寒い日に

gak14a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、岳南鉄道「岳鉄フェスタin江尾」を取材しました。


gak14a2.jpg


 例によって昨晩発。夜を明かし、朝、富士市へ。先ず吉原で一日乗車券を買い、カーナビの駐車場マークとにらめっこ。そして、会場の岳南江尾へ(写真)。少し時間は早いですが、準備が進んでいました。


gak14a3.jpg


 今日の目玉、各種部品に値札が貼られています(写真)。転轍機標識が2万円、お金があれば少し考えました。


gak14a4.jpg


 本線横では、ミニ電車の準備が進みます(写真)。7002、他DD13やED501などがありました。


gak14a5.jpg


 北側のホームには8001始め2連がイベント用に停まり、その反対ホームに7002が到着(写真)。新「アカガエル」です。


gak14a6.jpg


 終端側では、ED402が記念撮影用に停まります(写真)。昭和40年日車製、貨物列車の主力でした。しかし貨物営業が廃止になり、定期仕業を失いました。


gak14a7.jpg


 8001始め2連の中では、展示が行われています。一番下り方では、7000系、8000系、ED402のペーパークラフトが展示されます(写真)。市販の足回りを合わせれば、走行も可能です。


gak14a8.jpg


 続いては、床に置かれたプラレールです(写真)。単線でも、機械式自動閉塞が行われています。


gak14a9.jpg


 続いては、テーブルの上に置かれたNゲージです。岳南7000系、8000系、種車の京王井の頭線もあります(写真)。


gak14a10.jpg


 その続き、転車台のある機関庫です(写真)。SLを中心に、DD54もあり、山陰の機関区の雰囲気です。


gak14a11.jpg


 続いては、薩唾峠のジオラマです(写真)。昭和30年代までは、富士山を背景にする東海道本線の絶景撮影地でしたが、東名高速道路開通で消滅しました。


 そして会場を後にしました。


gak14a12.jpg


 続いて行ったのは、岳南富士岡。同駅には近接して車両工場があります(写真)。7003が入っています。


gak14a13.jpg


 側線には、休車中の車両があります。


 一番下り方は、ED29 1です(写真)。私鉄編入機関車で、その払い下げのようです。


gak14a14.jpg


 続いては、ED403です(写真)。昭和41年日車製、最新の機関車ですが、貨物廃止で定期仕業が無く、この位置にあります。


gak14a15.jpg


 続いては、ED501です(写真)。昭和2年川崎造船所製、現役最古の機関車として有名でしたが、これも仕業が無く、この位置にあります。


gak14a16.jpg


 ED403と、ED501の間には、ワム80000形、ワム380128と同380411があります。かつては全国各地で見られた同形ですが、数年前に全車引退しました。


gak14a17.jpg


 続いては、比奈へ、かつてはダルマになった旧車の車体が残る場所でしたが、現在はワム80000形のダルマが、倉庫代用で一つあるだけです(写真)。「時の移り変わり」でしょうか。


 そして帰途に就きました。


 大きな収入源であった貨物輸送が断たれ、経営が難しくなった岳南電車。現役電機全機維持も難しいでしょう、そんな中でのイベントで、ささやかながら、良かったと思います。是非、次回もと思っています。できれば夜も参加し、お酒が飲めるような態勢で。


 明日は、今年のイベントシーズンを締めくくるあの大イベントがあるのですが、残念ながら私は日曜出勤で、行けません。残念です。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR