日輪#3

kyu14c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、九州遠征最終日です。


 先回は島原市で終わっていますが、今回はその続き、国鉄佐賀線(廃止)筑後川橋梁からです(写真)。夜景です。


 翌日撮り直すことも考えましたが、午前9時半まで無駄になるため、結果断念しました。


kyu14c2.jpg


 そして昨日最初は、筑前山家から。駅前に西鉄507が置かれます(写真)。他の車両が置かれていると書かれていましたが、違いました。


kyu14c3.jpg


 続いて、福岡市の幼稚園へ。22-77が保存されます(写真)。冬休みで閉鎖され、これが限界でした。


kyu14c4.jpg


 続いて、福岡市の公園に保存される、2両の保存車です。1両は、49627です(写真)。大正9年川船(川崎造船所)です。


kyu14c5.jpg


 もう1両は、ナハネフ22 1007です(写真)。「急行」表示、末期の「かいもん」「日南」に使用された頃の姿です。急行用に一般車と併結可能となっている関係で、+1000されています。


kyu14c6.jpg


 続いて、西戸崎近くに保存される、筑豊電鉄1024(こちら側が1024A)です(写真)。


kyu14c7.jpg


 続いては、遠賀町の公園に保存される、78626です(写真)。


kyu14c8.jpg


 続いては、芦屋町の公園に保存される、D60 61です(写真)。一時は荒れていましたが、再整備されました。


kyu14c9.jpg


 続いては、若松駅前の19633です(写真)。ヘッドライトが、ちょっとです。


kyu14c10.jpg


 その後、洞海湾方向には、「若松駅操車場跡」という碑があります(写真)。鉄鋼産業華やかなりし頃の記憶です。何といっても、筑豊炭田の石炭が豊富なわけですし。


kyu14c11.jpg


 その前、若松駅反対側には、石炭車セム1形セム1000が保存されます(写真)。


kyu14c12.jpg


 北九州市の公園には、D51 244が保存されます(写真)。


kyu14c13.jpg


 キャブにも入れます(写真)。これも一部壊れ、ペイントロックしています。


kyu14c14.jpg


 「スペースワールド」近くには、新日鉄住金の工場があります。中には、370が保存されます(写真)。


 近くの「高炉記念公園」にも、新日鉄関連の車両があるとのことですが、残念ながら正月休みで、撮影できませんでした。


kyu14c15.jpg


 そして最後は、「和布刈公園」の、EF30 1他です(写真)。関門トンネル用の交直流機、その試作車です。海水対策でステンレスボディですが、量産機のようなコルゲートはありません。


 そして関門橋を渡り本州入り、先ほど帰宅し、一風呂浴び、投稿しています。


 九州島内の移動は知れていますが、やはり行くだけで一苦労です。やはり長駆700キロ、新幹線に乗りたくなります。疲労しても事故りませんし、飲酒しても捕まりません。次回は、考えます。


 D800はデビュー3年、私も使用3シーズン目に入りましたが、レンズを替えただけで、最近の画像には正直目が覚めます。それは、今回のツアーは大三元の一角、24~70ミリを使用したからです。金の日輪、すなわちナノクリの実力を実感した気がします。やはり、高いのには理由がある!


 これで、今年は最後の投稿です。大晦日ですから、当然ですが。本年も、お付き合いありがとうございました。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR