遺漏あり#3

hoki14a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北陸地方を中心に取材しました。


 金曜の晩に自宅発。昨日は午前中雨が酷く、断念も検討しましたが、デジカメのレンズを雨天用に交換し、開始します。


 見当が全くつかなかったので、取り敢えず公園を入力ましたが、その場所にはありません、地元の方に聞くと、目的物があるのは一集落山奥とのこと。


 そして、その畑の中に発見した、福井鉄道モハ122です(写真)。まだダルマではありませんが、建造物への道を歩み出しています。


 福井県はこれでクリアです。


hoki14a2.jpg


 続いては、津幡町の「石川県森林公園」へ。管理事務所にも近い場所に、森林鉄道保存場所があります(写真)。「SKW」、すなわち酒井製作所DLが先頭です。


hoki14a3.jpg


 続いては、客車です(写真)。運材台車に木造のボディを載せたものです。レンズは雨天用、完全逆光のためフレアが入っています。


hoki14a4.jpg


 2両の運材車の後には、緩急車があります(写真)。ドアが壊されています。


hoki14a5.jpg


 機関車のキャブにも入れます(写真)が、かなり壊されています。


 これで石川県もクリアです。


hoki14a6.jpg


 続いて、富山県へ。ワフ29081が、神社前の公園に保存されます(写真)。連結器は既に錆び付いて、悪戯できません。


hoki14a7.jpg


 次の目的地までの間に、寄り道したわけでも無いのに、出くわしました、黒部峡谷鉄道車両(写真)。客車は番号が「29」で、資料ではハフ29、凸型電機はED17とのことです。


hoki14a8.jpg


 次へ行く途中に、また出くわしました、BB5、ハ36、ハ37です(写真)。BB5は、関電のバッテリーロコ、上部軌道用と思われます。


hoki14a9.jpg


 保存車両のあったであろうキャンプ場をうろつくと、関係者がやって来ます。正直に、車両を撮りたいと話すと、もうここには無い、新幹線駅前に移転した、とのことでした。


 現在駅前整備中の北陸新幹線「黒部宇奈月温泉」駅横に、富山地方鉄道の乗り継ぎ新駅が出来ます。その、工事中の駅前広場の中に、ブルーシートに包まれた、写真のような物体があります(写真)。形から凸型電機であり、そのキャンプ場から移設され整備された、黒部峡谷鉄道ED8と思われ、後はハフ26及び27と思われます。駅開業時にお披露目とのことです。


toui14a1.jpg


 そしてそのまま帰宅という方法も思いついたのですが、寄り道したかったので、昨日は車中泊。


 今朝一番に、長野県大桑村の関電発電所に保存されるという車両を見に行きましたが、現在は跡地のみ残ります(写真)。残念でした。


toui14a2.jpg


 南木曽町も近かったので、寄りました、D51 351です(写真)。この夏の土砂災害の被害にも、遭わなかったようです。


toui14a3.jpg


 今回最後は、中津川市の山中にある、橋梁上の列車です(写真)。カトーくんと思われるDL、運材車、及び緩急車が並びます。しかしいずれも他の路線からやって来た車両とのことです。


 そして少し早いですが、帰宅しました。


 駐車場トラブルは、正規の手続きを踏んでいるため、ドアのプラスチック部品交換をし、現在鈑金塗装が必要か検討中だそうです。現在保険会社同士で交渉中とのことですが、鈑金なら確実に2週間はかかり、大事件です。


 そのため今回は代車で取材したのですが、ノーマルタイヤで、夜間の北陸移動中は気が気でなりませんでした。多分、来週は、駄目ですよ!


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR