。DD15や国鉄色475系などは、もう二度と見られない可能性があるからです。60Hzの腰帯など、忘れないようにしたいと思います。




 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR