Season In#1

ent14a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、遠州鉄道西鹿島で行われた「トレインフェスタ2014」を取材しました。


 遠鉄に乗って西鹿島へ行くわけですが、乗った電車は1503、今日のイベントを告知するヘッドマークが装備されていました(写真、西鹿島にて)。気分が盛り上がります。


ent14a2.jpg


 大物は事前準備が必要です。遠鉄バスの「プレミアムロイヤルバス」が、会場に用意されています(写真)。


ent14a3.jpg


 駅ホーム北側の線路には、左27、右1007が停まります(写真)。27は塗装が傷み、今後が心配されます。また1007は、今日のイベントのヘッドマークを装備しています。


ent14a4.jpg


 予備の2番ホームには、2001(左奥)2101(右手前)の編成が停まります(写真)。2001は運転士体験、2101は車掌体験の出来る車両です。


ent14a5.jpg


 2番ホーム西側(5番ホームだそうです)には、「洗車体験」と表示された電車2103始め2連が停まります(写真)。通常は金網の柵がありますが、一部開く場所から乗車します。



 乗車して、門形洗車機を通ります。水、ブラシ2回、水の順番です。2往復し、ホームに戻ります。


ent14a6.jpg


 奥の建屋には、61が停まります(写真)。窓枠が支障し、中途半端な写真となっています。


ent14a7.jpg


 その前には、手前85、後25が停まります(写真)。吊掛駆動は、残りあと3編成のようです。


ent14a8.jpg


 手前の建屋では、2105がジャッキに載って、足下が外されています(写真)。遠鉄最新の車両です。


ent14a9.jpg


 同車から台車が軸ハリ式になったのだそうです(写真)。手前側の排障器も注目です。


ent14a10.jpg


 輪軸(写真)。約1トン、やはり重いものです。


ent14a11.jpg


 パンタグラフ(写真)。菱形から、新しい車両はシングルアームに変わりつつあります。



 その、動作実演の動画です。紐で鍵を外しバネの力で上昇、エアの力で下げています。


ent14a12.jpg


 列車動揺測定器が、展示されます(写真)。縦揺れと横揺れ両方を、記録紙に記録します。横には、レールの見本があります。


ent14a13.jpg


 信号等の展示(写真)。古い構内用CTCを使用して、動作を実演していました。


ent14a14.jpg


 引退し解体されたモハ30、クハ80の車番、銘板を一枚にしたプレートです(写真)。真中のスイッチを入れると、上にあるライト(実車から取り外したヘッドライト)が点灯します。


ent14a15.jpg


 出入り口になる、27の相方は89、1007の相方は1507です(写真)。27と89のペアは、今後が微妙です。


ent14a16.jpg


 奥では、人力電車(人車)がありました(写真)。客を乗せ、職員が後押しします。


 そして、西鹿島駅に向かいました。


ent14a17.jpg


 そして、遠鉄に乗車。電車から、61の相方、51を眺めます(写真)。旧式車は、それぞれ微妙に異なるのが分かります。同じ1形式に括られていますが、要注目なんです!


ent14a18.jpg


 そして、行ったのは遠州西ヶ崎。同駅の側線には、旧式電機ED282が、待機しています(写真)。昼間は12分間隔と、単線での列車頻度の限界で運転する遠鉄線、当然昼間は出番がありませんが、夜間バラスト運搬等工臨に使用されます。今春に検車を終え、塗り直したばかりの姿を撮るという撮影会もあったそうですが、行けなくて残念でした。


ent14a19.jpg


 その手前側には、保線工を輸送する内燃式モーターカーがありました(写真)。


 そして、帰途に就きました。


 今日のイベント参加者は95%親子連れで、鉄ちゃんは殆ど見ませんでした。まあそれが幸いして、撮影はやりやすかったです。考えてみると、鉄ちゃん向けのイベントは、時々あるので、今回はまあまあ、ということだったのか。確かに横浜や箱根登山、琴電に樽見鉄道と、行くべきイベントは多かった気がします。次回は、何処に行きましょうか。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR