Subways#2

meko14a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名古屋市交通局「名城線環状化10周年記念イベント」を取材しました。


 昨日志村なら、今日は当然東上線森林公園で、本当は行きたかったのですが、こちらは記念イベント、多分次回は無いため、苦渋の決断でした。昨日は早々に立ち去り、帰宅すぐに投稿も日を跨ぎ、今日を不安に感じました。


 やはり予感は当たり、朝目覚まし時計を止めた後記憶がなく、起床すると既に開場1時間前。慌てて朝食を摂り、慌てて地下鉄に乗ります。


 エントランスのある築地口で、親子連れをあまり見なかったので、まあまあかなあと思いきや、信号から大行列。入場に約30分かかり、最初の整理券は全部配り終わっていました。


meko14a2.jpg


 途中の、陸橋からの眺め(写真)。陸橋は地下鉄引き込み線のものではなく、貨物線の「東臨港線」のもので、現在はJRのレールセンターへ週3往復走るだけの路線です。かつてはチキを牽くDE10でしたが、現在牽かれるのはキヤ97だそうです。これは、良いポイントを見つけました。なお、真ん中のカーブを描くスロープは、名港線に繋がる渡り線です。


meko14a3.jpg


 そして中へ。まず見たいのは、車両。手前の建屋「大型保守用機械庫」へ。写真は軌道検測車です(写真)。310号車と名前がついており、オーストリア製です。


meko14a4.jpg


 続いては、建築限界車(写真)。昨日の都営三田線と同様のものです。


meko14a5.jpg


 続いて、高所作業車(写真)。この2両は動力が無く、モーターカーに牽引されるものと思われます。


meko14a6.jpg


 続いては、道床水洗車です(写真)。水を撒く車両です。


meko14a7.jpg


 軌陸車のタイタンパです(写真)。地下鉄名城線・名港線はスラブ道床も多く、使われる区間も限定されます、


meko14a8.jpg


 モーターカー、34号車です(写真)。エンジンをかけ、整理券を持った親子連れを乗せ、走ります。「マツヤマ」製です。



 その発車の動画です。


meko14a9.jpg


 34号が戻ると、交代で49号が出発します(写真)。北陸製作所製です。



 これも動画があります。この2本の撮影だけで、30分かかりました。


meko14a10.jpg


 その北東側の検車工場には、2112はじめ6連が入ります(写真)。現在名城線は2000系のみ、計36編成216両です。VVVF車で、冷房車、当分置き換えの対象にはなりません。


meko14a11.jpg


 その反対側には、名城線開業から環状化・全線開通までのパネル展がありました。その中に、砂田橋開業、名古屋大学開業の各記念編成のものと合わせ、環状化完成の記念編成のヘッドマークが展示されていました(写真)。


meko14a12.jpg


 通路を通り、修車工場へ。途中のポイントでは、ポイント操作体験を行っていました(写真)。通常はCTCで操作するポイントが、非常時には手動で操作できる、ということです。これも要整理券でした。


meko14a13.jpg


 修車工場入口には、2128はじめ4連が停まります(写真)。前面貫通路に、記念シールが貼られています(表題の写真)。


meko14a14.jpg


 2125が、アントに連結され、置かれます(写真)。車両は集塵装置に設置されているそうで、掃除をするものと思われます。


meko14a15.jpg


 2121はじめ6連は、運転士および車掌体験用に使用されます(写真)。


meko14a16.jpg


 2105はじめ6連は、床下見学及び制服記念撮影に使用されます(写真)。


meko14a17.jpg


 2625は、電車と綱引きに使用されます(写真)。元の位置に戻すのも職員の人力で、何人かで手で押していました。牽引用に適切な重機が無いようです。


meko14a18.jpg


 一見普通のバスですが、これは名古屋市最後の3ドアバス、記号S-507号です(写真)。停車時間短縮に大きく貢献した3ドアバスでしたが、ディーゼル排ガス規制でほとんどが引退、唯一天然ガス車であった同車のみ残った、とのことです。名古屋の3ドア車は、後方降車扉が折戸なのが特徴です。


meko14a19.jpg


 そして車両工場一番の見せ場、リフティングです。実演時間が10時半、12時半、13時半で、入場が落ち着く11時半には、ありませんでした。仕方がないので、みたらし団子と富士宮やきそばを食べ、12時半まで待ちました。


 12時過ぎから少しずつ準備が始まり、一部通行止めにして準備完了。吊り上げ、台車入れ一歩手前まで行き、再びジャッキまで戻します(写真)。



 リフティングの動画は3本立て。先ずは、吊り金具を所定の位置から外します。



 続いて、吊り金具2個を車両の上に合わせます。



 そして、爪に載せ、吊り上げます。


 これを撮り終え、帰途につきました。


 隘路が繋ぐ同工場で、初のイベントとなりました。車両的には1系列で面白味は無く、車両撮影会などはありませんでしたが、よいイベントであったと思います。今後は、都営みたいに輪番で、赤池や藤が丘でも定期的にイベントをして欲しいところです。今後を期待します。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR